今回こそ認可なるか?CBOEがビットコインETFを新たに申請!

 

こんにちは、阿部です。

 

先日、当ブログで

ビットコイン「ETN」上場の

可能性について

ご紹介しましたが、

それとは別に、

新たにビットコイン「ETF」が

承認される可能性

浮上してきました!

 

シカゴ・ボード・

オプション取引所

(CBOE)は、

アメリカ証券取引委員会(SEC)に

ビットコインETFを申請

 

ビットコインETF自体は

2013年より何度も

申請が行われており、

そのたびに「却下」

されてきました

 

しかし僕は今回の申請は、

これまでのビットコインETFより

承認される可能性が高い

と考えています。

 

今回は、

ビットコインETFの新たな動き

についてまとめました。

また、なぜ今回のETFは

これまでより承認の可能性が高いのか

についても解説します。

 

シカゴ・ボード・オプション取引所がETFを申請!

 

シカゴ・ボード・

オプション取引所は、

シカゴにある

公的な取引所です。

 

ビットコインなどが

扱われている

暗号通貨専門の取引所ではなく、

政府の規制のもと

運営されています。

 

  • 個別銘柄株
  • 株価指数
  • 金利

などのオプション取引が

取り扱われていることで

知られていますね。

 

また今回

アメリカ証券取引委員会

(SEC)が

ビットコインETFを認めれば、

世界初のニュースとなります。

 

価格に対する影響も

いい意味で未知数であり

とても楽しみですね!

 

ETNとETFの違いは?

先日、ビットコイン「ETN」

が誕生する可能性について

当ブログでご紹介しました。

 

「ETF」と「ETN」は

どのように異なるのでしょうか?

 

この記事で話題としている

ビットコインETFとは、

簡単にいえば

ビットコイン価格に

連動することを目指した

投資信託」です。

 

投資信託には

  • 株式(株価指数)
  • 債券
  • 商品(原油、小麦、金、銀など)
  • 上記を組み合わせて運用できるもの

などの無数の種類があります。

 

個人投資家が気軽に

投資できることで

人気となっていますが、

投資のプロ(機関投資家)

にも重宝されています。

 

もしビットコインETFが

誕生すると、

こうした投資信託の

ラインナップに

ビットコイン

が加わることとなります。

 

一方のビットコイン「ETN」は

ETFとほとんど同じものですが、

投資家は

現物(ビットコイン)

を保有していない

という点が異なります。

 

ETF、ETN誕生は双方とも

市場にとって「好材料」ですが、

ビットコインETF誕生で、

ビットコインの現物に

投資ができる投資信託

が誕生することになります。

 

市場にとっては

より強い値上がり材料となる

ことが期待されますね。

 

ビットコインETF、今回こそ認可される?!

 

さて、

シカゴ・ボード・

オプション取引所が申請した

ビットコインETF。

 

まだ認可されたわけではなく、

これから審査が開始されます

 

そのため、

「審査が通過するかどうかは

まだ不透明」というのが

客観的な見方です。

 

ビットコインETFはこれまで

何度も「審査落ち」

してきたという事実もあります。

 

しかし僕は個人的に、

いままでの申請よりも

大きな期待を寄せています。

 

それはなぜなのか?を以下に

ご紹介したいと思います。

 

「ビットコインは有価証券ではない」とSECが発言

僕が個人的に

今回のビットコインETF認可に

期待を寄せている理由。

 

それは、

ビットコインとイーサリアムは有価証券ではない

とする

アメリカ証券取引委員会(SEC)の

意思表示後、

今回が初めての申請だからです。

 

といっても、

これではピンと来ませんよね。

詳しく説明していきます。

 

これまでビットコインETFが認可されなかった理由

 

これまで

ビットコインETFが

何度も申請されている

にもかかわらず

認められなかったのには、

ある理由があると考えています。

 

それは、

ビットコインが

規制されておらず、

野放しの状況だった

からです。

 

しかし今回は、

ビットコインと

イーサリアムは

有価証券ではない

とする規制当局(SEC)

の発言の後に、

ETFが申請されました。

 

そのため今までとは

ずいぶん状況が

異なっているのですね。

 

もちろん、

ビットコインETFの認可が

先延ばしとなってきた理由は

これだけではありません。

(※たとえば、

ビットコインの

価格変動の激しさなど)

 

しかし今までの

ビットコインETFの申請よりも

認可が現実的に

なってきているの

間違いないでしょう。

 

もしETFが認可された場合

暗号通貨市場の

値上がりに繋がる可能性も

大いにありますので、

ぜひ注目してまいりましょう!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です