スマホでマイニングできる!身軽で高性能なインフラ技術「Aeternity(AE)」

こんにちは、阿部です。 

 

今日はAeternity(AE)が

堅い伸びをしていますね。

 

明日開催予定のカンファレンスに

期待するユーザーが多いのかもしれません。

先日にもMeetupイベントを終えたばかりですし、

着々と信頼を集めているようです。

 

以前から注目されているものですが、

(実はあまり知らないです・・・。)

という方に、どんなものか

わかりやすくお話していきます。

 

 

Ethereumの上位互換とも言われるシステム

 

 

Aeternityの特徴を一言でいうなら、

「身軽で高性能」

と言ったところでしょう。

 

様々な工夫により

イーサリアムよりも軽くて使いやすい

ブロックチェーンインフラを

目指しているプロジェクトです。

 

イーサリアムは、

スマートコントラクトという

文書などの契約内容を

記録できる技術が開発され、

革命をもたらすものとして注目されています。

 

弁護士や不動産仲介業者などが

ほぼ不要になるほどのシステムですから

世界中の人々に期待されているものです。

 

ただ、、

 

イーサリアムの弱点は、

性質上処理スピードが遅くなってしまうことです。

 

数字だけではなく

文章など様々なデータを

記録できるようになることはメリットですが

 

その分、高度処理が必要になり

処理速度が遅くなる傾向があります。

 

あとは技術面で、

アップデートが少々手間で

できる人が限られてくるということで

 

「便利ではあるが参入障壁が少々高い」

という印象が一部で言われているのです。

 

 

Aeternityでは

そんなイーサリアムの問題点を

解決すべく、様々な技術が採用されています。

 

まずは、すべてを

ブロックチェーンで処理しようとすると

負担がかかりスピードが遅くなるので

 

スマートコントラクトを

ブロックチェーン上ではない

オフチェーンで使用できるようにしました。

 

契約や決済の瞬間だけ

ブロックチェーンで記録し、

あとの余計なやり取りは

記録しないようにしています。

 

これによりブロックチェーンの負担が減り、

処理速度を維持できるようになります。

 

 

そしてもう1つの特徴が

承認アルゴリズムにあります。

 

ビットコインなどの「Proof of Work」

イーサリアムなどの「Proof of Stake」

この2つのアルゴリズムを組み合わせた

「Cuckoo Cycle」を採用しています。

 

これまでPoWなどのしくみは

ハイスペックなパソコンがないと

マイニング作業しづらい状況でした。

 

マイニング作業の負担が増えれば

その分手数料が増えてしまいますから

だんだんコストがかさんでいき

使いづらい通貨になっていく可能性がありました。

 

それを解決すべくPoSができたものの、

今度は「持っているだけで得する」状態になり、

通貨本来の流動性が失われていました。

 

そこで、

速くて負担も軽いアルゴリズムが

開発され、採用されたのです。

 

これにより

電気効率が大幅に改善され、

スマートフォンでも

簡単にマイニングができるようになっています。

 

パソコンを持っていない人でも

気軽に利用できるということですから

より利用者も増え、利用価値が上がっていくと

期待されているのです。

  

 

インフラ系通貨は実装化が勝負所

 

 

こうしたブロックチェーン技術を応用した

アプリケーションプラットフォームを

目指すプロジェクトは数多く存在しています。

 

Aeternityを含むこれらの通貨は、

「インフラ系」や

今年注目の「DApps系」

と呼ばれ、しのぎを削っています。

 

これらの通貨で共通するポイントは

「今後どのように実装されていくか?」

です。

 

革新的なテクノロジーが

実社会にどう役立てられていくかが

勝負の分かれ目になってくるということです。


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す