仮想通貨MediBloc(MED)とは?特徴・将来性・買い方について解説!

仮想通貨ビギナー
仮想通貨Docademic(MTC)てどんな通貨なの?将来性・特徴は?どこで買えるの?誰か教えてくださいー!

ということで今回は、仮想通貨Docademic(MTC)の特徴・将来性・購入方法について解説していきます。

それではさっそく見ていきましょう!

仮想通貨MyBitToken(MYB)とは? 

MediBlocが目指しているのは分散型の医療情報エコシステム。

医療分野にブロックチェーン技術を応用しようとしているのです。

重要な個人情報を大量に扱っている医療業界ですが以前から2つの問題がささやかれていました。

1つは、「情報共有が非効率であること」

たとえば、1人の患者が別の病院に移ることになると移った病院でまた同じ検査を受けることになります。

前の病院でわかっていたことをまた調べ直すという無駄があるのです。

これは大きな手間ですし当然その間に医療費がかかります。

医療費の負担が大きくなればそれだけ国民にも負担が回りますから重大な医療費問題にも発展します。

では、、病院間で情報共有ができるかというとそれもまた難しい問題です。

2つ目の問題が「個人情報流出の危険性」

医療データは特にデリケートなものですし、重要な個人情報です。

現在は政府の規制で厳重に管理されています。

また、紙のカルテの場合、情報の改ざんや消去が可能ですから医療ミスなどが隠される可能性もあります。

そのため、情報共有を実現するには、高いセキュリティ性を維持しながら共有できる技術が必要でした。

で、これらの問題を解決するのが「ブロックチェーン技術」だということです。

仮想通貨MediBloc(MED)の基本事項

発行日  
通貨単位 MED
発行枚数 4,097,545,844 
公式サイト https://medibloc.org/en/

仮想通貨MediBloc(MED)の現在の価格/時価総額

 

仮想通貨MediBloc(MED)の特徴・将来性

MediBlocではブロックチェーン技術を医療分野に導入することで既存の問題を解決しようとしています。 

最高レベルのセキュリティを確保して個人情報の流出や改ざんを防止することができます。

また、必要なときに必要な相手にだけデータにアクセスできる仕組みになっているため診断の際に患者にだけ開示することが可能です。

自身のホワイトペーパーによると「医療サービスにおける個人情報の共有が効率よく行われるようになれば様々な検査の50%以上が削減できる。と述べています。

医療費の負担が減らせますし医療従事者の労働環境改善にも大きな効果になると期待されているのです。

さらに、この技術が世界中で導入されるようになれば海外でも国内と同じように安心して医療サービスを受けられるようになります。

海外旅行の際に、「体調を崩したら、どうしよう」といった不安も解消される可能性があるのです。 

これなら、持病の心配で海外旅行を尻込みしていた人も安心ですよね。

医療分野に取り組むプロジェクトは他にもありますし、政府や法律も絡んできますからやさしい道のりではありません。

ただ、医療業界はブロックチェーンと相性がよくニーズも高い業界です。

セキュリティや利便性など基本的なことを押さえて多くの医療現場で活用されていくようになれば利用価値も当然膨れ上がっていくでしょう。 

医療業界を革新する期待のプロジェクトです。

仮想通貨MediBloc(MED)が購入できる取引所

仮想通貨MediBloc(MED)は上記の取引所で購入ができます。

海外取引所でコインを購入する方法は、海外取引所でアルトコイン(仮想通貨)を購入する方法をカンタン解説!を参考にしてみてください!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

Leave a Reply