海外取引所を使う危険はない?バイナンスは半年で330億円の収益

こんにちは、阿部です。

「海外取引所って何だか不安」「突然、倒産したりしないよね?」日本の取引所ではないだけに、こうした不安を感じることの多い海外の取引所。

日本人が利用しても、資産を失うなどの危険はないのでしょうか?バイナンスCEOのChangpeng Zhao氏は、2018年前期(6ヶ月間)の収益が3億ドル(約330億円)であることを明らかとしました。

簡単にいえば「儲かって儲かって仕方がない」という状態。

暗号通貨ブームが去ったかのように感じる昨今でも、取引所はしっかりと利益を出して運営を続けています

これは多額の資産を取引所に預けることになる投資家としても安心材料ではないでしょうか?

2018年、バイナンス収益は550~1100億円の見込み

ブルームバーグのインタビューによると、バイナンスSEOのChangpeng Zhao氏は、

  • 2018年前期の収益は3億ドル(約330億円)
  • 2018年の1年間の収益は550~1100億円となる見通し

などの収益額を公表。

バイナンスは日本人に人気がある取引所として知られていますが、世界的な取引量もトップクラスです。

同じくブルームバーグがまとめた資料によると、バイナンスは、世界でもっとも収益を上げている取引量であるとのこと

howmuch.net

日本の取引所も頑張ってはいますが、やはり海外取引所はケタ違いの規模を誇っていますね。

取引量は減少するも、「安泰」の取引所も多い

上記で、代表的な取引所の多くが黒字であることが分かりました。

もちろん、だからといってこれらの取引所のセキュリティが万全であることや、倒産しないことが保証されている訳ではありませんが、多くの方が予想しているよりも経営環境がよいのは確かです。

特に現在(2018年7月)では暗号通貨市場が落ち込んでおり、それに伴い取引所の収益も減少していると考えられます。

しかしその中でも多くのの取引所が黒字となっていることは安心材料の1つといえるのではないでしょうか?さて、こうした傾向から、

  • 取引所が倒産する危険性は小さい
  • 取引所はセキュリティ対策に予算を割く余裕がある
  • 取引所コインへの投資が有力と言える

の3つの傾向が見て取れるのではないかと思います。

それぞれ、詳しくみていきましょう。

倒産の危険は小さい

当然のことながら、収益を上げることに成功している企業ほど倒産の危険は小さくなります。

特にバイナンスなどは大きな収益を上げることに成功しているので、倒産しても「お金が引き出せなくなる」などの危険性は低いといえます。

(仮に倒産しても、まともな取引所であれば顧客資産を使い込むなどということはありませんのでまた別の問題ともいえますが…)

セキュリティ対策に予算を割く余裕がある

取引所が十分な収益を得ているということは、その分、セキュリティ対策にも予算を割く余裕があることを意味します。

最近、取引所へのハッキングが相次いでおり顧客資産が狙われるケースが多くなっています。

しかし、取引所にできることがないわけではありません。

予算を割いて、セキュリティの穴をなるべく埋めるなどの対策が可能です。

現状、ほとんどの取引所が十分な収益を確保していることから、予算を割いてセキュリティを高める努力をしています。

年々、取引所のセキュリティも向上していくことになるでしょう。

取引所コインへの投資が有力と言える

最後に、投資家目線で考えてみたいと思います。

上述のように、取引所の多くが収益を十分得ていることがわかりました。

特にバイナンスなどはその傾向が強くあります。

ということはこれらの企業が発行する「取引所系トークン」の価値も高まることを意味します。

投資家はこうしたポイントにも注目していきたいですね。

昨今、暗号通貨市場は横ばいの推移となっていますがそうした中でも取引所の独自トークンが絶好調の価格推移をしているのはこうした背景もあるのですね!今回は以上となります。

この記事が、暗号通貨を理解するための助けとなれば幸いです!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す