BCH(ビットコインキャッシュ)とは特徴・将来性・最新情報を徹底解説!

仮想通貨ビギナー
BCH(ビットコインキャッシュ)について知りたい!特徴・今後の価格は?ビットコインとどう違うの?だれか教えてくださいー!

ということで、今回はBCH(ビットコインキャッシュ)について解説いたします。

ビットコインから分裂後に最大で20万円以上まで高騰したBCHですが、今後の価格はどうなっていくのでしょうか?

あなたが気になる将来の価格まで徹底解説いたします!

BCH(ビットコインキャッシュ)とは?

ビットコインキャッシュは2017年の8月1日にビットコインから分裂して誕生した通貨です。

ビットコインのアップデートに関してケンカ勃発。

対立が続いたので、「じゃあ、もういい別のコインを作っちゃおう」ということでBCHが誕生しました!

ビットコインとの違い

ビットコインとの違いは

BCH➡取引情報を記載するブロックの大きさを従来よりも大きくしよう(1MB→8MB)

BTC➡取引情報をコンパクト(圧縮)にしてブロックの大きさは従来通りのままにしよう(Segwit実装)

です。

図にすると、

BCHは最大容量を大きく

BTCはsegwitを実装しデータを小さくできるように

ということです。

BCH(ビットコインキャッシュ)概要

 

 

BCH(ビットコインキャッシュ)の特徴

  • ブロックサイズ
  • マイニングの難易度調整アルゴリズム
  • 手数料が安い
  • Segwitを実装していない

です。

それぞれ解説していきます!

ブロックサイズが大きい

先ほども解説しましたが、ビットコインキャッシュはブロックサイズの上限を8MBまでに拡大しています。

そのため、10分間に32000件(BTCの4倍)もの処理ができます。

マイニングの難易度調整アルゴリズム

  • ビットコインは、NDAというシステムを採用していて、2週間に1回の頻度で難易度が調整
  • ビットコインキャッシュは、DAAというシステムで、10分に1回の頻度で難易度が調整

ビットコインキャッシュは約10分に一回、マイニングアルゴリズムの調整が行われます。

これにより急なマイニングの難易度変化が起きても対応することができます。

ビットコインキャッシュは手数料が安い

ビットコインには送金手数料が高いという問題がありますよね。

仮想通貨のメリットの一つである、送金手数料が安いという価値が失われつつありました。

一方、ビットコインキャッシュは1BCHの値段が高騰しても、手数料は高騰しない仕組みになっています。

理由は、8MBの容量を超えた時にでも、1ブロックサイズの容量が拡大することができ、早く送金するための競争が起こらないからです。

Segwitを実装していない

ビットコインはSegwitを実装し処理速度を高めました。

Segwitを実装するとライトニングネットワークの構築ができるようになります。

ライトニングネットワークとは、マイクロペイメント(1円以下の小額グネットワーク送金・少額決済)を可能にするシステムのこと

しかし、ライトニングネットワークを実装するとシステムが複雑になり、不具合やメンテナンスコストの増大が懸念されています。

最新情報

ビットコインキャッシュ(BCH)ハードフォークに向けた最善の投資戦略

ビットコインキャッシュ(BCH)ハードフォークに向けた最善の投資戦略【最新情報追記】

ビットコインキャッシュ(BCH)が20%暴騰!その理由は?【2018年9月27日】

ビットコインキャッシュ(BCH)が20%暴騰!その理由は?【2018年9月27日】

【匿名通貨ピンチ?】BCHを匿名化するCash Shuffleとは

【匿名通貨ピンチ?】BCHを匿名化するCash Shuffleとは

最新情報については随時追加していきますのでよろしくお願いいたします!

おすすめの取引所

BCH(ビットコインキャッシュ)を購入するなら、海外取引所のバイナンスがおすすめです。

バイナンスは手数料が安く、140種類以上の仮想通貨を取り扱っています。

国内の取引所ですと、

  • ビットフライヤー
  • ザイフ
  • ビットバンク
  • GMOコイン
  • ビットポイント
  • QUOINEX

で購入することができます。

BCH(ビットコインキャッシュ)の将来性

SBIホールディングスの北尾社長がビットコインキャッシュのマイニングに参加すると表明しています。

また、世界最大のマイニング企業Bitmain社のCEOジハン・ウー氏やBitcoin.comを立ち上げたロジャー・ヴァー氏などの熱烈な支持者に支えられています。

もし、BTCより価値が優れていると認められる日が来たらビットコインを超える価格になることは間違いないです。

BCH基軸の取引所も誕生しているので、今後の動向に注目です!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、BCH(ビットコインキャッシュ)について解説しました。

この記事が参考になれば幸いです。


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す