海外取引所を使う危険はない?バイナンスは半年で330億円の収益

 

こんにちは、阿部です。

 

「海外取引所って何だか不安」

「突然、倒産したりしないよね?」

 

日本の取引所

ではないだけに、

こうした不安を

感じることの多い

海外の取引所。

 

日本人が利用しても、

資産を失うなどの

危険はないのでしょうか?

 

バイナンスCEOの

Changpeng Zhao氏は、

2018年前期(6ヶ月間)の

収益が3億ドル(約330億円)

であることを明らかとしました。

 

簡単にいえば

「儲かって儲かって仕方がない」

という状態。

 

暗号通貨ブームが

去ったかのように

感じる昨今でも、

取引所はしっかりと

利益を出して運営を続けています

 

これは多額の資産を

取引所に預けることになる

投資家としても

安心材料ではないでしょうか?

 

2018年、バイナンス収益は550~1100億円の見込み

 

ブルームバーグの

インタビューによると、

バイナンスSEOの

Changpeng Zhao氏は、

  • 2018年前期の収益は3億ドル(約330億円)
  • 2018年の1年間の収益は550~1100億円となる見通し

などの収益額を公表。

 

バイナンスは日本人に

人気がある取引所として

知られていますが、

世界的な取引量も

トップクラスです。

 

同じくブルームバーグが

まとめた資料によると、

バイナンスは、世界で

もっとも収益を上げている

取引量であるとのこと

howmuch.net

日本の取引所も

頑張ってはいますが、

やはり海外取引所は

ケタ違いの規模を

誇っていますね。

 

取引量は減少するも、「安泰」の取引所も多い

 

上記で、代表的な

取引所の多くが黒字

であることが分かりました。

 

もちろん、だからといって

これらの取引所の

セキュリティが

万全であることや、

倒産しないことが

保証されている

訳ではありませんが、

多くの方が予想しているよりも

経営環境がよいのは確かです。

 

特に現在(2018年7月)では

暗号通貨市場が

落ち込んでおり、

それに伴い取引所の

収益も減少している

と考えられます。

 

しかしその中でも多くの

の取引所が黒字と

なっていること

安心材料の1つ

いえるのではないでしょうか?

 

さて、こうした傾向から、

  • 取引所が倒産する危険性は小さい
  • 取引所はセキュリティ対策に予算を割く余裕がある
  • 取引所コインへの投資が有力と言える

の3つの傾向が

見て取れるのではないか

と思います。

 

それぞれ、詳しくみていきましょう。

 

倒産の危険は小さい

当然のことながら、

収益を上げることに

成功している企業ほど

倒産の危険は小さくなります。

 

特にバイナンスなどは

大きな収益を上げることに

成功しているので、

倒産しても

お金が引き出せなくなる

などの危険性は低いといえます。

 

(仮に倒産しても、

まともな取引所であれば

顧客資産を使い込む

などということは

ありませんので

また別の問題ともいえますが…)

 

セキュリティ対策に予算を割く余裕がある

取引所が十分な

収益を得ている

ということは、

その分、セキュリティ対策にも

予算を割く余裕

あることを意味します。

 

最近、取引所への

ハッキングが相次いでおり

顧客資産が狙われる

ケースが多くなっています。

 

しかし、取引所に

できることがない

わけではありません。

 

予算を割いて、

セキュリティの穴を

なるべく埋めるなどの

対策が可能です。

 

現状、ほとんどの取引所が

十分な収益を確保していることから、

予算を割いてセキュリティを

高める努力をしています。

 

年々、取引所のセキュリティも

向上していくことになるでしょう。

 

取引所コインへの投資が有力と言える

最後に、投資家目線で

考えてみたいと思います。

 

上述のように、

取引所の多くが収益を

十分得ていることがわかりました。

 

特にバイナンスなどは

その傾向が強くあります。

 

ということは

これらの企業が発行する

「取引所系トークン」

の価値も高まることを意味します。

 

投資家はこうしたポイントにも

注目していきたいですね。

 

昨今、暗号通貨市場は

横ばいの推移となっていますが

そうした中でも

取引所の独自トークンが

絶好調の価格推移をしているのは

こうした背景もあるのですね!

 

今回は以上となります。

この記事が、

暗号通貨を理解するための

助けとなれば幸いです!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です