仮想通貨Lisk(リスク)とは特徴・将来性・最新情報を徹底解説!

仮想通貨ビギナー
Lisk(リスク)っていう仮想通貨について知りたい!特徴は?今後どうなるんだろう?誰か教えてくださいー!

ということで、今回はLisk(リスク)についてお話しします。

国内取引所のコインチェックにも上場しているため、日本人ホルダーも多い通貨ですね。

Lisk(リスク)の特徴や将来性・最新情報を見ていきましょう!

Lisk(リスク)とは?

Liskは、仮想通貨本体の名前ではなく、分散型アプリケーションのプラットフォームのことです。

プラットフォーム名がLiskで、通貨名がLSKです。

Lisk(リスク)の概要

 

Lisk(リスク)の価格推移

 

Lisk(リスク)の特徴

  • 分散型アプリケーション
  • サイドチェーン
  • JavaScript

それぞれ簡単に解説していきます!

分散型アプリケーション(Dapps)

ブロックチェーンを活用したアプリケーションのことです。

  • 管理者が不在で誰でも自由にデータの改変をすることができる
  • ネットワーク全体に広がるサーバーとコミュニティにより共同的に管理
  • 現在はETHを基盤に開発されることが多い
  • 手数料(gas)が高いなど

上記のような特徴があります。

要するに、通常のアプリケーションは管理者がいますが、管理者のいないユーザーで管理し合う次世代のアプリケーションということです。

Liskはこの分散型アプリケーションのプラットフォーム(基盤)です!

サイドチェーン

Liskはアプリケーションの基盤にサイドチェーンを使用しています。

サイドチェーンとは、様々な機能を実装しようとする技術・プロジェクトのことです。

複数のブロックチェーンの間でやり取りを行うことで、性能・処理能力の向上を可能にします。

また、メインのDappsにバグが見つかっても、サイドチェーンを使用して修復することができます。

分散型アプリケーションのプラットフォームには、時価総額第2位のイーサリアムがありますよね。

しかし、イーサリアムにはサイドチェーンがないので、バグがあった場合に修復が大変です。

その点Liskはサイドチェーンがあるため、イーサリアムより良いとの声もあります。

JavaScript(ジャバスクリプト)

Javascriptとは、世界で最もメジャーなプログラミング言語のことです。

イーサリアムは、別のプログラミング言語をしているため、Liskの方が使いやすいと好む人も多いです。

webエンジニアにとっては普段使用している言語でないと、開発が難しいため、最も人気のあるJavaScripを採用しているのはLiskの大きな特徴であると言えます。

Lisk(リスク)最新情報

Lisk(リスク)ブロック報酬減に向けた投資戦略(2018年11月1日)

Liskがハードフォーク!?取引制限に注意【2018年8月22日】

Liskのハードフォークで誕生!ユーザー目線の暗号通貨「Ark(ARK)」

2018年のLiskのイベントは?上場、Core1.0、リブランディングなど

仮想通貨取引所bitFlyerにLisk(リスク)が上場決定!

Lisk(リスク)の将来性

Lisk(リスク)は、イーサリアムにはないメリット(サイドチェーン、JavaScriptを使うことができる)をたくさん持っています。

開発も盛んに行われており、ブロック報酬減もあるので今後着実に上昇していくと考えられます。

Lisk(リスク)を買うならこの取引所がおすすめ

海外取引所のBINANCE(バイナンス)で購入しましょう!

国内の取引所は手数料が高いのでオススメしません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、仮想通貨Lisk(リスク)についてご説明しました!

この記事が参考になれば幸いです。


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す