Binanceが「シンガポールドル」ペアの取引開始!?【2018年9月16日】

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースをピックアップしてご紹介していきます。

まずは本日の相場から確認していきましょう!

9月16日の相場は?→横ばい

本日、ビットコインは72万円台で推移していて、ここ24時間での値動きはほぼなし

時価総額トップ10通貨でも、ほとんどの通貨で目立った値動きはありません。

こちらは時価総額トップ100の急上昇ランキングです。

ここ24時間で Aurora (AOA)が約10%の上昇

同通貨は、ゲーム、ビッグデータ、AI、IoTなどの異なる業界をそれぞれブロックチェーンでつなぎ合わせられる仮想通貨ですね。

さて、それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう。

①Binanceが「シンガポールドル」ペアの取引開始!?

仮想通貨取引所Binance(バイナンス)のCEOであるCZ氏は15日、下記のようにツイートしました。

口を滑らせたが、9月18日に、Binanceでシンガポール法定通貨建てによる取引のβ版テストを非公開形式・リアルタイムで実施する。

Binanceはこれまで、仮想通貨/仮想通貨のペアのみに対応しており、法定通貨は取り扱っていませんでした。

同取引所がシンガポールドルとのペアを開始すれば、仮想通貨の追加とは異なり、大きな決断となります。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

前提として、Binanceは本格的なシンガポールドルとのペア導入の前に、「テスト」を挟むとしています。

しかし以前、「2018年中にフィアット(法定通貨)ペアを導入する」とBinanceは明らかにしたことがあり、ほぼ確定といえるのではないでしょうか。

実現すれば、シンガポールドルの流入により、Binanceでの取り扱い通貨が買われやすくなり、これにより価格上昇にも繋がりやすくなることが予測されますね。

口座開設がお済みでない方は、下記からどうぞ!

②「BTC価格は2020年までに2800万円」著名人が予測

ビットコインの価格は、2017年12月にピーク価格220万円を記録した後、現在の水準(70万円前後)まで下落しました。

誰もが弱気派になってしまいそうな下落トレンドですが、仮想通貨業界の著名人の多くは、それとは正反対の強気な姿勢を保ち続けています

たとえば、Skypeやホットメールなどに黎明期から投資し、成功を収めたTim Draper氏は、ビットコインについて

  • 2018年末までに2.5万ドル(約280万円)
  • 2020年までに25万ドル(約2800万円)

に達すると予測しています。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

上記のTim Draper氏は、

「仮想通貨は、今後5〜7年間で、法定通貨をも凌駕する」

「(ビットコインは)インターネットよりも大きなイノベーション」

とその理由を説明。

同氏に限らず多くの優秀な投資家に共通しているのは、大局的に物事を観察できることです。

上げ相場でも、下げ相場でも、仮想通貨に対する基本的な姿勢長期的には値上がりするだろう、など)をしっかりと持っておくと焦ることがありません。

具体的な予測金額はさておき、この姿勢を見習いたいですね!

③日本発コイン「Vipstar」がFCoin関連取引所に上場!

日本発の仮想通貨Vipstar Coin (VIPS)は、公式Twitterにて、FCoin関連取引所「FOne」のJapan Community Trading Zoneへの上場決定を報告しました!

FOneは有名取引所FCoinの「成長市場マーケット」に位置づけられ、Japan Community Trading Zoneはその中の日本国産通貨を中心とした市場です。

以下はVipstarのチャートで、過去3ヶ月で2倍ほど上昇しており好調な値動きとなっています。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

こちらは5チャンネル(旧2チャンネル)を発祥とする仮想通貨ですね。

時価総額は遠く及びませんが、モナコインやNANJコインに近いイメージ

国産コインは規制の影響からあまり元気がないのですが、Vipstar Coinは時価総額も小さく、伸びしろも大きいので注目しましょう!

④サウジアラビア中央銀行など、重要人物がリップル社の会議出席

リップル社が主催する国際会議SWELLに、なんと

  • ブラジルの中央銀行のMARCELO YARED氏
  • サウジアラビア通貨庁のMOHSEN ALZAHRANI氏
  • カナダ決済協会のJUSTIN FERRABEE氏

といった超大物らの出席が明らかとなっています。

すべて各国の中央銀行に関連する人物となっており、何らかの動きがあるかもしれません。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

リップル社のXRPは銀行間の国際送金を用途とした仮想通貨なので、中央銀行との間に何らかの決定があれば、価格の上昇に直結する可能性があります

どのような目的でのカンファ参加なのか、などの詳細は明らかになっていませんが、ビッグニュースであることは確かです!

9月16日のまとめ

  • ①Binanceが「シンガポールドル」ペアの取引開始!?
  • ②「BTC価格は2020年までに2800万円」著名人が予測
  • ③日本発コイン「Vipstar」がFCoin関連取引所に上場!
  • ④サウジアラビア中央銀行など、重要人物がリップル社の会議出席

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す