仮想通貨Primas(プリマス/PST)とは?特徴・将来性・買い方について解説!

仮想通貨ビギナー
仮想通貨Primas(プリマス/PST)てどんな通貨なの?将来性・特徴は?どこで買えるの?誰か教えてくださいー!

ということで今回は、仮想通貨Primas(プリマス/PST)の特徴・将来性・購入方法について解説していきます。

それではさっそく見ていきましょう!

仮想通貨Primas(プリマス/PST)とは? 

Primasが問題視しているのは「WEBコンテンツ」です。

現在、WEBメディアの市場規模は爆発的に広がっています。

ブログやSNSなどでは一般の方もコンテンツを投稿するのが当たり前になってきました。

当然のように、WEBコンテンツは日に日に増している状態です。

確かに選択肢は増えましたが、 膨大なコンテンツの中から自分にあった良質なモノを探し出すのは至難の業。

検索上位であれば良質とは限らず、アクセスを伸ばすための極端な内容の記事が出ることもありますから

本当に自分にあった良いものを探すことが難しい状態になっています。

仮想通貨Primas(プリマス/PST)の基本事項

発行日 2017年8月29日
通貨単位 PST
発行枚数 100,000,000
公式サイト https://primas.io/

仮想通貨Primas(プリマス/PST)の現在の価格/時価総額

 

仮想通貨Primas(プリマス/PST)の特徴・将来性

ダイエットや投資系の記事でも根拠のないものやタイトルだけ奇抜で中身の薄っぺらいものなど、、

あなたもそんなつまらない記事を開いたことがあるんじゃないでしょうか?

一方で、本当に良い記事であってもSNSやブログをうまく使い、アクセスを取っていかないと誰にも読まれませんから、純粋に記事のクオリティだけでは他に太刀打ちできない状態にあります。

そして、アクセスを得ようと、広告を利用してみても、日の目を見ることなく淘汰されてしまうことも多いのです。

こうしたWEBコンテンツの問題を解決しようとしているのがPrimasです。 

従来のコンテンツに関する評価基準はクリック数や閲覧数が主でした。

この評価基準を変えて、社会的な推奨やコンテンツの普及度、著者の信用度などと照らし合わせて総合的に判断されます。

記事がレビューされたり、引用やシェアがされたりしてもコンテンツや著者の評価につながるので、上位検索されるラインナップは確実に変わってくるでしょう。

また、「誰が書いたかわからない」という秘匿性も無責任で悪質なコンテンツが出回る原因ですからPrimasネットワーク上ではユーザーが1人1人固有のIDを持ちます

これにより誰が書いたかが明確にわかるようになりますし投稿履歴や評価なども蓄積

コンテンツのクオリティも保証されていきますし信用度の高いユーザーが集まってコンテンツコミュニティを構築することもできます。

投稿者や企業にとってもチャンスを得やすい仕組みになるのです。

そしてブロックチェーン技術によって作成者の著作権保護を提供できますし質の高いコンテンツ提供者には利益が発生する仕組み構築されます。

まさにWEBコンテンツの好循環が生まれる仕組みとなっているのです。

著作権や収益性に課題があるコンテンツ業界と、所有や信用を明確化でき、改ざんも不可能なブロックチェーン技術は非常に相性がいい組み合わせです。

また、開発されている技術のいくつかはすでにアプリケーションで実装されており、実用化の経験があることも好材料。

今後も注目していきたいプロジェクトですね。

仮想通貨Primas(プリマス/PST)が購入できる取引所

仮想通貨Nuls(ヌルズ/NULS)を購入するならOKExおすすめです!

海外取引所でコインを購入する方法は、海外取引所でアルトコイン(仮想通貨)を購入する方法をカンタン解説!を参考にしてみてください!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す