仮想通貨NAGA(NGC)とは?特徴・将来性について解説!

こんにちは、阿部です。

NAGA(NGC)が昨晩、Q&Aライブセッションを行い上昇しました。

Meetupイベントや今回のようなYoutubeLIVEなどは、開発陣とユーザーが交流できる貴重な機会です。

そういった場を、積極的に提供しているプロジェクトは注目されますし、信頼も得られます。

トップトレーダーのわざをコピーできるサービス!?

さて、NAGAは「暗号通貨の神」ロジャー・バー氏が顧問を務めていることで話題になりました。

ドイツのフィンテック企業であるThe Naga Groupのサービスのために開発されている暗号通貨です。

The Naga Groupは凄まじい成長を遂げており、ドイツの過去15年間で最速の株式公開。

現在の株価は上場価格の400%まで引き上げられている急成長中の企業です。

そんなドイツ国内で注目を集める企業が新たに暗号通貨事業に乗り出すということで、発足当時から盛り上がっていました。

NAGAで特に注目のサービスが株取引のSNS「SwipeStox」です。

700種以上もの銘柄をブロックチェーンのしくみを利用して、高速でトレードできるようにしています。

しかも、速さだけではなく人工知能CYBOと自動コピーシステムを搭載。

CYBOは日本でも流行り始めているロボアドバイザーのことで、投資家に銘柄の情報や投資リスクの分析を提供することができます。

投資初心者でも、ロボが最適化してくれるわけですから心強いですし、確実に資産を増やせますよね。

もう1つの自動コピーシステムは、最も稼いでいるトレーダーの取引をコピーできるシステムです。

トップトレーダーのトレードを完全にコピーできるのです。

攻略法を得られるようなものですから投資が活発になり、より多くのお金が動くようになります。

それにより株価が引き上げられれば、投資家の資産もプラスされ、良いサイクルが生まれるのです。

すでに2億人のユーザーを有する期待のプロジェクト

SwipeStoxだけでも、すでに2億人ものユーザーを抱えていますが、NAGAはこの他にも投資に関する教育事業や、ゲーム会社をターゲットにしたバーチャル商品の取引プラットフォームを提供しています。

ユーザー獲得戦略をしっかり描いているので、今後の成長が楽しみな暗号通貨の1つですね。


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

1 個のコメント

  • コメントを残す