中国で急成長中の取引所が発行!取引手数料がさらに安くなる「BiboxToken(BIX)」

こんにちは、阿部です。

 

 

今日はBiboxToken(BIX)が好調です。

 

自身の取引所Biboxに

RedToken(RED)とInsightsNetwork(INSTAR)が

連日上場したことで

押し上げられた形になっています。

 

取引所から生まれた通貨は

いくつかあるので、

それらとも比較しながら

紹介していきましょう。

 

 

急成長中の取引所Bibox発行のトークン

  

 

BiboxTokenは、

中国の暗号通貨取引所Biboxの

独自トークンです。

 

同じように取引所から生まれたものでは

BinanceCoin(BNB)やKucoinShares(KCS)が

有名で、各メディアでもこれらと

よく比較されています。

 

 

日本での知名度だと

Kucoinの方が高い印象がありますが

実は取引量はすでにKucoinを超えています。

 

24時間の取引高も

今日の時点でBiboxが15位

Kucoinが38位になっていますので

勢いがあることがわかりますよね。

 

取り扱う種類の数は

Binanceには及びませんが、

Biboxでしか扱っていないアルトコインがある

というのも大きな差別化ポイントです。

 

それにBiboxは

日本人ホルダーがまだ少ないですから

上昇の余地を大きく残しています。

 

 

また、取引所が発行する通貨は、

取引所の成長にあわせて

価値が上がりやすいという特徴があります。

 

取引所の運営状況や信用性が

通貨の価値にも影響を与えるので

比較的動向を追いやすいです。

 

BinanceCoinでは実際に

取引所の登録者数が増加し、

取引高が伸びていくにつれて

価格を上げていきましたから、

 

 

BiboxTokenについても

取引所Biboxの人気や取引高が上がれば

価値も上がっていくのでは、

と期待されているのです。

 

BNBやKNCは

取引所で利用可能なポイント

のようになっており、

BiboxTokenも同様の特徴を持っています。

 

取引所Biboxの取引手数料を

BiboxTokenで支払う設定をしておくことで

通常0.1%の手数料を0.05%に抑えることが可能です。

 

手数料半額ってことですから

大きな額になればなるほど

この差の大きさを実感できます。

 

      

 

急成長は良いことばかりではない

  

 

課題になっているのは

BiboxTokenよりも

取引所Biboxの方です。

 

開設してまだ新しく

それでいて急成長を遂げているせいか

企業側が勢いに追いつけていない印象があります。

 

 

以前には長時間に及ぶ

サーバーダウンが発生したこともあり

GOXリスクが0ではないのが不安材料です。

 

取引所の急成長に関しては

良いことばかりではないということですね。

 

そのためBiboxTokenも

期待はできますが

少々危なっかしい印象です。

 

 

とはいえ

資産を取引所に残しておかないようにするなど

しっかりと対応することで

リスク回避できます。

 

自己管理・自己責任を徹底して

運用していくようにしましょう。


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

Twitterで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です