CATEGORY アルトコイン

アルトコイン

暴落時に役立つドルの暗号通貨版『Tether(USDT)』とは?

阿部 悠人 大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中! 仮想通貨トレードツール無料プレゼント!

アルトコイン

コインチェック事件で話題になったNEM(XEM)とは?

阿部 悠人 大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中! 仮想通貨トレードツール無料プレゼント!

アルトコイン

仮想通貨LOYALCOINとは?特徴・将来性について解説!

阿部 悠人 大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中! 仮想通貨トレードツール無料プレゼント!

アルトコイン

仮想通貨CoinDash(CDT)とは?特徴・将来性について解説!

阿部 悠人 大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中! 仮想通貨トレードツール無料プレゼント!

アルトコイン

仮想通貨Waltonchain(WTC)とは?特徴・将来性について解説!

阿部 悠人 大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中! 仮想通貨トレードツール無料プレゼント!

アルトコイン

MUFGコインとは?仮想通貨なの?電子マネーなの?特徴・将来性まとめ

ということで今回は、MUFGコインについて解説いたします。 日本のメガバンクが。仮想通貨市場に参戦してくるとは驚きですね! 詳しくみていきましょう! 三菱UFJフィナンシャルグループが仮想通貨取引所を開設⁉ 三菱UFJフィナンシャルグループは、独自に開発中のコイン「MUFGコイン」を発行するために新たに取引所を開設するようです。 これはコインの価格変動を抑え、安定的に決済や送金を行えるようにすることが目的で取引所を開設することで1MUFGコイン=1円で安定させることが狙いだと言います。 三菱UFJフィナンシャルグループは、MUFGコインの発行及び取引所の開設を2018年度中の目指しており、もし、暗号通貨の発行や取引所の開設が実現すれば日本の銀行としては初めてのことになります。 MUFGコインはスマートフォンアプリで、MUFGコインの利用者間の送金・受金や、加盟店での支払いに使えるようなる予定です。 ブロックチェーン技術を用いることで、24時間365日瞬時に送金・受金でき、手数料も大幅に引き下げられます。 MUFGコインとは? 日本のメガバンクの一つ三菱UFJフィナンシャルグループが2018年に発行予定の仮想通貨です。 MUFGコインは電子マネーではなく仮想通貨? 電子マネーとして発行した場合、銀行を仲介せずに100万円以上の送金が禁じられているため、企業などを遠ざけてしまう恐れがあります。 しかし、仮想通貨としてMUFGコインを発行すれば「お金」とはみなされないため、100万円超の送金が可能になります。 ですが仮想通貨の場合には、価格を固定することはできません。 ですので、三菱UFJフィナンシャル・グループとしては自社で取引所を開設し、管理することで価格の変動を抑える仕組みを開発しています。 MUFGコインの特徴 (引用:https://innovation.mufg.jp/detail/id=213) MUFGコインは電子マネーと違って 個人間の送金 IoTとの連携 加盟店での決済 ができます。 特に、アプリで簡単にお金を送金できるのは便利ですね! MUFGの使用方法 (引用:https://innovation.mufg.jp/detail/id=213) Bitcoin決済と同じように、QRコードを使用します。 (引用:https://innovation.mufg.jp/detail/id=213) 上の画像のようにかざすだけで決済が可能です。 MUFGの将来性 価格は、約1円に固定なので残念ながら上昇はないです。 しかし、これをきっかけに仮想通貨に参入する人がでてくれば市場は盛り上がります。 投資家としては、嬉しいですね^^ 価格を固定しているので、安心して利用できるののは一般の人にとってありがたいですね! MUFGの今後 2018年中に、発行予定とのことでしたが仮想通貨市場の様々な問題もあり難しそうです。 ですが、実証実験なども進んでいるようなので2019年には実用化されるでしょう! 阿部 悠人 大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中! 仮想通貨トレードツール無料プレゼント!

