ロングチャートで見る!ビットコインは本当にバブルなのか!?

こんにちは、阿部です。

 

最近、暗号通貨市場が下降トレンドを描いています。

ビットコイン価格は2017年末に記録した1BTC約220万円から

2018年3月現在、約110万円まで下落しています。

 

投資家としては、これからも投資を継続していくのか

それともバブル崩壊とみて手を引くのか、

二者択一を迫られている気分になってしまうかもしれません。

 

しかし個人的には、

まだまだビットコインや暗号通貨は上昇する、

つまりバブル崩壊ではないと考えています。

 

今回は、その理由についていくつかの考え方をご紹介していきます。

 

ビットコイン市場はバブルとはいえない

 

ビットコインや多くのアルトコインが2018年12月頃から下落基調となり、

一部では「とうとうバブルが崩壊した」との意見も聞かれているようです。

 

初心者トレーダーや

これから暗号通貨をはじめようとしている方の多くが、

バブル崩壊に巻き込まれてしまうのではないかと不安を抱いています。

 

しかし、暗号通貨はこれからさらに上昇します。

 

暗号通貨がバブルだとする意見の多くは、

実際の価格が値下がりしていることを理由としていますが、

実はビットコインの歴史上、

今回のような下落はめずらしくはありません。

 

ビットコインは過去にも、

今回と同様、もしくはそれ以上の暴落を経験しており、

現在までそれを乗り越えて上昇してきてきました。

 

またビットコイン価格は、

将来性と必ずしも連動しません。

 

クジラ”と呼ばれるビットコイン大量保有者の売り注文などにより値下がりしたり、

ビットコインを「規制」するとのニュースにより下落したりするものです。

 

したがって、価格が下落しているという理由のみで売り急ぐ必要はないのです。

 

ビットコインは過去にも暴落を経験している

 

 

 

まず2017年末から2018年3月現在にかけてのビットコイン価格チャートを見てみましょう。

 

確かに半値以下にまで下落しており、

バブルの崩壊と受け取れるかもしれません。

特に暗号通貨を最近始めた方にとって、

今回のビットコイン暴落は“ただごとではない”と感じられるでしょう。

 

しかし、過去にも同レベルもしくはそれ以上の暴落をビットコインは経験しています。

以下、2011年5月から11月にかけて発生したビットコインの暴落です。

 

また、以下は2013年末から2014年始めにかけて記録したビットコイン暴落です。

 

このことから、下落幅だけを見て「バブルの崩壊だ」「暗号通貨は終わった

などと結論づけることはできないことが分かります。

 

大量保有者「クジラ」の動向

 

それでは、今回の暴落要因をどこに求めればよいのでしょうか?

1つの原因として考えられるのが

クジラ”と呼ばれるビットコイン大量保有者の利益確定売りです。

 

「大量保有」というといくらくらいを想像しますか?

何千万円、何億円でしょうか?

 

実は、その程度の規模ではなく、

「兆」のレベルでビットコインを保有するクジラもいる

と考えられます。

(1BTC/1円の価値しか持たないなど、安値時期に大量買いしています)

 

そして、クジラが利益確定のため大量にビットコインを手放せば

相場を下落させるには十分なパワーとなります。

もちろんビットコインの将来性とは関係なく、

クジラは利益確定の売り注文を定期的におこなうのが特徴です。

 

下落してもビットコインは将来性は変わらない

この日本において「お金」といえば

「日本円」のことを指す場合が多くなっています。

しかし、いつの時代まで紙の紙幣や、金属の硬貨がメインで居続けられるでしょうか?

 

「お金」と呼ばれる存在は、

時代によってお米だったり貝殻だったり金属だったり、

より便利なものへと形を変えてきました。

 

今後さらに便利さを追求していけば

形のない「デジタル」へ移行すると考えるのが自然であり、

その手段としてビットコインなどの暗号通貨は最有力候補です。

 

電子マネーのような特定の発行者(企業など)が管理するお金と異なり、

暗号通貨はブロックチェーンを用いる、特定の管理者に依存しない通貨であるため

管理者などによる不正行為がほぼ不可能。

 

暗号通貨は、デジタル移行にとってネックとなる「セキュリティ」の問題を

真っ先にクリアした存在なのです。

 

ビットコインはまだバブルとはいえない!

 

なぜビットコインがバブルではないのか、

また、なぜ暗号通貨は終わりではなく今後も有望なのかについて、

個人的な見解をご紹介してきました。

 

暗号通貨の将来性について

なるべく分かりやすく解説したつもりではありますが、

やはりチャートを見れば下落トレンドであり、

不安を感じてしまうのは自然なことです。

 

過去に噂となった韓国の取引所全面閉鎖(現在は否定されている)や、

また中国の暗号通貨規制、G20における暗号通貨規制の可能性など、

最近の暗号通貨市場は「規制」のニュースに大きく反応し、価格を下落させてきました。

 

とはいえ、いずれにしても

ビットコインや暗号通貨の将来性に疑問が生じたことによる値下がりではないため、

長期的には価格を上昇させてくるだろうと考えています。

ビットコインや暗号通貨の投資判断の際、

考え方の1つとして取り入れてみていただければ幸いです!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です