チャールズホスキントンが開発したカルダノ財団の「ADA」が実はすごい!

こんにちは、阿部です。

2018年も2月になり、暗号通貨市場も大きな変化が見られます。

その1つとして、ここ数ヶ月で勢いが強くなっている

CardanoADA(カルダノエイダ)があげられるでしょう。

規模をあらわす時価総額は2018年2月現在、

すべてのコインを合わせて第6位。

銀と呼ばれるライトコインにも迫る勢いです。

しかも公開されたのは、2017年10月とごく最近のこと。

今回は、新しい勢力として目を離せないCardanoADAについて、

どんなコインなのか、将来性はどうなのか、

そしてどこで買えるのかなどをご紹介していきます。

CardanoADAの基本データ

 

下記はCardanoADAの基本的な特徴やデータです。

  • CardanoADA(単にADAとも)
  • 表記:ADA
  • 公開:2017年10月
  • 発行上限枚数:450億枚
  • 時価総額第6位

読み方がわかりにくいコイン名称となっていますが、

カルダノエイダと呼びます。

もしくは、ADA(エイダ)コインともいわれていますね。

さて、このコインのポテンシャルの高さを示すのはその規模の大きさ(時価総額)です。

2018年2月現在、各コインの時価総額は

【第1位】ビットコイン

【第2位】イーサリアム

【第3位】リップル

【第4位】ビットコインキャッシュ

【第5位】ライトコイン

【第6位】カルダノエイダ

となっており、第6位にCardanoADAが食い込んでいます。

1~5位の通貨はどれも聞いたことがある名前ですよね。

そのなかにCardanoADAが入っていることを見ると、どれだけこのコインが急速に成長したかがわかります。

CardanoADAは一時、プロモーションのせいで「詐欺なのではないか?」といわれることもありましたが、まったくそのようなことはなく、現在では上位6つに数えられる主力暗号通貨なのです。

CardanoADAの将来性は?

CardanoADAを投資目的で保有している方も多いのではないでしょうか?同コインの将来性についても考えてみましょう。

チェックポイントとして、下記の2点があげられます。

  • オンラインカジノによる実需
  • スマートコントラクト

あなたはオンラインカジノをご存じでしょうか?

国内では法的に認められないギャンブルですが、海外では絶大な人気を誇っています。

そして、CardanoADAはオンラインカジノ「CARDANO」(カルダノ)の採用コインとしても知られています。

つまり、暗号通貨CardanoADAにはカジノという大きな需要がすでにあるということなのです。

またそれだけではなく、スマートコントラクト(イーサリアムの特徴として有名な、契約/プログラムの実行機能)も実装されており、幅広い分野での活用が期待されています。

ですから、値上がりに必要なポテンシャルは十分です。特に、オンラインカジノという活躍の場をすでに持っているCardanoADAは、実需の観点から一歩先をゆく存在といえます。

こういった暗号通貨をコツコツ拾っていくことが最終的に資産を増やすコツですね。

上図は、CardanoADAの価格チャートです。上述のとおり、

暗号通貨全体の下降トレンドに引っ張られているため、割安になっており買いやすい局面ではないかと思います。

実需に支えられている、数少ない暗号通貨

暗号通貨はこれまで投資目的で買われ上昇してきましたが、これからは現実世界に応用される段階です。

しかし、すべての暗号通貨が用いられるとは限りません。

そこで投資家としては、すでに「実需」があるコインを拾っていくことが大切です。

この観点からいえば、CardanoADAは有力ですね。

さてCardanoADAはどこで買うことができるのでしょうか?

残念ながら国内で取り扱っている場所はなく、海外の取引所である「Binance」(バイナンス)を利用することになります。

バイナンスの公式サイトはこちら

ここまで、疑問点の多いCardanoADAについてご紹介しました。

少しでもお役に立てば幸いです!

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す