FXで勝てる時間帯はいつ?時間帯ごとの特徴について解説!

FXビギナー
FXで勝ちやすい時間帯はいつですか?時間帯によって動きが全然違う気がする。。。

今回はこういった疑問に答えます。

結論から言うと、トレード手法によって勝てる時間帯は変わってくるので、一概にどの時間が良いとかはありません。

この記事で、自分のトレード手法に合う時間帯を見つけてトレードしてみてください!

この記事で分かること

  • 時間帯ごとの特徴が分かる
  • FXで勝てる時間帯が分かる
  • 時間帯ごとに注意することが分かる

FXで勝てる時間帯はいつ?

結論から言うと、FXでは全時間帯に勝つことができます。

FXビギナー
え?どの時間帯でも勝てるの?

どういうことかと言うと、トレードする手法によって適した、勝てる時間帯があるからです。

しかし、それを間違えてしまうと勝つことができませんのでトレード手法にあった時間帯を選択する必要があります。

FXで勝つためには時間帯を決めてトレードすることが大事

まずは、時間帯ごとの名称を把握しましょう。

  • オセアニア(ニュージーランド)時間(5時〜8時)
  • 東京時間(9時〜15時)
  • ロンドン時間(16時〜21時)
  • アメリカ時間(21時〜5時)

FXでは時間帯によって、相場の動きが全く違うので「24時間のうちヒマな時にトレードしよう!」では勝てません。

専業トレーダーたちは自分の手法に合わせて、時間帯を決め、トレードしています。

FXで勝つためには時間帯ごとの特徴を知り、自分の手法にあった時間帯で取引しましょう!

時間帯ごとの値動きの特徴

オセアニア時間(5時〜8時)

オセアニア時間は、取引量が少ないのでレンジ相場になりやすいという特徴があります。

また、先ほど説明したように取引量が少ない=手数料が高いということでもあり、多くの記事ではおすすめしない時間帯と書かれています。

しかし、逆に言えばチャンスの時間帯で、テクニカル通りに動きやすい(レンジ相場)です。

ただ、注意点としてはごく稀に大口投資家によって価格の操作が行われ、一気に上昇や下落することがあります。

特に正月・お盆・ゴールデンウィークなど取引するユーザーが少ない時は注意が必要です。

東京時間(9時〜15時)

日本時間は、FXの世界ではトレードする人たちが少ない時間帯です。

東京市場では、世界全体の取引高の約5%程度しかありません。

なぜなら、この東京時間に欧米の方は夜中なのでほとんど参加していません。(FXトレーダーの多くは欧米人です)

ですから、東京時間に取引をするならば、円建ての通貨ペアがいいとされています。

日本人がほとんどの取引をしているので、ドルやユーロ主体で相場が動くことは少ないです。

仲値発表の前後(9時55分)以外は、比較的もみ合いになることが多い傾向があり、材料が出なければトレンドは出にくい状況でsy。

仲値(なかね)とは、銀行などの金融機関が顧客との外国為替取引を行う際に基準として使用されるレートのこと

要するに、為替はすぐに変動するので、両替をしたい企業が毎回レートを確認するのは大変です。だから、この日本時間の9時55分に決まるレートで取引しましょうということです!

ロンドン時間(16時〜21時)

欧州(ヨーロッパ)時間とも呼びますが、ロンドン市場が圧倒的に取引量が多いためトレーダーの中では、ロンドン時間と呼ばれています。

ロンドン市場の特徴は、世界の取引高の40%近くを占めるため、トレンドが出やすということです。

特に、ロンドン市場がはじまって最初の2~3時間は、トレンドが出やすい傾向にあります。

しかしながら、19時頃になると欧州勢はお昼休みにはいる為、落ち着いた値動きとなることが多いです。

また、ロンドン時間になると「ユーロ」や「ポンド」といった欧州通貨の取引が活発になります。

取引参加者も増えて、流動性も豊富になるので、トレードしやすい時間帯であるといえます。

アメリカ時間(21時〜5時)

21時を過ぎた頃からアメリカの参加者が参入し、いよいよ為替の値動きはピークを迎えます。

アメリカ時間の特徴は、米国の経済指標(後述しています)が発表されるため、かなり荒い値動きになることです。

重要な指標発表も多くなるので、急にトレンドが変わる事もしばしばあるので要注意です。

午前2時を過ぎると、欧州の株式市場が終了となる為、やや値動きが落ち着きます。

しかし、夜中に要人発言があったり、米国の金融政策が発表される日もありますので、深夜に大きく動くことがあります。

アメリカ時間はファンダメンタルの影響が多くあるので、チャートだけ見てトレードするのは危険です。

自動売買システムを利用している方だと、このアメリカ時間は停止してくださいと言われているかと思います。

それはなぜかと言うと、自動売買はテクニカル分析をもとに作られており、ファンダメンタル(経済指標など)を考慮していないからです。

指標とは?発生する時間帯はいつ?

経済指標とは、各国の政府や経済関連の中央省庁(日本では財務省、経済産業省、内閣府など)、中央銀行(日本では日本銀行)が発表している「経済に関連する統計」です。

経済指標は、経済動向を見るうえでの大切なバロメーターのひとつとなっているため、ファンダメンタルズ分析の中でもとりわけ重要視されています。

(引用:外為どっとコム)

要するに、経済指標は「今この国の経済の状況はこうなっています」ということを発表するものです。

経済指標の発表時には、値動きが激しくなるので取引しないのが一番安全です。

特に初心者の方は、アメリカの経済指標が発表される際には、取引を控えるのが懸命です、

経済指標の発表はこちらのサイトで確認できます。

時間帯によるスプレッド(手数料)の変化

為替市場では、取引量が多い時間帯はスプレッドが狭く(手数料が安い)、逆に取引量が少ない時はスプレッドが広い(手数料が高い)です。

ですので、取引量が少ない時間にトレードすると手数料をたくさん取られるので利益が出にくくなります。

ただ、取引量が少ないからといって勝てないわけではありません。

現に、取引量の少ない時間帯(オセアニア時間など)に利益を出している方もいるので、どの投資法をどの時間帯で使うかが何よりも大切です。

FXって難しい・・・

ここまで読んでみると、FXは初心者の方にとって「かなりハードルが高い」ように感じられますよね。

確かに、何の知識もなしに、いきなりトレードするのは危険です。

勝つためには、毎日チャートを見て検証し、多くの時間を費やして学ぶ必要があります。

FXビギナー
仕事が忙しくて、そんな時間ないよ・・・

ですよね・・・

でも大丈夫です!、FXには自動売買システム(EA)というものがあります。

自動売買システムは、その名の通り、自動で取引してくれるシステムのことです。

自分でチャートを見て勉強してトレードする必要がなく、最初にパソコンで設定をするだけでトレードで稼ぐことができます。

ちなみに、僕のLINE@では自動売買プログラムのトレード手法をいくつか考案し、提供しています。

興味のある方は、下記のLINEからメッセージください♪


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す