アリババ傘下企業がブロックチェーン開発を加速!ビジネスの「柱」に

 

こんにちは、阿部です。

 

昨今ではさまざまな企業が

ブロックチェーン技術

自社ビジネスに取り入れています。

 

暗号通貨の投資家としては

こうした流れをしっかりと

リサーチしておく必要が

あります。

 

なぜなら、暗号通貨の多くは

ブロックチェーンを土台として

成り立っているからです。

 

ブロックチェーンと暗号通貨は

イコールの関係ではありませんが、

両者は切っても切れない関係性です。

 

このように、

世界的に広がりを見せている

大手企業の暗号通貨開発

ブロックチェーン開発ですが、

今回ご紹介したいのは

中国の超有名企業「アリババ

の傘下「Ant Financial社

のブロックチェーン事例です。

 

あのアリババが

ブロックチェーン開発?!

と驚かれるかもしれませんね。

 

アリババ傘下企業の新たな

ブロックチェーン開発のニュースを

詳しくみてみましょう。

 

Ant Financial社 ブロックチェーン開発を「柱」に

 

アリババの傘下企業である

Ant Financial社から

ブロックチェーン技術を

ビジネスの中心とする

大胆な方針が発表されました。

 

同社のブロックチェーン部門

Zhang Hui氏は

  • ブロックチェーン技術
  • AI
  • セキュリティ
  • IoT
  • 演算機能

といった分野が同社の

ビジネスの中心になると説明。

ブロックチェーン技術を

重視する姿勢を強調しました。

 

暗号通貨業界や

ブロックチェーン分野は、

知名度の高さの一方

「実用性が見えにくい」

と言われることもあります。

 

こうした誤解が解かれるためにも

アリババ傘下企業の

ブロックチェーン重視姿勢は、

世間へのアピールともなります。

 

今後のさらなる展開に

期待したいところですね。

 

アリババとは?あの「アリペイ」運営企業を傘下に収める

アリペイ

中国で知らない人はいないであろう

超有名電子決済サービスです。

 

日本の現金主義とは対照に

中国は電子決済の比率が

極めて高くなっています。

 

インターネット通販はもちろん、

個人商店の店舗などでも

スマホアプリで支払いが

当たり前のように行われています。

 

そのスマホアプリ決済において、

中国でNo.1のシェアを誇るのが

アリババ傘下の「アリペイ」です。

 

Ant Financial社は

アリババの子会社ではありますが、

技術開発に優れる企業として

重要な役割を担っています。

 

(※たとえば2018年6月

ブロックチェーンを利用した

香港 ⇔ フィリピン間の

国際送金に成功したことが

ニュースになりました。

これもAnt Financial社によるものです)

 

同社のブロックチェーン開発は、

暗号通貨市場にとっても

無視できないニュースと

いえるでしょう。

 

ブロックチェーン開発の影響は?

 

アリババ傘下企業の

Ant Financial社による

ブロックチェーン開発。

 

暗号通貨を保有する

投資家である僕たちにとって

これにはどのような

意味があるでしょうか?

 

暗号通貨とブロックチェーンは

厳密には異なるものですが、

世間ではほとんど同一の

ものとして理解されてしまう

ケースも多くあります。

 

Ant Financial社のような

最先端のフィンテック企業により

ブロックチェーンが

開発されることで、

ブロックチェーンの実用性は

日を追うごとに

高まっていくことでしょう

 

結果として同分野の

「暗号通貨」の

可能性の高さにも、

目が向けられるようになる

僕は期待しています。

 

Ant Financial社の「閉じられたブロックチェーン」

 

Ant Financial社は

暗号通貨のように

開かれたブロックチェーン

ではなく、

企業内などで利用される

閉じられたブロックチェーン

の開発を進めています。

 

暗号通貨の

開かれたブロックチェーンは

「非中央集権的」

(明確な管理主体が不在)

という特徴があり、

一方のAnt Financial社のような

企業に開発される

閉じられたブロックチェーンは

「中央集権的」

(管理者が存在する)

という性質のものです。

 

そのため実は、

同じブロックチェーンでありながら

Ant Financial社では

若干異なったブロックチェーンが

開発されているのですね。

 

しかし世界でさまざまな

ブロックチェーンが競争し合い、

技術を高めていくことで、

ブロックチェーンや

暗号通貨全体の競争力も

高まっていくことになるでしょう。

 

そういう意味では

暗号通貨の投資家としても

Ant Financial社のような

ブロックチェーン開発企業は

応援していきたいところですね!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です