仮想通貨SingularityNET(AGI)とは?特徴・将来性・買い方について解説!

仮想通貨ビギナー
仮想通貨SingularityNET(AGI)ってどんな通貨なの?将来性・特徴は?どこで買えるの?誰か教えてくださいー!

ということで今回は、仮想通貨SingularityNET(AGI)の特徴・将来性・購入方法について解説していきます。

それではさっそく見ていきましょう!

仮想通貨SingularityNET(AGI)とは?

SingularityNETのテーマは、AIに特化したプラットフォームです。

AIの開発者とAIをビジネスに導入したいユーザーとの橋渡し役となるサービスを提供しようとしています。

AIの技術は「2045年には人間の脳を超える」と予想されているほどで、人類の存在さえもゆるがすような大きな技術として注目されています。 

SingularityNETの注目すべきポイントは、AIロボット「Sophia」を開発したDavid Hanson氏がアドバイザーを務めているということです。

Sophiaは人工知能でありながら、サウジアラビアで市民権を得ており、AI界ではスター的存在です。 

その開発者が、今回のプロジェクトにも関わっているということで期待されています。  

仮想通貨SingularityNET(AGI)の基本事項

発行日 2017年8月
通貨単位 AGI
発行枚数5,100,000,000  10億
公式サイト https://singularitynet.io/

仮想通貨SingularityNET(AGI)の現在の価格/時価総額

 

仮想通貨SingularityNET(AGI)の特徴・将来性

SingularityNETが主に取り組む課題は2つあります。

1つは導入に手間やコストがかかること

IoTと並んで注目される最先端の技術ですが、これを導入できるエンジニアは限られています。

また導入できたとしても、現在のネットワーク環境では情報処理に負担がかかり過ぎるため運用コストもバカになりません。 

しかし、これをブロックチェーンで分散管理することによって、運用コストを大幅に減らすことができます。 

これによりAI開発や導入に対するハードルを下げることになります。 

そして、もう1つは、AI同士の連携が取れていないことです。

AI業界は技術競争の真っ只中で、各自がバラバラで開発を進めている状況です。

そのため、お互いを探り合うようになったり、解決策を隠したりするようになるなど問題点も多いのが現状です。 

これを、ブロックチェーンで、AI同士でコミュニケーションを取れるようにすることで、それぞれが連携してより効率よく進化できます。

ネットワークやプログラミングが、急速に発展したのも技術を隠さずにシェアされてきたからなのです。 

AIも共有化が進むようになれば、今まで以上に開発が促進し2045年よりも前に人類を超える瞬間が訪れる可能性も十分に考えられます。  

仮想通貨SingularityNET(AGI)が購入できる取引所

仮想通貨SingularityNET(AGI)を購入するならバイナンスがおすすめです!

海外取引所でコインを購入する方法は、海外取引所でアルトコイン(仮想通貨)を購入する方法をカンタン解説!を参考にしてみてください!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

Leave a Reply