ビットコインに追い風?!マイニングや、BTC先物取引が材料に

 

こんにちは、阿部です。

 

ビットコインは2017年12月~2018年1月の上昇相場をピークとして、

現在では半値近くまで下落しています。

 

これから再び上昇し220万円の天井を上回るのか、

それともしばらくは現在の水準が継続するのでしょうか。

正確な値動きを知ることは不可能ですが、

僕は個人的に「ビットコインに好材料がそろいつつある」と感じています。

 

たとえば最近、ビットコインのマイニング量が1700万に達しました。

またゴールドマン・サックスが

ビットコインの現物取引と先物取引を開始すると発表しました。

これらが上昇要因になると考えています。

 

ビットコインの価格の低迷

 

ビットコインは2017年12月~2018年1月にかけて

1ビットコイン220万円を記録

意気揚々とした値動きは非常に強く、

さらに上昇していくものと考えられました。

 

しかし、

  • 各国による政府の規制
  • Twitterによる暗号通貨関連の広告の禁止
  • Facebookによる暗号通貨関連の広告の禁止
  • Googleによる暗号通貨関連の広告の禁止
  • 確定申告による売り圧力の増加

などの影響が想像よりも大きく、

現在の1ビットコイン100万円程度の水準まで、相場を押し下げました。

 

しかし考えてみると、

どれもビットコインの周囲の環境変化による価格下落です。

「ビットコインそのものの欠陥による下落」ではないため、

長期的な視野で考えると、回復してくる見込みは強いでしょう。

 

好材料もひそかに育っている!

 

上述のようにビットコインの周辺の環境が変化すれば、

今後は1ビットコイン220万円を上回っていく展開も十分考えられます。

 

そして、そのための材料が最近になって

そろい始めていると感じています。

たとえば以下の材料。

 

ビットコインのマイニング量

2018年4月26日にビットコインのマイニング量は1700万を達成しました。

ご存知の方も多いと思いますが、

ビットコインの発行上限枚数は2100万となっています。

 

これはつまり、これまでのマイニングにより

ビットコインの総発行枚数の80%が世に出回り、

残りの新規発行はわずか20%になっているということです。

 

ビットコインが発行上限枚数の

2100万を達成するのは、2140年の予定。

 

つまり今後は、140年という長い期間をかけながら、

わずか400万のビットコインしか新たに発行(採掘)されなくなるのです。

これによって、供給が少なくなるため、

市場が肯定的に捉えて値上がりしていくのではないかと考えられます。

 

ビットコインは「有価証券」ではない

暗号通貨は有価証券なのか、

という議論が近年盛んにおこなわれています。

現在のところ、イーサリアムなど

ICOの土台となる暗号通貨については「有価証券」の可能性が高く

ビットコインなどのシンプルな暗号通貨

(決済に特化したコイン)については有価証券ではないと考えられます。

 

有価証券と認識された暗号通貨は、

さまざまな法律上の規制を受けるため値下がりが考えられます。

その点でビットコインは、投資家としても保有しやすく、

場合によってはイーサリアムなどから投資資金の流入も期待できます。

 

ゴールドマン・サックスのビットコイン事業

 

世界的金融企業「ゴールドマン・サックス」は、

ビットコインの現物取引と先物取引をスタートさせます。

 

ビットコインはもはやマイナーなものではなく、

世界的な企業によってその普及が進められているのが現状です。

近年になり、特にその流れが加速している感がありますよね。

 

ビットコインの現物取引と先物取引が

さらに普及することにより、

新たな買い勢力が生まれることが期待されます。

 

王道のビットコイン投資を勉強しよう

 

最近ではICOが盛んだったり、

マイナーコイン(草コイン)の投資が盛んだったりします。

しかし初心者の方はビットコインについて

じっくりと勉強してみるのもおすすめです。

 

ビットコインは世界でもっとも基本的な暗号通貨

ビットコインを知ることで、

さまざまな暗号通貨を理解するのに役立つでしょう。

 

上記のような上昇要因が

必ずしも値動きに反映されるとは限りませんが、

参考にしていただければ幸いです!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です