bitbankのレンディング「仮想通貨を貸して増やす」で年5%運用?

 

こんにちは、阿部です。

「暗号通貨をこれから長期的に買ってみたいが、確実にリターンを得る方法はない?」

こんな風に悩んではいないでしょうか?

 

「そんなおいしい手法はありません」

とお答えしたいところなのですが、実はあったりするのです。

それが、暗号通貨の「レンディング」。

 

bitbankのレンディングサービスを活用すれば

取引所に暗号通貨を置いておくだけで、

年利最大5%のリターンを受け取ることができます。

その詳細について見ていきましょう。

 

レンディングに向いているトレーダー

 

レンディングとは簡単にいえば、

暗号通貨を貸す代わりとして利息を受け取る」というものです。

 

bitbankの場合、受け取れるのは年利3~5%。

この決して小さくはないリターンを、ほぼノーリスクで得られるのですから

オイシイ投資方法といってよいでしょう。

(「ほぼ」というのは、

レンディングの運営会社が倒産するリスクも0ではないからです)

 

「いいじゃないか、自分もやろう!」と思われた方も、

まずは注意点をよく理解してから始めましょう。

第1に、年利で得られる最大5%の利息は、

「円」ベースではなく「暗号通貨」ベースです。

 

つまり、1BTC→1.05BTCという結果は保証されていますが、

100万円→105万円になることは誰も保証してくれません。

(暗号通貨そのものが値下がりした場合、損をするケースもあります)

 

このことから、レンディングは長期投資(いわゆるガチホ)と

相性がよいことが直感的におわかりになるでしょう。

どれほど値下がりしようとも1年以上保有すると決めている暗号通貨

をレンディングすれば、事実上、

何も犠牲にすることなく年利最大5%を得られるようなものだからです。

 

万人にとって必ずしもリターンを得る方法として最適ではありませんが、

長期投資トレーダーなど、向いている人はやらないともったいない。

Bitbankのレンディングはそんなサービスといえるでしょう。

 

Bitbankの「貸して増やす」レンディングの詳細

 

bitbankのサービス「仮想通貨を貸して増やす

(要するにレンディングのこと)の詳細をみていきましょう。

特に注目したいのは、以下のポイント。

  • 年利3~5%を受け取れる
  • 2018年4月~スタート
  • ビットコインのみ対応だが、しばらくした後アルトコインにも対応予定
  • 1BTC~1000BTCまで対応

この中でいくつか、気になるところはありませんか?

特徴的なポイントを2つほど、補足しておきましょう。

 

【年利3~5%の「幅」の意味は?】

bitbankのレンディングの年利は、3~5%の幅があります。

これはいったい、どのようなことなのでしょうか?

3~5%の幅の正体は、「貸した金額(BTC量)」による差となっています。

  • 1BTC <= X < 5BTC 利用料率3%
  • 5BTC <= X < 10BTC 利用料率4%
  • 10BTC <= X 利用料率5%

多く貸し出せば貸し出すほど、多くのビットコインを受け取れるというわけです。

 

とはいえ、

ほとんどの方は10BTCものビットコインを保有されていないことでしょう。

しかし、がっかりすることはありません。

年利3%であってもウォレットに眠らせているよりずっとよいのです。

まずは「1BTC <= X < 5BTC 利用料率3%」枠を狙っていきましょう。

 

【その後、ビットコイン以外にも対応】

bitbankは2018年4月以降、

ビットコイン以外のレンディングも開始します。

具体的には、

  • 「リップル」
  • 「ライトコイン」
  • 「モナーコイン」
  • 「イーサリアム」
  • 「ビットコインキャッシュ」

でレンディングを開始予定。

これらをウォレット内に眠らせている方にとっては、

待ち遠しいとしかいいようがありませんね。

 

個人的な要望としては、アルトコインはビットコインよりも価格変動が激しいので、

3~5%以上の年利に設定してほしいところですね。

 

その暗号通貨、本当に1年間使わない?

 

ここまで、bitbankのレンディングサービス

「仮想通貨を貸して増やす」の詳細を解説してきました。

 

上述のくり返しとなりますが、

レンディングを活用するメリットがあるのは

1年以上暗号通貨を使わない人」です。

 

たとえば長期投資(ホールド)前提であるならば、

レンディングは効果的な選択肢となるでしょう。

 

年利3~5%のリターンは、決して小さなものではありません。

とはいえ、レンディングに投資する代わりに、海外取引所を使って

アルトコインへ投資することで、さらに大きなリターンを狙う作戦もあります。

 

レンディングを開始する前に、そういった他の手法についても

しっかりと検討しておく必要がありますね。

そういったものをクリアした上でレンディングを活用すれば、

最高の運用方法となり得るのではないでしょうか?

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す