暗号通貨同士のアクセスを良好に!複雑化した暗号通貨の橋渡し役「Aion(AION)」

Aion(AION)が堅めに伸びてきています。

「CryptoCompare」や「Blockfolio」などの

暗号通貨サービスで取り扱われるようになり

着々とユーザーと利用価値を上げています。

 

「CryptoCompare」は情報サイト。

「Blockfolio」は資産管理サービスです。

 

お金は使われてこそ意味があるものです。

様々なサービスに実用化されることは

1つのステータスにもなっていきます。

 

複雑化した暗号通貨市場を整理するプロジェクト

 

暗号通貨市場は急速に普及しており、

世界規模で注目される市場です。

 

しかし、

暗号通貨のプロジェクトが増え続けた影響で

トレードや取引に関して

収拾がつかなくなっています。

 

どれがどのようなプロジェクトなのか

初心者には覚えきれませんし、

怪しいものや脆弱なものも乱立していますから

参入しにくい状況になっています。

 

Aionではこうした問題を解消し、

気軽にトレードや取引ができるよう、

ブロックチェーン同士をつなげる役目を

果たそうとしています。

 

 

 

大きな特徴は

Aion-1という独自のシステムです。

 

秘匿性を保ちながら

他のブロックチェーン上に

情報を移動できるようになっており、

ブロック間の通信がスムーズになります。

 

また、仮に1つのブロックチェーンが

負担が大きくなりすぎた際には

複数のブロックチェーンに渡ることで

送金づまりや高い手数料を抑止できます。

 

複数のブロックチェーンに分けて

情報を保管できるようになるので

これまで以上に大量のデータを

ストックできるようになります。

 

このシステムによって

異なる暗号通貨同士でも

簡単に取引可能になります。

 

これまでだと

気軽に暗号通貨の取引を行うには

暗号通貨の取引所を利用する必要がありました。

 

しかも取り扱っていない銘柄に関しては

他の取引所などを経由する必要があり

手間もコストもかかってしまっていました。

 

これがAionを中心として

暗号通貨同士で直接交流できるようになれば

知名度の低い草コインや新規参入したばかりのコインでも

すぐに取引できるようになります。

    

 

暗号通貨同士のアクセスを改善するしくみ

 

 

乱立する暗号通貨同士に

交通網を敷いているイメージです。

 

交通網が整えば、交通量が増えます。

中継となるそれぞれの暗号通貨には

これまで以上にお金が落ちるようになり

技術開発やマーケティングなどに充てることができます。

 

暗号通貨市場全体の

さらなる発展に貢献できる

プロジェクトということです。

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です