仮想通貨IOTA(アイオータ)とは特徴・将来性・最新情報を徹底解説!

仮想通貨ビギナー
仮想通貨IOTA(アイオタ)ってどんな通貨なんだろう?特徴・将来性は?今後の価格推移も気になる。。。誰か教えてくださいー!

ということで今回は、仮想通貨IOTA(アイオータ)について解説いたします。

今後の価格はどうなっていくのでしょうか?詳しく解説していきます!

IOTA(アイオータ)とは?

2015年11月に誕生したドイツ発祥のコインです。

Iot技術をブロックチェーンでさらに便利に安全にしようというプロジェクトです。

lIoTとは、モノ、センサー、インターネットの3つが組み合わったもの。例スマート家電様々なものがインターネットにつながり、世の中を便利する仕組みを

IOTA(アイオータ)の概要

 

 

IOTA(アイオータ)の特徴

  • IoTデバイスで取得したデータを安全に送信
  • 送金手数料が無料 (Tangle)

IoTデバイスで取得したデータを安全に送信

IOTAは、取得したデータを安全に送信することができます。

lotはものとインターネットを繋げます。

インターネット上には様々な危険が存在するので、ハッキングやウイルス感染などにあってし待っては大変です。

そのため、IOTAの技術が必要となります。

送金手数料が無料 (Tangle)

IOTAは独自の技術Tangleを使用しています。

これは、DAGという仕組みを改良したもので、DAGでの取引は自分で自分のトランザクションの承認できます。

そのため、マイナーの力を必要としません。

ですから、マイナーへの報酬を支払う必要がないので手数料が安くなります。

IOTA(アイオータ)価格推移

 

 

IOTA(アイオータ)の最新情報

大企業による仮想通貨採用は、コインの大きな値上がり要因となります。

時価総額10位「IOTA」の公式ツイッターは、「富士通がIOTAを標準プロトコルとして採用する準備が整った」と発表

8月24日の発表からIOTAは時価総額10位に食い込むなど高騰を見せています!

 

IOTA(アイオータ)の将来性

・今後更に需要があるIoT事業との相性がいい
・手数料無料なので手数料問題が起きない
・取引量が増えても送金詰まりが起きにくい
・データ送信の安全性がある

lot事業は、まだまだ伸びしろのある市場です。

市場との相乗効果で需要が上がっていくと考えられます。

富士通などの大手企業と提携しており、ここからさらに提携先が増えていくことが期待されます!

IOTA(アイオータ)を買うのにオススメの取引所

IOTA(アイオタ)を購入するのであれば、海外取引所のBINANCE(バイナンス)がおすすめです。

BINANCE(バイナンス) の特徴
・手数料が安い
・取引量が多い
・アルトコインが豊富

仮想通貨を購入する上で圧倒的にお得な取引所なので、持っていない人は今すぐ開設しましょう!

【2018最新】Binance(バイナンス)の登録方法・入金・買い方を徹底解説!!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す