仮想通貨Waltonchain(ウォルトンチェーン/WTC)とは?特徴・将来性について解説!

 

仮想通貨ビギナー
仮想通貨Waltonchain(ウォルトンチェーン/WTC)ってどんな通貨なの?将来性・特徴は?どこで買えるの?誰か教えてくださいー!

ということで今回は、仮想通貨Waltonchain(ウォルトンチェーン/WTC)について解説していきます。

それではさっそく見ていきましょう!

仮想通貨Waltonchain(ウォルトンチェーン/WTC)とは?

Waltonという名前はRFID技術の発明家で2011年11月30日に亡くなった、Charlie Waltonに由来しています。 

彼が遺した素晴らしいRFID技術をさらに発展させるために、彼の死の5年後である2016年11月30日に設立されたプロジェクトです。

「さっきから言っているRFIDって何?」と気になっている人も多いと思いますので簡単にお話しますね。

RFIDとは自動認識技術のことで、Suicaや回転寿司チェーンなどで利用されている技術です。最近だとツタヤのセルフレジにもRFIDが活用されていますね。

この技術のおかげで、いちいち切符を切る必要も皿の枚数を数える必要もなくなりました。

私たちの生活にとって、RFIDは身近な存在になっているんですね。

RFID技術はさらに応用されていて、流行りのIoTの構成要素にもなっているので非常に注目されている技術ということなのです。

仮想通貨Waltonchain(ウォルトンチェーン/WTC)の特徴・将来性

IoTにより利便性の向上が期待される一方で、

  • 大量のデータ処理とその整合性を保つために膨大なコスト
  • 力のある企業が情報の総取りができる 

といった懸念も存在しています。

この課題を解決し、IoTをさらに価値あるものにしようと動き出しているのがWaltonなのです。

主な特徴は

  • ブロックチェーンに記録されるのでセキュリティが強固
  • RFIDタグチップによる追跡で偽造や不正防止
  • 分散管理による情報の共有化
  • データ管理費用の削減

などで、RFID技術とブロックチェーンを組み合わせることで、あらゆるもののデータを「安全」かつ「透明性」をもって共有できるビジネスモデル実現を目指しています。

そして、WTCはこれを「VIoT」と呼んでいるのです。

現在Waltonは物流システムや製造業の改善をメインに取り組んでいて昨今の重大な人手不足に悩む物流業界を解決するプロジェクトとして期待されています。 

WTCにより在庫管理が楽になるだけでなく、追跡機能がつくことで偽造品防止にもつながります。

入荷検品やレジ作業も不要になりますから人件費の大幅削減可能です。

小売業の無人店舗化もこれによって急速に早まると考えられますね。 

また製造業においては材料の管理や品質管理なども自動でかつ正確になるため人件費の削減だけではなく、どのプロセスで問題が発生するのかも把握しやすくなるのです。 

アパレル業界ではすでに実装されている例もあります。 

IoTの流れはとめられませんから、そこに一石を投じるWTCは社会的にも価値の高いプロジェクトです。

今後の成長を楽しみにしましょう。

仮想通貨Waltonchain(ウォルトンチェーン/WTC)の基本事項

発行日 2016年11月30日
通貨単位 WTC
発行枚数 1億枚
公式サイト https://www.waltonchain.org/ct/

仮想通貨Waltonchain(ウォルトンチェーン/WTC)の現在の価格/時価総額

 

仮想通貨Waltonchain(ウォルトンチェーン/WTC)が購入できる取引所

仮想通貨Waltonchain(ウォルトンチェーン/WTC)を購入するならバイナンスがおすすめです!

海外取引所でコインを購入する方法は、海外取引所でアルトコイン(仮想通貨)を購入する方法をカンタン解説!を参考にしてみてください!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す