新たなインフラとして爆発できるか?分散処理でスピード重視のシステム「aelf(ELF)」

こんにちは、阿部です。

 

 

今日は「aelf(ELF)」が

盛り上がっていますね。

 

先日から今日まで行われていた

クイズイベントが賑わいを見せており、

価格にも良い影響を与えました。

 

エルフという名前からは

可愛らしい感じをうけますが、

実際はかなりスケールの大きい、

いかついプロジェクトです。

  

さてさて、一体どんなものなのか?

さっそく見ていきましょう!

 

 

処理速度を速めたプラットフォーム型プロジェクト

 

 

aelfの公開は2017年の12月。

比較的新しい通貨です。

 

最近はICOによる資金調達が

一般的になっていますが、

aelfはICOを用いずに資金調達に成功しており、

注目度と経営能力の高さをうかがい知れます。

 

 

そんなaelfが掲げているのは

「分散型クラウドコンピューティング」

というもの。

 

・・・これだけだと

わかりにくいですよね。

 

少し噛み砕いていうと、

「誰もがブロックチェーン技術を使えるようなしくみ」

「様々なアプリケーションを作る際のプラットフォーム」

の構築を目指しています。

 

 

要はイーサリアムのように

様々なサービスの基盤としての

役割を担おうというわけです。

 

 

いわゆるインフラ系と言われる銘柄ですが、

aelfの特徴は

「メインチェーン」と「サイドチェーン」という

複数のブロックチェーンを採用していることです。

 

たいていの銘柄は

ブロックチェーンは1本です。

 

ただ、1本だとそこだけに負荷がかかるため、

コストは増加し、処理速度が低下したりします。

 

ビットコインは

市場規模が膨らんだ影響で

実際にこの事象が発生していますよね。

 

また、イーサリアムでも

処理速度の遅さが懸念事項でした。

 

 

すべてを1つのブロックチェーンで

賄おうとするから

様々な問題が発生したわけで、

 

ブロックチェーン1本で

管理していくこと自体に限界だった

可能性があるのです。

 

 

そこでaelfはサイドチェーンという

もう1つのチェーンをおき、

処理を分散させることで

処理速度を速めています。

 

サイドチェーンは何本でも増やせるうえに

スマートコントラクトまで

載せられるということで

 

ブロックチェーンが大樹のように

枝分かれしていくようになるのです。

 

通信や医療、不動産や広告など

様々な分野に活用できる見込みがあり、

すでに多くの企業の支援が得られています。

 

 

他のインフラ系と差別化できるか?

 

そうは言っても、 

aelfなどのインフラ系銘柄は数も多く、

勢力争いが激しい状態です。

 

中国発でインフラ系のNEOは

ライバルとしてよく比較されていますね。

 

厳密には商圏が違うものの、

印象としてはどうしても

NEOの陰に隠れてしまいがちです。

 

拡大する暗号通貨市場と

多様化する暗号通貨の役割に対応し、

しっかりとついていけるか?

 

aelfは試されている場面と言えるでしょうね。

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です