本当に良い商品を安心して購入できる!食料品・医薬品の透明性を確保する「Ambrosus(AMB)」

こんにちは、阿部です。

 

 

Ambrosus(AMB)が

先日カナダで行われたカンファレンスの模様を

記事に公開していますね。

 

Ambrosusの特徴や展望を

まとめた記事にもなっており、

多くのユーザーの共感を得ています。

 

ロゴだけ見ると

怪しい印象もありますが

むしろ日本人にとっては

馴染みやすいプロジェクトです。

 

日本人が特に敏感なテーマを

劇的に解決しようとしています。

  

「本当に安全な食料品」を消費者に届けるシステム

  

「完全無農薬」「国産」「産地直送」

普段何気なく、こういったワードに惹かれて

食料品を手に取ることが多いと思います。

 

美味しくて、安全なものを

口にしたいという気持ちは

多くの日本人が抱いていることです。

 

しかし、

 

本当にそれが無農薬かどうかは

消費者には確認する術がありません。

 

「本当にこれが安全なのか?」

 

知ることもできないまま

食卓に出していることが多いのです。

 

実際過去にも

食料品メーカーやホテルなどが

産地偽装や品質偽装を繰り返していたことが

発覚しています。

 

地鶏といって違っていたり

鮮魚と謳って冷凍ものだったり

やわらかビーフに牛脂が注入されていたりと、

消費者が気づきにくい偽装も頻発。

 

まだバレていないところも含めれば

計り知れない規模になっているでしょう。

 

 

こうした食料品の不安や問題を

解決しようとしているのが

Ambrosusです。

 

Ambrosusでは、

食料品を追跡するセンサーシステムを

開発しています。

 

食料品1つ1つに番号をつけて

食料品やその周辺情報を

リアルタイムで監視できるようにします。

 

こうすることで、

産地偽装や賞味期限の改ざんなどを

防ぐことができますし、

消費者は食料品の正確な情報を

入手できるようになります。

 

 

また、食料品に関しては、

「生産者から消費者に届くまでが長すぎる」

ことも大きな問題になっています。

 

生産者→農協→卸売→小売→消費者

 

このように中間業者が多数あるので

届くまでに多くのコストが上乗せされます。

 

業者を挟めばその分

どこかで不正が発生する可能性も高まりますから

効率的でもなければ

透明性にも欠ける状態になっています。

 

これをブロックチェーン技術で

仲介業者を挟まずに

生産者が直接消費者に提供できるようにすることで

無駄な仲介料を支払わずに済みます。

 

農家にとっては収益が増えることになり

より良いものを多く生産できるようになりますし

消費者にとっても、生産者を選んで買えるので

安く、安全に食料品を得ることができます。

 

飲食店にとっても

偽装されていると知らずに

食料品を提供してしまうことも防げますし

食中毒などの危険も回避できます。

 

非常に多くの人に恩恵をもたらす

魅力的なプロジェクトです。

   

 

全員にメリットがあるプロジェクト

  

 

Ambrosusは食料品だけでなく

医薬品にも同様の解決策を提供しています。

僕たちの健康に直接影響するものの

安全性を確保しようとしているのです。

 

食料品であれば生産者、

医薬品なら研究者などに

収益が多く入るようになる仕組みは

品質向上だけでなく、

新たな雇用を生み出すことにもなるでしょう。

 

ブロックチェーン技術が

農業の深刻な人手不足も

解決できるかもしれません。

 

今後の展開に期待しましょう。

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です