匿名でも安心して商品やサービスを売買できる!オンライン取引プラットフォーム「BitBay(BAY)」

新しいマーケットプレイスの開発状況を

公開したことで上昇したBitBay(BAY)。

 

これまでもブログやイベントで

積極的に情報開示を行っており、

着々と信用を集めています。

 

暗号通貨元年といわれる2017年よりも前の

2014年に誕生した暗号通貨で、

歴史のあるプロジェクトです。

   

安全・安心のオンライン取引プラットフォーム

 

BitBayはポーランドのカトヴィツェで

創設された暗号通貨で、

ポーランドでは最大級の規模を誇っています。

 

オランダのアムステルダムに第2オフィスを構え、

スタッフも70人増員するなど

世界を視野に成長し続けているプロジェクトです。

 

彼らの目的は

オンライン上のセキュリティを向上し、

誰もが安全で快適にオンラインで

商品やサービスを利用・販売できるようにすることです。

 

いまや、オンラインで

商品やサービスを購入することは

当たり前になってきています。

 

家から一歩も出なくても

生活に必要なものは

すべて揃えることができます。

 

そして、購入するだけではなく

一般の方がネットショップや

フリマアプリなどを活用して

気軽にオンライン上で販売することもできます。

 

非常に便利になっていますが

一方で商品が届かなかったり

いつまでも入金がされなかったりと

ユーザー同士のトラブルも多発しています。

 

個人情報が盗まれる危険性や

取引手数料が高いこと、

銀行口座やクレジットカードを持っていないと

利用できないことなども問題になっています。

 

こうしたオンライン上における

売買に関する問題の

解決に乗り出したのがBitBayなのです。

 

 

ブロックチェーン技術を活用することで

情報セキュリティと手数料の問題は

スグに解決できます。

 

また、取引の際は

スマートコントラストのしくみによって

売り手と買い手の保証金をロックできます。

 

取引がうまくいったら

このロックを解放し、

どちらかが害を及ぼそうとすれば

保証金が失われるようになっています。

 

これにより仲介者なし

安全に取引できるようになります。

 

取引時にはBAYトークンを利用するため、

銀行口座を持っていない人たちも

取引に参加できるようになります。

 

 

さらに、BitBayでは

ダブルデポジットエスクロー(DDE)

というシステムを採用しています。

 

第三者の取引承認を介さなくても

自動的に取引プロセスを完了できるので

承認まで長く待たずに利用できます。

 

第三者の承認がいらなくなるので

その分取引スピードが早まり、

取引手数料も抑えられます。

 

これらのしくみで、詐欺被害なども解決でき、

当事者同士が匿名でも安心して

商品やサービスの売買が行えるようになります。

 

 

世界のキャッシュレス化に貢献するプロジェクト

 

  

日本国内ではまだまだ認知度が低く、

通貨のキャッシュレス化も進んでいませんから

BitBayが国内で流行りだすとすれば

もう少し先の話になるでしょう。

 

世界的には認知度がありますから

暗号通貨の利用に積極的な国や地域を筆頭に

ユーザーが増え、利用価値が上昇する

可能性は充分にあります。

 

「暗号通貨が日常生活にどう溶け込んでいくか?」

世界の動きをチェックしていきたいですね。

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です