仮想通貨トレード|移動平均線(EMA/SMA)とは?見方・使い方を徹底解説!

こんにちは、阿部悠人です。

今回は、最もポピュラーなテクニカル分析指標である「移動平均線」について解説していきます。

移動平均線とは?

移動平均線とは「価格推移を平均化した線」です。

例えば5日移動平均線であれば過去5日間の終値の平均値を繋ぎ合わせた線、と言う事になります。

このように、一定期間の終値の平均値を毎日繋ぎ合わせた線が移動平均線なのです。

移動平均線の種類

移動平均線にはいくつか種類があります。

代表的な移動平均線は「単純移動平均線(SMA)」「指数平滑移動平均線(EMA)」です。

それぞれ特徴について見ていきましょう。

単純移動平均線(SMA)

こちらは一般的な移動平均線です。

MA(Moving Average)もしくはSMA(Simple Moving Average)と表記されます。

名前の通り単純に数日間の終値の平均値を繋ぎ合わせた移動平均線になります

特徴としては、直近の値動きも、過去の値動きも同じ価値のあるものとして計算しいると言う事です。

未来は値動きに対する影響が大きいのは、過去の値動きよりも直近の値動きなのですが、それを同じ価値のあるものとして計算しているのが単純移動平均線になります。

そのため価格変動に対する反応が遅いというデメリットがあります。

指数平滑移動平均線(EMA)

続いては指数平滑移動平均線です。

指数平滑移動平均線はEMA(Exponential Moving Average)と表記されます。

特徴は、直近の価格を重要視しながら過去全ての値動きを移動平均線の値に織り込んでいると言う事です。

ですので、比較的バランスが良く、尚且つ価格変動に対する反応が早いというメリットがあります。

ですので使用する際は、こちらの指数平滑移動平均線がお勧めです。

活用法

それでは移動平均線の具体的な使い方についてご紹介します。

シンプルなテクニカル指標な分、応用性も高いのが移動平均線の特徴です。

①トレンドの判断に使う

一つが「トレンドの判断に使う」です。

今が上昇トレンドなのか下落トレンドなのかを、移動平均線を使えば判断することができます。

具体的には、ローソク足が移動平均線の上にあれば上昇トレンド、逆にローソク足が移動平均線の下にあれば下落トレンドと判断するのです。

例えば1日足などでローソク足が移動平均線を超えてくれば、上昇トレンドに転換したと見る事が出来ます。

これには過去の値動きを見ながら移動平均線の最適な設定値を探っていく必要があります。

移動平均線をローソク足が超えた時に上昇が続く設定値を導き出すことで、今後ローソク足が移動平均線を超えたタイミングで、長期的に上昇が続いていくと判断することができるのです。

この方法は短期の時間足よりも長期の時間足でトレンドを判断する際に有効です。

②売買ポイントの判断に使う

移動平均線は売買ポイントを探る指標として使う事も出来ます。

具体的には「短期線」「長期線」という時間足の異なる移動平均線を2本う方法です。

例えば短期線は25日移動平均線、長期線は50日移動平均線といった具合です。

これでどう売買ポイントは判断するのかというと、

「短期線が長期線を下から上に突き抜けたら買い」、そして

「短期線が長期線を上から下に突き抜けたら売り」、といった方法になります。

これは一般的に「ゴールデンクロス」「デッドクロス」と呼ばれたりもします。

短期線が長期線を下から上に突き抜けたと言う事は、段々と相場が上昇傾向に転じていっていると考えることができます。

すなわち、そこで買いを入れることで上昇の流れに乗ることができるわけです。

逆に短期線が長期線を上から下に突き抜けると言う事は、相場が下落傾向にあると言う事なので、そこで売りを入れる必要があります。

この方法は単純で分かりやすいですが、比較的有効な判断方法になるので是非覚えておいてください。

③買われすぎ、売られすぎの判断に使う

最後の活用方法は「買われすぎ、売られすぎの判断に使う」です。

そもそも移動平均線とは「価格の推移を平均化した線」なので、移動平均線から離れれば離れるほど平均から乖離していると言う事になります。

つまり、移動平均線から上に離れるほど買われすぎな傾向にあり、逆に下に離れれば離れるほど売られすぎの傾向にあると言う事です。

これを「移動平均乖離率」と呼んだりもします。

なので、皆さんが売買する際は現在の相場が移動平均線からどれだけ離れているかを確認するようにしてください。

そうすれば買われすぎのポイントで買ってしまったり、売られすぎのポイントで売る事が無くなるでしょう。

表示のさせ方

BINANCEの場合はチャートの上にある「indicators」をクリックした後に「MA」もしくは「EMA」をクリックすると表示されます。

単純移動平均線はこのように「MA」であったり「SMA」と表記されていることが多いです。

他の取引所でも同じような操作で表示できるかと思いますので、ぜひ試してみてください。

終わりに

いかがでしたでしょうか。

移動平均線はポピュラーなテクニカル指標ですが、多くの情報を私たちに教えてくれます。

今後は移動平均線を日々のトレードの参考にしてにしてみてください。


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

Leave a Reply