仮想通貨XLM(ステラ/Stellar)とは特徴・将来性・最新情報を徹底解説!

仮想通貨ビギナー
ステラ(XLM/ルーメン)ってどんな通貨なんだろう?特徴・将来性は?今後の価格推移も気になる。。。誰か教えてくださいー!

ということで、今回は仮想通貨XLM(ステラ/ルーメン)について解説いたします。

XLM(ステラ/Stellar)とは?

ステラは、2014年にリップルよりハードフォークして誕生したコインです。

リップルは企業間の送金が主ですが、ステラは個人間の送金に特化しています。

2015年に、新しいネットワーク(SCP)へのアップグレードに伴い、自身の通貨名を「Lumens (ルーメンス / XLM)」へ変更しました。

XLM(ステラ/Stellar)の概要

 

 

XLM(ステラ/Stellar)の特徴

ステラの特徴は下記です。

  • 暴騰を防ぐ
  • 発行数が増える
  • 送金手数料の安さ

それぞれ解説していきます。

暴騰を防ぐ

仮想通貨ステラは「発行上限枚数が1,000億XLM」ですが、この全てが発行された後「1年ごとに1%ずつ発行する量が増加する」仕組みになっています。

こうする事によって、少額決済目的で開発された仮想通貨ステラをより多く市場に流通できるようになり、またステラの通貨価格が激しく変動しないよう安定させ供給量を増加させる事ができるのです。

もともとビットコインを含んだほとんどの仮装通貨の価格が高騰する要因は、中国人の利用者が急増している事でした。

ステラはここに目を付けて、中国での利用が禁止されているFacebook上の認証システムを導入する事で、中国人の介入を防止し通貨価値を安定化させていると言われています。

発行量が増える

リップルは発行枚数が1000億枚までと決まっていますが、ステラでは1000億枚が最初に発行された後、毎年1%ずつ追加で発行されていきます。

理由は、流通量を増やすことで価格変動を抑えるためです。

また、リップルの開発者が流通量の25%を保有しているのに対して、ステラの開発者の保有量は5%ですえ。

運営団体の保有率も低く抑え、市場にステラが出回る量を増やすことで、価格変動のリスクを抑えています。

送金手数料の安さ

先ほども言いましたが、ステラは「個人間の送金・決済」を目的に開発されています。

個人の取引ですと、1回で送金する量は少ないのですが送金する回数は非常に多くなります。

その為、ステラの送金額は「0.00001XLM」と非常に安いです。

XLM(ステラ/Stellar)の価格推移

 

 

最新ニュース

ウォレット「BitGo」がステラ(XLM)とDASHに対応

仮想通貨の有名ウォレットサービス「BitGo」のCEO、Mike Belshe氏が、出演した番組で「ステラ(XLM)」と「DASH(ダッシュ)」を追加すると明らかにしました。

BitGoは世界で最も安全なウォレット・プロバイダと評価されています。

XLM(ステラ/Stellar)の将来性

IBMや通貨交換サービスを提供するKlickExなど多くの企業と提携しています。

また、ステラのプラットフォームを利用したアルトコインも誕生しており、これからさらに伸びていく通貨だといえます。

XLM(ステラ/Stellar)購入するならここ!

ステラを購入するなら、海外取引所の BINANCE(バイナンス)がおすすめです。

BINANCE(バイナンス) の特徴

・手数料が安い
・取引量が多い
・アルトコインが豊富

仮想通貨を購入する上で圧倒的にお得な取引所なので、持っていない人は今すぐ開設しましょう!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す