仮想通貨FunFair(ファンフェア/FUN)とは?特徴・将来性について解説!

 

仮想通貨ビギナー
仮想通貨FunFair(ファンフェア/FUN)ってどんな通貨なの?将来性・特徴は?どこで買えるの?誰か教えてくださいー!

ということで今回は、仮想通貨FunFair(ファンフェア/FUN)について解説していきます。

それではさっそく見ていきましょう!

仮想通貨FunFair(ファンフェア/FUN)とは?

FunFairの売りは何と言ってもカジノです。

ユーザーはオンラインカジノのチップとしてFUNを購入し、ゲームを遊ぶことができます。 

ゲーム開発者はFUNで支払いを受け取りまた、乱数調整のサービス料(簡単に言うと運営費)もFUNで支払われ、その後焼却されていきます。

イーサリアムのスマートコントラクトを採用しており、公正で迅速なプレイが可能です。 

また、オンラインカジノの運営で負担になるセットアップや様々なコストをブロックチェーンで大幅に削減できるため誰でもオンラインカジノが運営できるようになるのです。

もちろん、参入障壁が下がる分、不正防止も徹底しています。透明性とプレイヤーの保護を提供できようセキュリティ面も強化を図っているようです。 

ゲーム開発者にとってはコストが減り、開発や運用がしやすくなる。

ユーザーにとってはブロックチェーンにより、ゲームの公平性が保たれるので安心してゲームを楽しむことができるというメリットがあります。 

多くの仮想通貨は高速な取引システムや手数料の安さなど機能面のアピールが目立ちます。 

一方で、用途を明確にして実用化をメインに考えているプロジェクトはコンセプトがわかりやすいですしその分野に興味があるユーザーにとっては応援しやすく、参入障壁も比較的下がる傾向にあります。

「ゲームやギャンブルが好きだから。」という理由で投資してくれる人も出てきますしね。 

世界的に見ると、カジノ産業は非常に巨大です。

その市場規模は20兆円近くあり、プレイヤーの多くが比較的裕福であることから大きなお金が動きやすい市場になっています。

日本でも、こうした市場を取り入れ、観光政策に役立てようと「IR推進法」(カジノ法)が成立しました。 

この動きによって、日本でもカジノが身近になりそれに伴ってFunFairへの注目も集まってくると予想できます。  

仮想通貨FunFair(ファンフェア/FUN)の特徴・将来性

「個人でカジノ経営!?」と驚くかもしれませんがブロックチェーン技術の発展によって個人で銀行を持てる可能性が現実味を増してきた今、違和感はありません。

ブロックチェーンは、お金や契約等のやり取りにおいて仲介人を不要にしたシステムです。

また、膨大なデータもブロックチェーン上に記録されていくため管理する手間もありません。 

そのため、現在の銀行業務は技術的にはすべてブロックチェーンでできるようになっています。 

また、クラウドファンディングやVALUなどのサービスも登場したことで、個人でも多額のお金を集めて運用できる仕組みがすでに出来上がっている状態なのです。 

この意味で、現在の銀行機能は個人でもできるようになっているわけです。

ですから、 個人でカジノを運営するのもそう遠くありません。

FunFair開発陣が「Game Changer(ゲームを変える存在)」と銘打っているようにFunがカジノ業界の常識を覆していくかもしれません。

日本でもカジノ法案がすでに可決されていますから、この流れは伝わっていくことでしょう。  

カジノをメインターゲットにした仮想通貨は他にも存在していて日本で知られているものだとADAやAugerなどがあります。 

Funもこれらのライバルと刺激しあいながら、価値を上げていくはずです。

ちなみに、FunFairは公式サイト内でオンラインカジノを体験することができます。 

FunFairを持っていなくても遊べるので、興味のある方は遊んでみてくださいね。

仮想通貨FunFair(ファンフェア/FUN)の基本事項

発行日 2017年6月15日
通貨単位 FUN
発行枚数 10,999,873,621
公式サイト https://funfair.io/

仮想通貨FunFair(ファンフェア/FUN)の現在の価格/時価総額

 

仮想通貨FunFair(ファンフェア/FUN)が購入できる取引所

仮想通貨FunFair(ファンフェア/FUN)を購入するならバイナンスがおすすめです!

海外取引所でコインを購入する方法は、海外取引所でアルトコイン(仮想通貨)を購入する方法をカンタン解説!を参考にしてみてください!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す