「午前9時」を制する者は相場を制す!?ビットコイン節目の時間帯【2018年10月13日】

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースをピックアップしてご紹介していきます。

まずは本日の相場から確認していきましょう!

今日の相場は?→横ばい!

今日はビットコインは横ばいですね。

昨日は上昇の予想でしたが、現在は69万8千円付近を中心としてレンジ相場を形成しています。

時価総額トップ10通貨では、昨日の下落のリバウンドもあり、多くの通貨で数パーセント上昇しています。

こちらは時価総額トップ100の急上昇ランキングです。

ここ24時間でDigitex Futures (DGTX)が約30%の高騰

DGTXは、手数料が無料の先物取引所のプロジェクトで使われるトークン。

公式ツイッターでは、「先物取引所はすぐスタートする」とアナウンスされており、期待感が高まっています。

さて、それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう。

①「午前9時」を制する者は相場を制す!?ビットコイン節目の時間帯

ビットコイン価格はここ半年、6000ドル(65万円)が底値の節目。

このような「価格帯」の節目は投資家の間で強く意識されています。

一方で、「時間帯」の節目を強く意識する投資家は多くありません

上記ツイートの『ビットコイン価格推移で見えてきた「AM9:00」の注目度、アルトコインにプラスの動きも』では、午前9時が価格帯の節目として重要だと解説

その理由として、

  • ローソク足の日足確定が午前9時であること
  • 株式市場の前場の寄り付きが午前9時であること

といった要因があるとしています。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

僕は、チャートを見るときに「節目」を意識しています。

6000ドル、7000ドル、8000ドル・・・日本からの取引が盛んな仮想通貨では、40円、50円、60円・・・といった節目が買い手と売り手の攻防になりやすいです。

サポートライン、レジスタンスラインも節目ですし、移動平均線を上抜けた、下抜けた、というのも節目

そして、上記ツイート記事では「午前9時」という価格帯の節目を指摘しています。

なぜ節目が重要かというと、「多くの投資家が意識している」から。

あまりつかみどころのない相場でも、「節目」を意識すると見えてくるものがあるので、皆さんも意識してみてください!

②韓国最大級の取引所「Bithumb」396億円で買収される

韓国最大級の仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)が、シンガポールのブロックチェーン投資ファンドBK Global社に約396億円で買収されたことが分かりました。

2018年2月時点で、Bithumbは990億円と査定されていましたが、その半分にも満たない価格での買収となりました。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

Bithumbがリリースする予定の「Bithumb DEX」という分散取引所をご存じでしょうか。

分散型取引所とは、特定の管理者が存在しない取引所のことで、「取引所のセキュリティが非常に強固」というメリットがあります。

Bithumbは規模が大きく、韓国での仮想通貨市場の拡大にとって重要な取引所ですが、一方で、以前ハッキングされたことで、安全性に不安が持たれています

そこで、同取引所からの分散型取引所のリリースが待たれていました。

今回の買収においても分散型取引所リリースの予定に変更はないとのことで、一安心です。

③TRON(トロン)CEO「数百億ドル(数兆円)の大手と提携した」

仮想通貨TRONから重大な発表が行われました。

TRONのジャスティン・サンCEOは12日、「時価総額が数百億ドル(数兆円)の大手企業」との提携を明らかとしました

同CEOは以下のようにツイートしています。

「ついに時価総額数百億ドルの業界大手と提携を結ぶ瞬間がやってきた。企業名を当ててみて。」

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

これを受けてツイッター界隈では大変盛り上がっており、「アリババ」「ディズニー?」などと、様々な憶測が飛び交っています

この発表で、TRONに飛びついた投資家も多いでしょう。

ですが、提携の詳細な内容や企業名が分からないので、まだ何ともいえないですね。

TRONにとって、どの程度の有益性がある提携なのか、情報が出るまでしばらく待ってからエントリーを検討したいところです!

④【注目コイン】CardanoADA(カルダノ・エイダ)が高騰する!?

アメリカ大手取引所コインベースは11日、取り扱い通貨に0X(ZRX)を追加しました。

その影響で、ZRX価格はポジティブに反応

さらに、Basic Attention Token(BAT)はまだ上場を果たしてはいないものの、リーク情報が流れ、その影響で上昇

0.15ドル→1.18ドル付近まで高騰

この流れから、次に「CardanoADA」(カルダノ・エイダ)が強く上昇する可能性があります。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

「CardanoADA」(カルダノ・エイダ)は、テクニカル的には、買いサイン「逆三尊」を描こうとしています。

Coinbaseへの上場も間近と考えられ、実現すれば、値上がりは濃厚

ファンダメンタルズ的にもCoinbase上場の材料、テクニカル的にも逆三尊を形成、とポジティブ材料が効いています。

頑張れADA!!

日本人ホルダー多いので、応援すると良いかと^^

明日のビットコイン相場

RSIやボリンジャーバンドを見ると、かなり売られすぎの水準にあるにも関わらず、依然横ばいで推移していると言う事は、短期的に下落からの反発を取りたい投資家と、今後の下落を見越して売り逃げたい投資家が拮抗している状態と見て取れます。

ですが、上昇の優位性はあまりありません。

9月6日の暴落時と10月11日の暴落を比較すると2月から続くレジスタンスラインがすぐ上に控えている分、前回よりも上昇の余地は3分の1程度しかありません。

1万程度の弱い反発はあるかもしれませんが上値が限定的な分、下落の方が優位でしょう。

そして現在出来高も減少傾向にあります。

出来高がない状態では上昇するためのパワーもありません。

ですので明日は下落の予想です。

RSI
一般的なテクニカル指標の一つ。50を中心として0~100の間で、今の相場が「買われすぎなのか」「売られすぎなのか」を数値化した指標。一般的に70以上で買われすぎ、30以下で売られすぎと判断されている。

本日のまとめ

  • ①「午前9時」を制する者は相場を制す!?ビットコイン節目の時間帯
  • ②韓国最大級の取引所「Bithumb」396億円で買収される
  • ③TRON(トロン)CEO「数百億ドル(数兆円)の大手と提携した」
  • ④【注目コイン】CardanoADA(カルダノ・エイダ)が高騰する!?」
  • ⑤明日はビットコイン下落!

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す