ビットコインはいくらから購入が可能?取引所ごとに比較紹介!

 

 

こんにちは、阿部です。

 

少ない金額から投資が可能な商品として

ビットコインには優れた一面があります。

 

さらに、ビットコイン投資では

取引手数料が発生しないことが多いため

少額からの投資でも

手数料に圧迫される心配がありません。

 

今回は

取引所ごとに

「最少でいくらから購入できるのか」

について紹介したいと思います。

 

最少取引単位はビットコイン取引所ごとに異なる

少額からはじめられる点が大きなメリットの1つであるビットコインですが、いくらから購入できるのか(最少取引単位)はビットコイン取引所により異なります。

 

bitFlyerは0.001BTCから購入可能

「bitFlyer(ビットフライヤー)」は国内最大級のビットコイン取引所の1つです。

 

bitFlyerに出資する企業には

大手企業が名を連ね

もっとも信頼感のある取引所として認識されています。

 

さて、そんな

bitFlyerの最少取引単位は0.001BTC(ビットコイン)。

 

日本円をビットコインに換金する際は

日本円ではなくビットコイン量で表すことが

通例となっています。

 

2017年5月時点で

1BTC=約18万円となっているので

0.001BTC=約180円。

 

bitFlyerでビットコインを購入する場合

最少取引は180円相当からとなります。

 

ビットコイン取引所の最少取引が

いくらから可能なのかは

このように取引所ごとに定められた

最少取引単位分のビットコインを

日本円換算して計算します。

 

bitFlyerのサイトはこちら

coincheckは0.005BTCから購入可能

「coincheck(コインチェック)」も国内最大級の取引所の1つです。ビットコインだけではなく、イーサリアム、リップル、モネロ、オーガ、ファクトムなど多様な暗号通貨(仮想通貨)の取引が可能となっています。

 

そんなcoincheckの

ビットコイン最少取引単位は0.005BTC。

 

2017年5月時点で

1BTC=約18万円となっているので

0.005BTC=約900円。

 

coincheckで

ビットコインを購入する場合

日本円換算で約900円からはじめることができます。

coincheckのサイトはこちら

 

Zaifは0.0001BTCから購入可能

「Zaif(ザイフ)」は、最近取引が盛んになり、国内最大級になった取引所の1つです。

 

他の取引所では

ビットコインの取引をすると

手数料が発生することがありますが

一方、Zaifでは

「マイナス手数料」と呼ばれるシステムを導入し

取引をすると逆に手数料がもらえる

というユニークな取引所です。

 

さて、

そんなZaifのビットコイン取引の

最少単位は0.0001BTC。

 

2017年5月時点で

1BTC=約18万円となっているので

0.0001BTC=約18円。

 

Zaifなら

日本円換算で約18円から

ビットコインを購入できます。

 

Zaifは国内でもっとも少額から

取引できるビットコイン取引所の1つですね。

 

Zaifのサイトはこちら

 

少額から投資するならビットコインは有力な選択肢

ビットコインなどの暗号通貨(仮想通貨)投資はまだまだマイナーなジャンルです。

 

現状、株式投資や投資信託の市場と

比較するとその規模の差は明らかですね。

 

そのため

株式投資や投資信託などから

投資をはじめる方も多いでしょう。

 

しかし、これらは少額からの投資には

向いていない場合があります。

 

株式投資や投資信託で少額投資しにくい理由

たしかに、株式投資ではプチ株やミニ株といった単元未満株式がありますし、投資信託には1000円単位で購入できる商品も存在します。

 

しかし、単元未満株式や

少額から購入できる投資信託とはいえ

ビットコインのように

100円前後から投資をはじめることは

まず不可能です。

 

加えて

問題となるのが割高な取引手数料です。

 

株式投資の手数料が

最安水準のネット系証券会社の場合でも

10万円以下の購入の手数料水準は

150円前後です。

 

一見、割安感がありますね。

実際、ネット証券が登場するまでは

同じ条件で1000円以上の手数料は

めずらしくありませんでした。

 

しかし上記の

「10万円以下の購入で150円の手数料」の場合

株式500円の購入でも

150円の手数料が発生する計算です。

 

これでは手数料の負担が大きく

少額からの投資には向いていません。

 

ビットコインなら少額投資でも手数料に圧迫されない

そこでおすすめしたいのが、ビットコインなどの暗号通貨投資です。

 

多くの取引所では

手数料が無料もしくはマイナスとなっていることや

有料の場合も「取引金額の○○%」のような

手数料体系が多いからです。

 

これにより

少額で十分に練習することができ

また、うまく取引すれば

資産を増やすことも狙えます。

 

「手数料で損をするけど

一応100円くらいからはじめられる」ということではなく

「元手が少額であること以外は

まったく同じように取引がはじめられる」

ということなのです。

 

このような投資商品は

ビットコインなどの暗号通貨のみではないかと思います。

 

これを機に

ビットコイン投資や暗号通貨に

関心を持っていただければ幸いです。

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す