信頼性の高いビットコイン取引所は?マウントゴックス事件に学ぶ

 

 

こんにちは、阿部です。

 

ビットコインの売買を開始するためには

取引所に登録する必要があります。

 

すでに利用している取引所がある方もいれば

どのビットコイン取引所に登録すべきか悩んでいる方もいるでしょう。

 

ビットコイン取引所を選ぶ基準はそれぞれですが

ここでは「信頼性」をキーワードに

登録すべき取引所を考察したいと思います。

 

ビットコイン取引所の売買手数料は重要だが

ビットコイン取引所を利用する方の多くは、投資家です。

 

ビットコインの取引で生計を立てたり

利益を追求している方はコストに敏感です。

 

そんな方たちが

ビットコイン取引所に登録する際に重視する項目の1つに

売買手数料があります。

 

少しでもコストを節約し

利益を極大化するためには

ほんの小さな売買手数料の差が影響します。

 

売買手数料は

登録する取引所を選ぶ際

重要な基準としている方が多いでしょう。

 

実際、マイナス手数料を導入してきた取引所「Zaif」は

顧客増加に成功しています。

 

2017年1月、Zaifの月間出来高は239.85億円に過ぎなかったのに対し

2017年2月に531.98億円、2017年3月には678.43億円と

大幅に出来高を伸ばしました。

 

ビットコイン全体の月間出来高も伸びていますが、それ以上の伸びですね。

 

しかし、ビットコイン取引所を選定する上で

吟味すべき要素は他にもあるはずです。

 

売買手数料ではない要素に、取引所ごとの差がないかを考えてみましょう。

 

マウントゴックス事件の教訓

皮肉なことに、マウントゴックスの不祥事によってビットコインは世間に知れ渡り、知名度を上げることとなりました。

 

メディアで一斉に報じられ、報道を目にした方も多いのではないでしょうか?

 

マウントゴックスは2010年に設立されたビットコイン取引所で

一時期は、世界最大級の出来高を誇るほどでした。

 

しかし、2014年2月24日

突如としてビットコインの取引が停止し

マウントゴックスのサイトが削除。

 

さらに驚くべきことに

投資家がマウントゴックスの取引所に預けていた

74万4408BTC(日本円にして114億円相当)が消失し

預かり金も最大28億円程度が消えてなくなりました。

 

その多くは、現在も所有者に返金されていません。

 

信頼性を基準にビットコイン取引所を選ぶ

マウントゴックス事件以来、各ビットコイン取引所はセキュリティの向上に努めるようになりました。

 

とはいえ

どのビットコイン取引所に登録しても

同じセキュリティ、同じ信頼性が確保されているわけではありません。

 

マウントゴックス事件に学ぶとすれば

信頼性を基準にビットコイン取引所を選定する

というのも有力な選択肢の1つです。

 

信頼性の高いビットコイン取引所の条件

売買手数料などのコストパフォーマンスを重視するか、取引所の信頼性やセキュリティを重視するか、難しい問題ですが、後者を重視する場合、どのような要因に注目すべきでしょうか?

 

1つ目の注目点は、資本力です

 

資本金が十分にあることは

大手であることを表しているので

信頼性が高いと評価することができます。

 

とはいえ、あくまで社会通念上の話なので

必ずしも大手であれば信頼性が高いかと問われると疑問が残ります。

 

取引所の内部の事情を知り得ない投資家たちが

安全なビットコイン取引所を選定する正確な基準は存在しないのが現状です。

 

2つ目の注目点は、出資者の顔ぶれです。

 

ビットコイン取引所は

自己資本だけで運営されているわけではありません。

 

大手企業が出資しているビットコイン取引所であれば

その体質も大手企業に準じていることが期待されます。

 

ところがこちらも

大手企業の出資のビットコイン取引所であれば

必ずしも信頼性が高いと言い切ることはできません。

あくまで目安として考えるべきです。

 

数字で表せる手数料などとは異なり

信頼性を判断する方法はこの程度しか存在しません。

 

とはいえ

何も考えずに取引所を選定するよりははるかにいいでしょう。

 

信頼性で選定するなら「bitFlyer」が候補

上述したように、「資本力」と「出資企業」という2つのファクターが、信頼性とセキュリティを備えたビットコイン取引所を選定する目安になります。

 

このように考えると

該当するビットコイン取引所として真っ先に思い当たるのがbitFlyerです。

 

ビットコイン取引所の現状として

出資している企業が不明であったり

資本金も数百万程度の取引所も存在します。

 

その中で

bitFlyerは、資本金41億238万円。

 

出資企業には

リクルート、GMO、三菱UFJキャピタル、電通デジタル・ホールディングス、SBIインベストメントなど、そうそうたる顔ぶれが並びます。

 

日本円に対応しているビットコイン取引所の中では

資本金と出資者の顔ぶれは断トツです。

 

潤沢な資金力により

取引所のセキュリティも強化しているので

信頼性を考慮するとbitFlyerへの登録が第一候補となるでしょう。

 

bitFlyerのサイトはこちら

 

どの取引所に登録するかは考え方次第

ここまで、信頼性やセキュリティを基準にビットコイン取引所を考察しました。

 

マウントゴックス事件以来

ビットコイン取引所の信頼性に不安を感じている方も多いでしょう。

 

上記を参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

もちろん、bitFlyer以外のビットコイン取引所で

セキュリティに問題あると決まったわけではありませんし

どのようなファクターを重視してビットコイン取引所を選定するかはそれぞれです。

 

ぜひ参考にしてみてください!

 

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す