【18年6月】数千兆円が流入!?下落トレンド中の「複数の好材料」

こんにちは、阿部です。

2018年6月現在、暗号通貨は下落相場です。

最近になって投資を始められた方は、含み損が発生しているのではないでしょうか?しかし僕は、こうした相場こそ「耐え時」だと考えています。

また、こうした相場こそ「チャンス」だとも考えています。なぜなら、相場は上昇と下落を繰り返すものだからです。

そんな当たり前のことを忘れてしまうほどの上昇を見せた2017年でしたが、さすがに2018年前半は、暗号通貨市場も「充電期間」が必要だったのでしょう。

さて、こんな相場では悲観一色となりがちですが、実はここになっていくつかの好材料もみられています

暗号通貨投資をされている方はぜひチェックしてみてください。

FUD(Fear Uncertainty Doubt)がピークに達している

FUD(Fear Uncertainty Doubt)という言葉をご存じでしょうか?

  • Fear(不安)
  • Uncertainty(不確実)
  • Doubt(疑念)

の頭文字を取ったもので、暗号通貨市場においては、要するにネガティブな感情のことをいいます。

現在の暗号通貨市場は、FUDがこれまでにないほど強い状態です。

しかし実は、「FUDのピークは、相場の底。その後は上昇に向かうことが多い」とされているため、これは好材料でもあるのです。

このことは、シンプルに理解できるところですよね。

FUDがピークの際は、多くの人が暗号通貨をネガティブに評価しているということ。

つまり暗号通貨の実力が低く評価されているということであり、割安価格となっていることが考えられます。

たとえば現在では

  • 各国の規制の動向への不安
  • 取引所ハッキング事件への不安
  • 海外取引所の日本人禁止の拡大への不安
  • 価格下落への不安

などが大きく、FUDも大きくなっています。

ウェブボットの予測

ウェブボット(WebBot)は、未来の市場価格を予測するプログラムです。

こうした未来予測サービスはアテにならないことも多いのですが、ウェブボットはこの分野で信頼できる予測サービスの1つとして知られています。

ウェブボットの凄いところは、これまでのファンダメンタルズ分析や、テクニカル分析とは一線を画しているということ。

ウェブボットは、SNSや掲示板に書き込まれた言葉を大量に読み取り、予測データとして利用します。

その書き込みから得られた、投資家の「感情」を分析し、今後の相場の予測材料とします。

この方法では、

  • データの母数が大きい
  • 相場は感情で動いているという、価格変動の本質を捉えている

というメリットがありますね。

ウェブボットは「2018年末に1BTC/1000万円以上」と予測しています。(2018年3月時点のレポート)

個人的には、「正確な価格」についてはあまり参考にならないと思っていますが、また強気相場がやってくるということや、その際に1000万以上の水準となる可能性については、同感です。

ICO市場の拡大

暗号通貨で忘れてはならないのが、ICO市場です。

こちらも年々拡大してきており、

  • 2015年:7件
  • 2016年:月平均約3.6件
  • 2017年:月平均28.6回
  • 2018年:月平均50.5回

のように頻度が上昇してきています。

また、ICOの総額については2017年の1年間の約63億ドル(約6,800億円相当)を、2018年1~3月ですでに上回るなど、急速に拡大しています。

このことは、ビットコインなど既存通貨の上昇にも繋がる材料となります。

機関投資家から数千兆円の資本が流入か

イーサリアムとカルダノの創立者ホスキンソンズ氏が、機関投資家から数千兆円(!)もの資本が暗号通貨市場へ流入する予測をツイッターで述べています。

ウォールストリートの機関投資家が一斉に参入してくるというのがその根拠です。

ホスキンソンズ氏の述べたように、もし数千兆円もの金額が暗号通貨市場に流入したら、とてつもないほど値上がりすることになります。(2018年6月現在、暗号通貨市場の時価総額は約30兆円

もちろん正確な金額は定かではありませんが、機関投資家の流入はだれもが予測するトレンドの1つ。

期待しましょう。

というわけで今回は、悲観のピークの市場で見られる、いくつかの好材料をご紹介しました。

ネガティブとポジティブ、どちらかにかたよるのではなく、常に中立の視線で相場を見ていきたいところですね!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す