ZCASH(ジーキャッシュ/ZEC)とは特徴・将来性・最新情報を徹底解説!

仮想通貨ビギナー
ZCASH(ジーキャッシュ)ってどんな通貨なんだろう?特徴・将来性は?今後の価格推移も気になる。。。誰か教えてくださいー!

ということで今回は、仮想通貨ZCASH(ジーキャッシュ)について解説いたします。

今後の価格はどうなるのでしょうか?詳しくみていきましょう!

ZCASH(ジーキャッシュ)とは

ZCASH(ジーキャッシュ)は、2016年10月28日に誕生したコインで、発行上限枚数は2100万枚です。

Zcashでは、取引情報が匿名化されているため、マネーロンダリングやテロ資金への活用など、犯罪に使われやすいことが指摘されています。

そのため、以前はコインチェックで購入することができましたが今では廃止されています。

ZCASH(ジーキャッシュ)の概要

 

 

ZCASH(ジーキャッシュ)の特徴

日本で有名な他の匿名コイン「ダッシュ・モネロ」は、履歴のみ匿名化されています。

一方、ジーキャッシュは、アドレス・履歴・数量すべて匿名化されています。

完全な匿名性コインということが最大の特徴です。

詳しく見ていきましょう!

ゼロ知識証明(Zk-Snark)

ゼロ知識証明とは、誰が誰にいくら送ったかを第三者に明かさなくても、送金トランザクションの正当性が証明できることです。

Zcashはゼロ知識証明を採用し、取引する仮想通貨の量を非公開の状態で決済することが可能。

これにより、取引の追跡を不可能にしています。

シールドアドレス(shielded address)

Zcashのアドレスにはtで始まるトランザクションアドレスと、zで始まるシールドアドレスの2種類があります。

シールドアドレスでは残高が公開されません。

エクイハッシュ(Equihash)

Zcashはエクイハッシュ(Equihash)と呼ばれるマイニングアルゴリズムを採用しています。


このアルゴリズムは、中央集権を防ぐのに役立っています。

ZCASH(ジーキャッシュ)価格推移

 

ZCASH(ジーキャッシュ)の最新情報

匿名通貨ジーキャッシュ(ZEC)が2018年10月29日、大規模アップグレード

時価総額19位のZcash(ジーキャッシュ/ ZEC)は、10月29日にアップグレードを行います

Zcashは匿名性コインで、「誰が」「誰に」「いくら」送金したか、といった取引内容が外部から見えないことが最大の特徴です。

今回のアップグレードでは、

  • 匿名性を確保する仕組み上、低速だった処理速度を高速化
  • モバイルに対応する
  • 1つのウォレットで複数のアドレスを作成可能にする
  • トランザクション(取引)の外部への「公開」「非公開」を選択できるようにする

などが含まれ、大規模なアップグレードとなります。

ZCASH(ジーキャッシュ)の将来性

ZCASH(ジーキャッシュ)は匿名性コインの中でも、ずば抜けて匿名性に優れています。

国の規制などにより上場廃止にになるリスクはありますが、ダークマーケット(闇市場)での需要はなくならないのでこれからも伸びていくと考えられます。

 

ZCASH(ジーキャッシュ)を買うのにオススメの取引所

ETC(イーサリアムクラシック)を購入するのであれば、海外取引所のBINANCE(バイナンス)がおすすめです。

BINANCE(バイナンス) の特徴

  • 手数料が安い
  • 取引量が多い
  • アルトコインが豊富

仮想通貨を購入する上で圧倒的にお得な取引所なので、持っていない人は今すぐ開設しましょう!

【2018最新】Binance(バイナンス)の登録方法・入金・買い方を徹底解説!!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す