仮想通貨Presearch(PRE)とは?特徴・将来性について解説!

こんにちは、阿部です。

日本での取引所6社の業務停止命令。

韓国Bithumbのハッキング被害と、FUD(恐怖、不安、疑念)ニュースが多発。

今日も全体的に不調が続いています。

ですがそんな中、バンクーバーで行われたトークイベントを無事成功させたPresearch(PRE)は健闘しています。

日本での認知度はまだまだですが、現代の生活基盤と言っても良い”あるもの”に着目した面白いプロジェクトです。

検索すればするほど収入が得られるサービス!

Presearchは、分散型の新しい検索エンジンを提供しようとしているプロジェクトです。

GoogleやYahoo!に依存しないコミュニティが支える検索エンジンを開発しています。

現代において検索エンジンは必要不可欠な存在です。

パソコンやスマホを手にしたら必ずと言っていいほど検索エンジンを利用しますよね。

インターネットを利用し、個人で収入を得ている人は多いですがこれが成り立つのも、検索エンジンがあるからです。

情報社会の柱となっている検索エンジンですが、実はある問題点があります・・。

それは、検索結果は企業が導入するアルゴリズムによってほぼ独占的に決められていることです。

検索上位にいないと収入を確保できない企業がありますからその分、SEO対策を行って多額の費用を投じることになります。

ですが、それでも上位になるかどうかはGoogleやYahoo!の判断に委ねられているのです。

こうなると多くの企業がGoogleやYahoo!に頭が上がらない状態になってしまいます。

Presearchはこの歪んだ構図を疑問視し、検索エンジンをより公平に民主化させようとしているのです。

大きな特徴はPresearchのサービスでWEB検索するだけで、検索した人に収入が入ること。

どういうしくみかというと、まず、企業が広告料をPREで支払います。

その後掲載した広告やサイトが検索・クリックされると、検索の利用者とPresearchの開発者・運営者に分配されます。

このしくみにより、検索すればするほど利益が得られるのです。

現在すでにベータ版がリリースされており、1日最大8PEもらうことができます。

また、Presearchの開発はコミュニティ主体となっており、プロジェクトの決定や提案などに投票が可能。

さらに、開発者が機能やプロジェクトに貢献すると報酬が得られるので、独占的にならず開発意欲をかきたてられます。

新しい検索エンジンの基盤となれるか?

Googleに立ち向かおうとするプロジェクトですから、非常に険しい壁に挑んでいます。

開発陣のマイルストーン(経過目標)でも検索ツールの改善や広告を課題としており、多くの後ろ盾を持ちながら

地盤を固めていく努力が必要です。

ただ、認知度が高まるにつれて、GoogleとPresearchを使い分ける企業が出てくるでしょうからうまく共存できる可能性もあります。

長い目で見守っていくことで、時代の流れを掴めるかもしれませんね。


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す