第2のbitFlyer?bitbankが取引量1位|強みはどこに?

 

こんにちは、阿部です。

 

今回は、最近成長している

取引所bitbank(ビットバンク)

についてご紹介します。

 

以前まで国内の取引所は、

bitFlyer、coincheck、Zaif

が3強とされ、

bitbankは目立たない取引所でした。

 

しかし2018年6月現在、

coincheckはネム流出事件から

完全に回復していませんし、

絶対的王者bitFlyerも、

金融庁からの業務改善命令を受けて

自主的に新規顧客の

受け入れを停止しています。

(2018年6月29日現在)

 

このように国内の

主要な取引所が失速している中、

bitbankの躍進が

目立つようになってきました。

 

いまではbitbankは、

海外取引所を含む取引量で20位前後、

国内では1位の取引量

記録するシーンも

みられるようになっています。

 

リップル(XRP)

取引量に限定すると、

bitbankはもはや

断トツの世界1位の取引所

となっているのです。

 

そんなbitbankの魅力とは、

いったいどんなところにあるのか。

いくつかの要因について解説します。

 

国内の取引所が次々と業務改善命令

 

2018年6月月現在、

市場が下落基調となっていますが、

その要因の1つに相次ぐ取引所への

業務改善命令」が挙げられます。

 

業務改善命令は

金融庁から出される、

取引所への警告・命令です。

  1. bitFlyer
  2. Zaif
  3. BTCボックス
  4. bitbank
  5. QUOINE
  6. BITPoint

つい先日も、

これら6つの取引所に

業務改善命令が出されました。

 

このような状況を見ると、

日本の取引所は危険なのか?

と考えてしまいますが、

一概にそうとはいえません。

 

やはり日本の規制は

世界的に見ても厳しめなのです。

とはいえ多くの投資家は悲観的で、

日本の暗号通貨取引が

よりいっそう冷え込んでしまう

可能性はあります。

 

こうした中、存在感を

ジワジワと強めているのがbitbankです。

 

bitbankのメリットと特徴3つ

 

bitbankには

どのようなメリットがあるのでしょうか?

なぜ最近、人気が

高まっているのでしょうか?

 

bitbank躍進の要因を

いくつかご紹介します。

 

基本をしっかり抑えた取り扱い通貨(6種類)

bitbankでは以下の通貨に対応しています。

  1. Bitcoin
  2. Bitcoin Cash
  3. Litecoin
  4. XRP
  5. Monacoin
  6. Ethereum

このように基本通貨が

そろっており、不便がありません。

 

このためメインの取引所としても

bitbankは使えますし、

不足があれば海外取引所を

併用していくことになりますので、

国内の取引所に

過剰なラインナップ必要ありません。

 

特にXRPの取引量は

世界でも断トツ1位となっています。

またアルトコインはすべて「板取引」です。

細かなところですが、本格的な仕様です。

 

取引手数料が「完全無料」

bitbankはすべての通貨ペアの

取引手数料が無料です。

  • BTC/JPY
  • XRP/JPY
  • LTC/BTC
  • ETH/BTC
  • MONA/JPY
  • MONA/BTC
  • BCC/JPY
  • BCC/BTC

取り扱い通貨6種類+日本円

を組み合わせた

上記8通貨ペアが取引できます。

 

ただし、XRPやBitcoinといった

取引量が多い通貨ペア以外では

スプレッド(手数料)は広めな印象ですので、

スプレッドが狭めで

手数料有料のbitFlyeと比較し、

コスト面で大きなメリットが

あるかというと難しいところです。

 

最高水準のセキュリティ

bitbankは、

セキュリティに優れた取引所です。

  • 盗まれやすいホットウォレットではなく、コールドウォレットで保管
  • マルチシグ方式での管理

という暗号通貨管理の

基本をしっかりと抑えています。

 

いきなり来る!?取引停止のリスクに備えよう

 

今回は、bitFlyerの

新規顧客の受け入れ停止

とともに注目が集まっている、

bitbankについてご紹介しました。

 

最近は金融庁の動向も読みにくく、

日本人投資家の

環境が悪くなってきていますね。

 

投資家は万が一の際に備えて

「予備の取引所」の確保も忘れずに。

bitbankの申込はこちらから(無料)

今回は、以上となります!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です