仮想通貨Lamden(ラムデン/TAU)とは?特徴・将来性・買い方について解説!

仮想通貨ビギナー
仮想通貨Lamden(ラムデン/TAU)てどんな通貨なの?将来性・特徴は?どこで買えるの?誰か教えてくださいー!

ということで今回は、仮想通貨Lamden(TAU)の特徴・将来性・購入方法について解説していきます。

それではさっそく見ていきましょう!

仮想通貨Lamden(ラムデン/TAU)とは? 

Lamdenを一言で言うと、「開発プラットフォーム」です。

ブロックチェーンを開発する企業や団体向けにアプリケーション等を効率よく、高速で構築できるシステムを提供します。 

通常、企業などがブロックチェーンを導入しようとすると専門的で高度な知識と技術が必要です。その分人件費や時間も多く消費してしまいます。

そんな問題を解決するためLamdenは開発をスムーズに進められるツールを提供しているのです。

仮想通貨Lamden(ラムデン/TAU)の基本事項

発行日 2018.1
通貨単位 TAU
発行枚数 288,090,567
公式サイト https://lamden.io/

仮想通貨Lamden(ラムデン/TAU)の現在の価格/時価総額

 

仮想通貨Lamden(ラムデン/TAU)の特徴・将来性

大きな特徴は、トランザクションの速さ

ビットコインが秒間10件程度であるのに対し、Lamdenは秒間10,000件というトップクラスの速さを誇っています。

しかも「FREE TRANSACTIONS」なのでトランザクション費用は無料です。

新幹線がタダで乗り放題のようなものですか非常に強力な性能を持っています。

また、手間を掛けずに内部ネットワークのプライベートチェーンを展開できる「Saffron」開発コードを共有しテンプレート化できる「Flora」というツールがあるのでわずか15分で新たなブロックチェーンを構築できるというスグレモノです。

多くのエリートが何日もかけて作ってきたものが15分でできると考えるといかに画期的であるかがわかると思います。

さらに、もう1つの特徴として、異なる仮想通貨間で取引・交換できる「Clove」というツールがあります。 

これを用いることで他の通貨でしか支払い対応していない店舗でもTAUで決済できるのです。

たとえば、BTCがなくてもビックカメラで買い物できたりとかですね。 

支払いが便利になり、余計な取引手数料もかからず、時間短縮にもなります。 

開発を促進するツールだけでなく、決済システムとしても有効活用できるようにしているのがLamdenの凄いところです。

ジェクトであるにもかかわらず知名度はいまいち上がっていません。

このチームが唯一残念なのがマーケティングが下手なことです。

「ランボルギーニのアヴェンタドールやウラカンに自社ロゴを貼る」という、ズレまくった宣伝をしてしまったことが完全に足を引っ張っています。

最近は少々改善されましたが「良い商品」というだけでは購入に至らないのが現代の市場です。 

  • 高度で特徴的な技術力
  • 開発スピード
  • マーケティング

この3点が揃わないと仮想通貨競争は勝ち抜けません。

仮想通貨Lamden(ラムデン/TAU)が購入できる取引所

現時点では、仮想通貨Lamden(ラムデン/TAU)を購入できる取引所はありません。

今後購入できるようになるかもしれませんので、

海外取引所でコインを購入する方法は、海外取引所でアルトコイン(仮想通貨)を購入する方法をカンタン解説!を参考にしてみてください!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す