アルトコイン

価格が連動して増減しやすい通貨、第2のビットコイン

こんにちは、阿部悠人です。 今回紹介するコインは「第2のビットコイン」といわれる「ライトコイン」です。ビットコインとほとんど同じ機能を持っていることが特徴で、ライトコインの開発者で元Googleで勤めていたリー氏によると「ビットコインを金とするなら、ライトコインは銀」とのこと。 ライトコインの特徴 1.マイニング(採掘)の簡易化 マイニングとは新規取引のデータを追加・確認・検証して、取引を承認することで、報酬として新規発行コインを受け取ることが出来ます。ビットコインではマイニングには高機能なコンピューターと専用の機材が必要なのに対し、ライトコインでは比較的簡単に一般的なコンピューターでも採掘が可能な方式になっています。 2.決済スピードの短縮 仮想通貨で他国との決済をおこなう、また将来国内で様々な物品の購入、サービスの決済を行う場合に決済スピードの短縮は非常に大切です。マイニングの簡易化により、取引内容を検証する時間が短縮され、取引の決済スピードも短縮されています。ビットコインは10分かかるのに対し、ライトコインは2分半でおこなうことができます。 3.埋蔵量と流通量の拡大 ビットコインの発行総量は2,100万ビットコインと決められており、2140年には新規の発行が終了する予定です。それに対してライトコインは8,400万ライトコインとなっており、市場に出回る量も多く決済スピードの短縮により活発な取引が期待できます。 これらの特徴からビットコインを金、ライトコインを銀に例えて比較されることがあります。ただし、ビットコインと比較すると急激な価格の高騰はあまり期待できないかも知れません。 ただ、実際に取引するときには時間がかからず、普及すればビットコインよりも使いやすくなると言われています。この説明を見てもわかる通り、ライトコインは、使い勝手をよくすることでビットコインの代わりに利用されることを目指した暗号通貨といえます。 まとめ ビットコインとライトコインの同時期のチャートを見比べるとよくわかるのですが、同時期に上がっていることが多いです。ですから、ビットコインが上がってきていて、ライトコインがまだ上がっていなければ、そのタイミングでライトコインに入れることで、利益を得られる可能性が高くなります。この法則も頭に入れておいて実践してみてください! 阿部 悠人 大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中! 仮想通貨トレードツール無料プレゼント!

アルトコイン

【テクニカル分析】ビットコインゴールド誕生で相場はどうなる?

こんにちは、阿部です。 BTGついに誕生しましたね。 日経電子版でも話題になっていました。 日経新聞電子版の記事より インターネット上の仮想通貨ビットコインが24日午前10時30分ごろ分裂し、新通貨「ビットコインゴールド(BTG)」が誕生した。 僕の方はというと、ビットコイン分裂前倒しの記事を書いていましたが、間に合いませんでした。 ・・・ ビットコインの分岐は当初25日の予定でしたが、 予想よりも早くブロック生成が進んだようです。 GOMコインからはこんなメールが送られてきました。(10/23 18:26) (原文ママ) いつもGMOコインをご利用いただき、誠にありがとうございます。 10月21日にお客様へご案内させていただいたビットコイン分岐が、当初予想されていた10月25日から繰り上がり、10月24日に発生する可能性が高まっております。 これを受け、当社で予定しているビットコイン受入及び引出受付停止の日程につきましても、当初ご案内していた2017年10月25日 20:00頃よりも早まる可能性がございます。 日程の詳細につきましては、明日10月24日以降も引き続きご案内をさせていただきます。 BTGの2重取りを計画していた人にとっては変更を余儀なくされてしまいましたね・・・   なにはともあれ、新たな通貨BTGが誕生して相場は今後どう動いていくのか? さっそくチャート分析をしていきましょう。   【ビットコイン 4時間足】   移動平均線上まで下がってきました。 基本的に今回の分裂は買いで取りに行く方針でしたが、今のところそんなに混乱もないようです。 ビットコインが近い将来65万円以上になれば元は取れる計算になります。   【ビットコイン10分足】   10分足で見れば今日の動きがよりよく分かると思います。 10:30の分裂の直前に値を下げています。 10:30時点で64万円を少し下回った値段になりました。 今日は一日前倒しの分裂だったので、予想を裏切られて権利を取れなかった投資家も多かったかもしれません。 一応事前の取引中断の可能性を伝えてくれたのでよかったわけですが、記事にするには不確定過ぎたので間に合いませんでした。 申し訳ありません。   【ビットコイン  日足】   60万割れから急反発した時にはこのまま行くかと思われましたが、70万円直前で頭を抑えられました。 前回のパターンだと分裂の日当日は下げる可能性が高いです。 問題はいつどのタイミングで反発してくるかでしょう。 69万円位の高値を直前につけているので65万円割れで買った場合は、ビットコイン自体も69万円近くなったところで売り抜ければ利益が出るかもしれません。 予想外の前倒しにも関わらず今のところ動きは安定しているようです。   【ビットコイン週足】 これを見ると目先は少し調整する感じがないでもありません。 これは買いたい弱気ですが、もう一度移動平均線近くまで調整してくるようなことがあればゴールドとは関係なく拾ってみたいですね。   結論を言えば、今回の分裂後ビットコインがどのような動きになっても、安値で買っている場合は次の高値までホールドしておいたほうがいいと思います。 ビットコインゴールドの値段ですが、ビットコイン本体の約一割と予想。 上場後の値段は4~6万円程度になるのではないでしょうか。 もちろん暗号通貨の適正価格などあってないようなものですから、その時の話題性にかなり影響されると思います。   【ビットコインゴールドをどうするか】 11/1に正式上場となりその日に権利が発生しますが、基本的にゴールドの方は短期売です。 もしBCCのように10万円以上の価格が付けば利益確定を考えていいでしょう。 以上はビットコインゴールドにセキュリティの抜け道等がなく、正式に配布が決まった場合ですが、もし配布中止などが決まった時は当然権利を失うことになります。 しかし、獲得のためにコストを支払っているわけではないので、全くの損失というわけではないでしょう。 問題はビットコイン本体の値段が乱高下する可能性ですが、上に行くのか下に行くのかは微妙なところです。 一時的には下がるので、そこで買っておくのはいい手かもしれません。   【まとめ】 BTGの配布が終了し、BTCは下落傾向。 今のうちにUSDTや法定通貨に替えておき、底近くになったら買い戻すという戦略が使えそう。 ◎ビットコインゴールドは上場後短期で売る。 ◎予想価格はビットコイン本体の一割程度 ◎ビットコインが安値に来れば押し目買いから中期持続方針   BTC、BTGトレードの際は、ぜひ今回の分析を参考にしてみてください。 阿部 悠人 大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中! 仮想通貨トレードツール無料プレゼント!

