ビットコインドミナンスって何?どんな意味がある?分かりやすく解説!

 

こんにちは、阿部です。

最近よく聞く「ビットコインドミナンス」について

今回はお話させていただきたいと思います。

 

ビットコインドミナンスとは、

市場におけるビットコインの支配力のこと。

つまり、多くの暗号通貨のなかで

ビットコインが時価総額の何%を占めているか?

ということですね。

 

ビットコインドミナンスは2013年頃までほとんど100%でした。

しかし近年、その比率は低下してきており、現在は50%ほどに。

 

投資家として、ビットコインドミナンスという指標と

どのように向き合えばよいのでしょうか?

詳しく見ていきましょう!

 

ビットコインドミナンスとは?

 

ビットコインドミナンスとは、上述のとおり

すべての暗号通貨市場のうち

ビットコインの時価総額が何%を占めているか?

を表しています。

 

時価総額とは、価値の合計のことですね。

つまり、暗号通貨市場全体が50兆円の時価総額で、

ビットコインの時価総額が25兆円なら、

ビットコインドミナンスは50%ということになります。

 

時価総額は、市場価格(取引所で売買されている価格)

と連動しますので、

ビットコインドミナンスが高くなるときは

  • ビットコインが値上がりしている
  • アルトコインが値下がりしている

という状況が発生していることになりますね。

 

ビットコインドミナンスの歴史

 

ビットコインドミナンスは、当然ではありますが

時期によって変化しています。

それでは、これまで市場におけるビットコインの比率は

どのように変化してきたのでしょうか?

 

下図を見てみましょう。

縦軸がドミナンスのパーセントで、

横軸が時期(2013~2018年)となっています。

 

これを見てみると、最近に近づくにつれて

ビットコインドミナンスが低下してきていることが分かります。

 

ビットコインは2010年頃から取引されるようになり

そのころは100%のビットコインドミナンスでした。

 

そして2014年の末にライトコインの時価総額が伸びてきて

ビットコインドミナンスが80%を割り込みます。

さらに、2016年3月にイーサリアムが成長してきて

再びビットコインドミナンスが80%を下回ります。

 

2017年に入ってからはイーサリアムのさらなる成長率と

その他多くのアルトコインが伸びてきたことで

ビットコインドミナンスは40%を下回るシーンも見られます。

 

そして2018年4月現在では、

ビットコインは45%ほどの比率に落ち着いています。

 

ビットコインドミナンスが低くなった理由は?

 

ビットコインドミナンスは、

ビットコインやアルトコインの売買によって変化します。

ビットコインが売られて、アルトコインが買われていると

現在のようにビットコインドミナンスが低下するのですね。

 

つまり、現在のビットコインドミナンスの低下の理由は

ビットコインよりもアルトコインのほうが魅力的だ

と多くの投資家が判断しているということです。

 

もう一度、ビットコインドミナンスの図を見てみましょう(再掲)。

よく見てみると、

ビットコインドミナンスを脅かしているのは

イーサリアムの存在が大きいですよね。

また、ここ1年ほどでNEOも存在感を大きくしています。

 

そのほかにも、ビットコインのようなシンプルな暗号通貨

(決済手段に特化したコイン)ではなく、

プラットフォーム系などの何らかの付加価値のあるもの

伸びてきていますね。

 

こうしたコインを投資家が高く評価してきている

ことによりビットコインドミナンスが低下しているのです。

 

 

ビットコインドミナンスはさらに低下するか?

 

今回は、ビットコインドミナンスとは何か

についてご紹介するとともに

その考え方についても解説してきました。

 

ビットコインドミナンスはさらに低下するのか?

適切なビットコインドミナンスとはどのくらいなのか?

について考えたとき、

現状よりもさらに、ビットコインドミナンスが低下していく

可能性はおおいにあると思います。

 

やはり純粋な「通貨のスペック」を比較してみると

そのほかのアルトコインがかなり優秀で

現在のビットコインドミナンスはまだ高すぎるのかもしれません。

 

個人的な考えとして、

もっともナンバーワンの地位に近いのはイーサリアム。

「実需」を伴いつつあるプラットフォーム系です。

 

とはいえ、変化の大きい暗号通貨業界。

ビットコインドミナンスがどうなっていくのか

今後の動向に注目していきましょう!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です