暗号通貨「BigCoin」とは?格安航空会社エアアジアが発行!

 

こんにちは、阿部です。

 

ICOを実施したり、暗号通貨を発行する企業は多いとはいえ、

名の通っている大企業によるものとなるとめずらしい――。

そんなイメージがこれまでICOにはありましたよね。

 

しかし最近では、世界的企業や、大手企業についても

積極的にICOや暗号通貨を利用する傾向にあります。

 

先日、格安航空会社の「エアアジア(AirAsia)」が

暗号通貨「BigCoin」を発行することが明らかとなりました。

同社は暗号通貨に積極的な姿勢を見せているとのことで、

ICOの可能性についても期待されています。

 

BigCoinという暗号通貨にはどういった特徴があるのか、

そもそもエアアジアとはどういう企業なのか、

といった気になる点をご紹介していきますね。

 

航空会社「エアアジア」とは?

 

あなたは、飛行機に乗る機会がどれくらいありますか?

頻繁に利用される方なら、もうご存じかもしれませんね。

 

エアアジアは、日本国内でも多く見ることができる

おなじみの格安航空会社(LCC)です。

羽田空港、関西国際空港、成田空港、新千歳空港などから

アジアを中心として世界中へ飛んでいます。

 

今後、中国、カンボジア、ベトナムへの参入を計画しており、

今もっとも勢いのある航空会社の1つでもあります。

BigCoinが注目されるのは、

こうした力のある企業による発行であることも理由の1つです。

 

エアアジアが発行する「BigCoin」とは?

 

そんなエアアジアが発行する「BigCoin」とは

いったいどのような暗号通貨なのでしょうか?

 

まず1つ目の特徴は、

「貯めたマイルをBigCoinに替えることが可能なこと」

 

マイルとは、飛行機に乗ることで貯まる

ポイント」のようなものですね。

通常であれば、貯まったマイルは

航空会社ごとに決められたルールで利用可能です。

 

エアアジアでは、マイルをBigCoinに替えられるので、

マイルが使える場所すべてでBigCoinが利用可能ということに。

その分、イメージがしやすくてよさそうですね。

 

BigCoinはどのように使える?

 

たとえば、BigCoinの代表的な使い道として

  • エアアジアの乗車券(チケット)の値段をBigCoin換算で確認できる
  • 機内食のアップグレードをBigCoinでおこなうことが可能
  • 席のアップグレードをBigCoinでできる

といったことがあります。

 

後者2つについては、

3ヶ月から6ヶ月をめどに実現できるようにするとしています。

 

個人的には

現在公表されている「BigCoinの使い道」は

現時点では限定的だというイメージを持っています。

 

ただし暗号通貨は開発を進めていくにしたがって

よりよいものに、より便利なものに仕上がっていく

ケースが多いため、

今後の用途拡大を期待しましょう。

 

エアアジアが暗号通貨を発行する狙いは?

 

なぜ航空会社であるエアアジアは

暗号通貨を発行するのでしょうか?

その狙いはどこにあるのでしょうか?

 

実は、航空会社や空港などを運営する企業の

暗号通貨参入は世界的に見られるようになっています。

 

これらの企業に共通しているのは

外国人をターゲットとしていること。

当然、航空会社は空港には外国人が多くいます。

 

そして外国人は、それぞれ利用している通貨がバラバラです。

日本人なら日本円、中国人なら人民元、アメリカ人なら米ドルなど…。

 

そのため、エアアジアで

「BigCoin」という共通の通貨があることは

顧客の便利さを向上させるとともに

売り上げアップにもつながるということでしょう。

 

日本では、外国人の利用が多いビックカメラで

ビットコイン決済が定着しました。

外国人×暗号通貨」の市場は

国内でも盛り上がっていくと考えられます。

 

投資家としても、丁寧にリサーチしていきましょう!

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す