仮想通貨QASH(キャッシュ)とは特徴・将来性・最新情報を徹底解説!

仮想通貨ビギナー
QASH(キャッシュ)ってどんな通貨なんだろう?特徴・将来性は?今後の価格推移も気になる。。。誰か教えてくださいー!

ということで今回は、QASH(キャッシュ)について解説します!

仮想通貨のの流動性が低いと、売りたいと思ったときスムーズに売れないなど投資家にとって無視できないデメリットとなります。

そこで必要とされるのが「LIQUID」(リキッド)などのプラットフォームです。

QASHは、LIQUID内で利用されるトークンです)

QASH(キャッシュ)の概要

 

 

QASH(キャッシュ)とは?

QASHとは、LIQUIDというプラットフォームで使われる暗号通貨(トークン)です。

具体的には、LIQUID上での支払いや、取引などに使われることになります。

QASHは2017年10月16日に世界最大級の取引所であるBitfinexと提携。そして、現在もQASHはBitfinexで取り扱われています。

そして忘れてはならないのが、日本の取引所QUOINEXの運営会社がQASHの発行母体です。

そのため、もちろんQUOINEXでも購入することができます。

QASHは2017年11月にICOがおこなわれわずか1日で目標金額の70億円を調達しました。

QASHは、それ単体で高い価値を持つ暗号通貨であるというよりは、LIQUIDプラットフォーム上での支払い手段として採用されているため高く評価されているといえますね。

つまり、QASHを知るためにはLIQUIDを知る必要があるということになります。

QASHのプラットフォーム「LIQUID」とは?

 

上述のとおり、QASHはLIQUIDのプラットフォーム上で支払いに使われるトークンです。

つまり、QASHを購入する場合、LIQUIDのプラットフォームがどれほど高く評価されるかによって、QASHが値上がりするか値下がりするかも決まってくるといえるでしょう。

QASH(キャッシュ)の特徴

QASH(キャッシュ)の特徴は下記です。

  • 通貨間の手数料・手間を抑える
  • 金融庁認可のプロジェクト

それぞれ解説します。

通貨間の手数料・手間を抑える

海外の金融商品をドル建てで買おうとするときは

  1. 海外の取引所・口座を開設
  2. 日本円をドルに両替
  3. ドルで商品を買う

という3ステップが必要になります。

国内や海外に口座を作るのがいちいち手間ですし、手数料も高く付きます。

QASHは、通貨の間に入って取引を中継することでこうした手間や手数料を抑えようとしているのです。

QASHを持っていれば海外口座をいちいち開設する必要もなくなり、自国通貨で取引できるようになります。

また、暗号通貨と暗号通貨、法定通貨と暗号通貨の間も橋渡しを担っていくことで様々な通貨を使いやすくなるようにしています。

暗号通貨間の橋渡しをしようとする金融系プロジェクトはいくつかありますが法定通貨為替取引市場も巻き込もうとしているのはQASHの特徴的なところです。

金融庁認可のプロジェクト
 

QASHのもう1つの魅力は、守りの堅さです。

金融庁の認可が降りているプロジェクトなのです。

また、これまでの4年で不正出金ゼロという高いセキュリティを持っています。

コインチェック事件などを受けて暗号通貨は、取引スピードだけではなく安全性が求められるようになっています。

QASH(キャッシュ)の価格推移

 

QASH(キャッシュ)・LIQUIDの将来性

LIQUIDのコンセプトである「流動性の確保」は暗号通貨業界がもっとも求めている部分であり、そのニーズはかなり強いものがあります。(もちろん、QASHのライバルとなる類似サービスの発展も考慮に入れなければならないため、手放しで「値上がりする」とは言えないところですね)

話を戻しますと、たとえば、日本円や米ドルなどメジャーな法定通貨とビットコインなどの暗号通貨との流動性は十分確保されてきています。(米ドル/ビットコインの通貨ペアなど)

一方、マイナーな法定通貨の場合、ビットコインなど基軸通貨となる暗号通貨とのペアでさえ流動性(出来高)が低く、取引がしにくい状況になっています。(スワジランドのリランゲニ/ビットコインの通貨ペアなど)

このため、流動性を確保することは、世界中に暗号通貨が浸透していくためにも欠かせない課題といえるでしょう。

QASHやLIQUIDが流動性を高めるサービスであるということはわかりましたが、一体どのような方法でそれを実現できるのでしょうか?

LIQUIDプラットフォームは、「世界中の取引所でおこなわれている取引を一点に集中させる」という方法でこの流動性の問題を解決します。

つまり、1つの取引所では少ない流動性も、

世界中の取引を合わせれば十分な取引量があるということですね。

投資家目線としては、これをLIQUID上で実現させることができればマイナーな法定通貨を使っている人々がQASHを使うようになり結果としてQASHの値上がりも期待できるといえます。

QASH(キャッシュ)を購入するのにおすすめの取引所

QASHを購入するなら、国内の「Liquid」(旧QUOINEX(コインエクスチェンジ))がおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、QASH(キャッシュ)について解説しました。

この記事が参考になれば幸いです。


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す