仮想通貨SwissBorg(CHSB/スイスボーグ)とは?チャート・特徴・将来性について解説!

仮想通貨ビギナー
SwissBorg(スイスボーグ)について知りたい!将来性・特徴は?誰か教えてくださいー

ということで今回は、仮想通貨SwissBorg(CHSB/スイスボーグ)について解説いたします。

さっそくみていきましょう!

仮想通貨SwissBorg(CHSB/スイスボーグ)とは?

SwissBorg(スイスボーグ)は、その名の通りスイス生まれの仮想通貨です。

スイスは、富豪たちが資産管理に利用するプライベートバンクが数多くあり、実績とブランドで図抜けています。

SwissBorg(スイスボーグ)もそんなスイスで生まれたプロジェクトとあって金融業界を中心に期待されているプロジェクトなのです。

仮想通貨SwissBorg(CHSB/スイスボーグ)の現在の価格

 

 

仮想通貨SwissBorg(CHSB/スイスボーグ)の特徴

スイスボーグの特徴は、『ブロックチェーン×AI』でまったく新しい資産管理や金融サービスのプラットフォームを目指していること。

金融という言葉に苦手意識を持つ方は多いかもしれませんが、スイスボーグはそんな方でも気軽に資産管理・運用をできるようにしてくれます。

そもそも、従来の資産管理・運用というのはハードルが高いものでした。

投資対象には、不動産や株、外貨に金など様々あり、少額からでも始められるモノもあります。

ですが、「何を持つべきか、いつ売買すべきか」「投資に必要な諸々の手続き」などは自身で判断・処理しなければなりません。

手間ばかり増えて結局は資産を減らしてしまうということも少なくないのです。

そういったリスクを減らし、資産運用の効率を高めてくれるのが、プライベートバンカーでした。

ただ、これはお金持ちしか相手にしていません。

1人のお客に対して1人(以上)の担当者がつくので、十分な手数料を払える資産家を相手にしなければ、運営が成り立たないのです。

そういったわけで、「資産の管理・運用を任せる」といったことは一般人には難しかったんですね。

ですが、こうした資産運用に関する常識がデジタルの発達とAIの誕生によって崩れ始めてきています。

これまで人が考えていた投資対象の組み合わせ(ポートフォリオ)をAIなどの技術によって自動的にできるようになっているんです。

実際、「THEO」や「WealthNavi」などのロボアドバイザーを用いた資産運用サービスが始まっていますよね。

さらに、こうした金融業界の進化を強く後押しするのがスイスボーグです。

仮想通貨SwissBorg(CHSB/スイスボーグ)の将来性

AIのおかげで、資産運用サービスは身近なものになりつつあります。

では、ブロックチェーンをプラスすることで、何が変わるのでしょうか?

まずは安全性。ブロックチェーン上に記録していくので、セキュリティ面での心配はグッと減ります。

次に運営コスト

自動で管理・記録していくので人件費や管理費がカットできます。

そして、気軽さですね。

企業や人を介すことがないので、余計な気を使わずに利用できます。

また、CHSBの心強いところはブロックチェーン介して取引を行うオンチェーンファンドとブロックチェーンを介さないオフチェーンファンドとの2つが用意されているところです。

ブロックチェーンを介する場合マイニングなどのコストの関係で取引に多くの手数料と時間がかかるものですがCHSBはまずこれを抑えようとしています。

一方で、オフチェーンを介さない従来の取引だと先ほどお伝えしたように人的コストがあるためこちらも多くの手数料を支払うハメになります。 

CHSBは仮想通貨による資産運用だけではなくこれまでの資産運用も安く快適に利用できるようどんな投資先でも余計なコストがかからないようにしているのです。

これによって「仮想通貨で分散投資をしたいけど、どれが良いかわからない、選ぶ時間がない。」という人でも運用できるようになりますし

  • 資産運用がしたいけど仮想通貨についていけない!
  • 仮想通貨以外のものにも分散投資していきたい。

という人にもノーリスクで資産運用サービスを利用できるようにしているのです。

このように、多額の資金も、専門的な知識も不要でほぼ自動的に資産運用ができる時代が作られつつあります。 

ですから当然、SwissBorgは既存の金融業界にとって脅威の存在です。

しかし、各国の投資家や国家の支援によって勢いは増すばかりで世界的に支持されているプロジェクトに成長しています。

金融業界に革命をもたらすものとして、 ぜひ注目してくださいね!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す