仮想通貨Populous(ポピュラス/PPT)とは?特徴・将来性・買い方について解説!

仮想通貨ビギナー
仮想通貨Populous(ポピュラス/PPT)てどんな通貨なの?将来性・特徴は?どこで買えるの?誰か教えてくださいー!

ということで今回は、仮想通貨Populous(ポピュラス/PPT)の特徴・将来性・購入方法について解説していきます。

それではさっそく見ていきましょう!

仮想通貨Populous(ポピュラス/PPT)とは?

ブロックチェーン技術を応用したインボイス(請求書)と貿易のための金融取引プラットフォームを目指しています。 

金融系の仮想通貨は他にもいろいろありますが、今回の大きなポイントはインボイス(請求書)です。 

事業をされたことがある方なら経験があるかと思いますが、請求書を発行してから実際に支払われるまではある程度期間が空きますよね?

来月、再来月になることもよくあると思います。

資本力がないとこの30日、60日の差が非常に辛いですよね。

例えば、何か購入する際に入金日まで待たないといけないということが発生します。 

今まではこのように請求書の発行から代金の受け取りまでに期間が空くことが当たり前でした。 

仮想通貨Populous(ポピュラス/PPT)の基本事項

発行日 2017年4月
通貨単位 PPT
発行枚数 53,252,246
公式サイト https://populous.world/

仮想通貨Populous(ポピュラス/PPT)現在の価格/時価総額

 

仮想通貨Populous(ポピュラス/PPT)の特徴・将来性

Populousはこの請求書問題に着目し、もっと取引がスムーズに済むように開発を進めているのです。

請求書というのは記載されている金額が入ってくるという証明にもなっています。 

1万円の請求書なら、同等の価値があることになります。 

この性質を利用して、請求書を約束手形のように担保にすることで支払いを待たずにお金の受け取りも可能になりました。

約束手形は実際に紙をやり取りするものですがインボイスではその手間もなくネットワーク上でスムーズに取引できます。

これまでよりもスムーズに短期融資ができるしくみができれば、 

企業は資金調達が簡単になりますし、コストや手間も軽減され、業務に集中しやすくなります。

さらに手元にある資産が少なくて黒字倒産してしまう企業もあるのが現状ですが、請求から入金までの間が埋まることで倒産のリスクも回避できるようになるのです。 

もちろん、請求書のやり取りはブロックチェーンで紐づけされますから改ざんや不正なども防止できます。 

融資を受けたい企業と投資家を結びつけるユニークな取引環境が創造されているのです 

この仕組みが文化や言語の壁を超えて活用できるようになりますから、グローバルな規模でビジネスもしやすいようになります。

スムーズな投資が進めば経済は活性化していきます。

Populousによって資金の流動性が豊かになり多くの企業を助けることにもなるでしょう。

伸びしろも多く、大きく期待できるプロジェクトです。

仮想通貨Populous(ポピュラス/PPT)が購入できる取引所

仮想通貨Populous(ポピュラス/PPT)を購入するならバイナンスがおすすめです!

海外取引所でコインを購入する方法は、海外取引所でアルトコイン(仮想通貨)を購入する方法をカンタン解説!を参考にしてみてください!

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す