アルトコイン

【ビットコイン分裂】ビットコインゴールドは無償で取るべき!?

こんにちは、阿部です。   八月一日に一度分裂したビットコインが再び分裂すると言われています。 予定は十月二十五日。 この日に新たな「ビットコインゴールド」が誕生しそうです。   「このままビットコインを持っておこう」 「分裂後の価格下落時にビットコインを買おう」 「分裂前の高値で売ろう」   さまざまな考えがあると思います。 ですが、考えすぎて「どうしよう」という状態になっていませんか?   今回は、『ビットコイン分裂に際して、どのように行動すべきか』 そのことについてお話ししていきます。 ビットコインゴールドのもらい方 まずは、現在のビットコインの日足チャートを見てみましょう。 【BTC/JPY日足】   現在、ビットコインは円との換算で六十万円台という歴史的な高値にありますが、10/25前後までは「分裂」を見極めようと模様眺めになるものと思われます。 前回の同時期も少しもみ合いになっていますので、今回も同じような感じになるのではないかと。   さて、肝心のビットコイン分裂について。 今度も前回と同じように、誕生する新しい通貨「ビットコインゴールド」が無償でもらえるようです。   条件は、 ◎10/25日にビットコインを所有していること ◎取引所がBTG(ビットコインゴールド)の配布に対応していること 以上の条件を満たしていれば、11/1にBTC(ビットコインゴールド)を自動的に手に入れることができます。 BTCの配布に対応している取引所は公開されているので調べてみるとわかるでしょう。   今回も前回と同じように所有しているビットコインの数量に合わせて無償でもらえます。 これは大きなチャンスといえるでしょう。   では、このチャンスにどう行動すべきか? あなたはしっかりと考えていますか?   分裂をいかして最大限の利益を得るためには? その判断をするために一応、ビットコインキャッシュのときのパターンを考えてみます。 ビットコインキャッシュは無料でもらえたものが上場時に初値二万円。 その後急騰して十万円付近まで行きました。そして十月現在でも四万円くらいしています。   結論から言えば、今回もビットコインは「買い」です。 ビットコインを10/25に所有しておき、ビットコインゴールドを無償でもらえる権利をいただきましょう。   具体的にいつからビットコインを買っておくべきかといえば、直前の10/24くらいでいいと考えます。 おそらく10/25日当日は前回と同じように相場が下がり気味になると思いますので、前日の購入の方が間違いがないでしょう。   もちろんこれは相場の状況が関係していて、元々が不確実な仮想通貨の世界なので日程変更や中止、条件の変更等のリスクは常にあります。 ですが、現在の発表を信じるという前提では、今回の「分裂」も前回と同じように「新しく上場されるコインをただで取りに行く」というのが正しい投資スタンスでしょう。   これは予想ですが、「『ビットコインの分裂』は今回だけで終わらないのではないか」と考えています。 現在の処理能力が限られていて、ビットコインの取引が拡大する限り、来年にもまた新しい通貨がビットコインから生まれ上場する可能性は高いでしょう。   行動指針まとめ スタンスとしてはビットコインの分裂ごとに新しいコインを無償で取りにゆく。 今回のエントリーは10/25直前。 11/1のBCGの上場待ち。 阿部 悠人 大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中! 仮想通貨トレードツール無料プレゼント!