bitbank(ビットバンク)の特徴・登録方法・使い方まで徹底解説!!

仮想通貨ビギナー
bitbank(ビットバンク)の登録方法や使い方、特徴が知りたいです!
阿部悠人
bitbank(ビットバンク)は必ず作っておきましょう!ビットバンクなら全通貨ペアの取引手数料が無料です!

bitbank(ビットバンク)の特徴

取引手数料が「完全無料」

bitbankはすべての通貨ペアの取引手数料が無料です。

  • BTC/JPY
  • XRP/JPY
  • LTC/BTC
  • ETH/BTC
  • MONA/JPY
  • MONA/BTC
  • BCC/JPY
  • BCC/BTC

取り扱い通貨6種類+日本円を組み合わせた上記8通貨ペアが取引できます。

ただし、XRPやBitcoinといった取引量が多い通貨ペア以外ではスプレッド(手数料)は広めな印象ですので、スプレッドが狭めで手数料有料のbitFlyeと比較し、コスト面で大きなメリットがあるかというと難しいところです。

最高水準のセキュリティ

bitbankは、セキュリティに優れた取引所です。

  • 盗まれやすいホットウォレットではなく、コールドウォレットで保管
  • マルチシグ方式での管理

という暗号通貨管理の基本をしっかりと抑えています。

bitbank(ビットバンク)の登録方法

まずは、ビットバンク公式サイトにアクセスし、画面真ん中のメール「アドレスフォーム」に自分のメールアドレスを入力して「新規登録」をクリックします。

「新規登録」ボタンをクリックすると、「メールを送信しました。」 という表示があり登録したメールアドレス宛に認証用メールが送信されます。
届いたメール本文内に記載されている「URL」をクリックします。

そうすると、上記の画面が表示されますので、パスワード入力と各確認事項にチェックを入れて、登録をクリックします。

次に、上記の表示になりますので、 氏名や生年月日などの各情報を入力していきます。

全ての項目を入力したら、上記の「次に進む」をクリックします。

そうすると、「取引の目的」「職業」「外国の重要な公人」について 確認する画面になりますので、各項目を選択します。

※「外国の重要な公人」に該当する場合は、口座開設をすることができません。

「確認」をクリックすると、入力内容の確認画面になりますので、ここで再度、内容を確認します。

内容に間違いがなければ、「登録」をクリックします。

そうすると、基本情報の登録が完了します。

次に、本人確認書類のアップロードに進みます。

まず、上記の「本人確認書類のアップロードに進む」をクリックします。

そうすると、以下の表示になりますので、選択を行いますが、書類はパスポートもしくは免許証の選択をおすすめします。

※「マイナンバーカード」の場合は、「住民基本台帳カード」を選択して表面のみアップロードします。

表面、裏面の順に画像をアップしていきますが、画像のサイズが大きい場合は圧縮してアップロードしてください。

そして、両面の画像がアップできたら、「アップロードする」をクリックします。

そうすると、上記の表示がされますので、審査が完了するまで待ちます。(1〜2日程度の時間がかかります。

通常は、数日以内に上記の「本人確認書類承認」のメールが届きます。

そして、次に、上記の「住所確認はがき」の郵送に関するメールが届きます。

ですので、この「はがき」を受け取ってください。

次に、二段階認証の設定をしますが、まず、アカウントにログインして上記の順でクリックして進めていきます。

「設定」をクリックします。

「Google Authenticator」または「IIJ SmartKey」でQRコードを読み取り、認証コードを入力→設定をクリックします。

二段階認証の設定は完了です。

次に、SMS認証もしておきます。

設定をクリックすると以下の画面になりますので、電話番号(携帯番号)を入力します。

すると、携帯へ認証コードが送られてきますので、そのコードを入力します。

そうすると、以下の画面になりますので、SMS認証設定も完了です。


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す