2018年内にビットコインでICOが可能に?サイドチェーン活用で【2018年10月8日】

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースをピックアップしてご紹介していきます。

まずは本日の相場から確認していきましょう!

今日の相場は?→横ばい

現在ビットコインは74万5千円を中心としたレンジ相場の中で推移しています。

ここ数日間はしばらくこの状態が続いており、方向性に迷いが見えますね。

時価総額トップ10でも、ほとんどの通貨が横ばいとなっています。

連日、静かな相場が続いています。

レンジ相場とは
一定の値幅の中で価格が上下を繰り返す相場のこと。「ボックス相場」「持ち合い相場」「往来相場」とも呼ばれる。投資家が売りか買いか迷っている時に現れる相場で、レンジ相場が長ければ長いほど均衡が崩れた時に上か下に大きく動く。

こちらは時価総額トップ100の急上昇ランキングです。

ここ24時間で0x (ZRX)が約12%の高騰

0xは最近、期待の新バージョンとなるv2.0の立ち上げが発表されました。

その後、継続的な上昇トレンドとなっています。

さて、それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう。

①2018年内にビットコインでICOが可能に?サイドチェーン活用で

有名メディア・コインデスクが、2018年内にビットコインでICOが可能になると伝えています

ビットコインは決済を主な目的とするシンプルな仮想通貨であり、通常ICOは不可能です。

一方イーサリアムは独自トークンを発行することや、ICOを実施したりすることが、もともとの機能として備わっています。

このように、両者の棲み分けがなされていたわけです。

しかし、『サイドチェーン「RSK」』を活用することでビットコインでもICOが可能になり、両通貨の境目があいまいになるかもしれません。

https://blockstream.com/technology/#sidechains

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

サイドチェーン技術は、メインとなるブロックチェーンに対し、別のチェーン構築します。

その2つを接続することで、独自トークンを発行する機能を追加でき、ICOの実施も可能となるんですね!

このようにビットコインの多機能化が進み、イーサリアムと同等の機能を持つようになったら、イーサリアムの価値も危ぶまれるかもしれませんね。。

ビットコインによるICOが一般的になるのかが不確定要素で、そこが重要な分かれ道になると考えられるため、引き続き注目です!

②【注目コインご紹介】トロン(TRON/TRX)が買い時!?

トロン(TRON/TRX)に好材料が集中してきているため、共有します

  • 世界最大級の取引所Bitfinexでフィアットペア(JPY/GBP/EUR)が取り扱われた
  • アリババと協力し、仮想通貨取引所を設立するのでは?と噂されている
  • 仮想マシンの投票が行われた

また、テクニカル的にも買いサインが出ており、ポジティブに評価できます。

TRON・24時間チャート

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

トロンは本日、24時間比で10%以上も高騰していますね!

仮想通貨市場が静かな相場の中、これだけ上げてくるのはさすが。

①「アリババと仮想通貨取引所設立計画の噂」で注目度アップ、②「Bitfinexのフィアットペア上場」で実需アップ、とWパンチが効いていますね!

取引所の噂が実現すればさらに上昇する可能性が高いため、目が離せませんよ!

③取引所Bitfinexが世界的銀行「HSBC」と提携

世界で7番目に大きな取引所「Bitfinex」。

同取引所は以前まで、プエルトリコの銀行「Noble Bank」と提携していました。

しかしNoble Bankの経営状況が悪化したことを理由に、提携を解除

そんな中、最新動向でBitfinexは新たに世界的銀行「HSBC」と提携を結んだことが分かりました。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

BitfinexがNoble Bankと提携を解除したことで、ユーロ(EUR)、日本円(JPY)、ポンド(GBP)が預金できなくなっていました。

しかし、HSBCとの提携によって、この問題は5日以内に解決されることになっていて、一安心ですね。

大手取引所で預金停止になると、業界への資金流入が減ってしまいますので、それが解消されたことはポジティブに評価してよいでしょう!

④アラブとスリランカの銀行がRipple Netを新たに採用!

アラブ首長国連邦(UAE)の銀行「RAKBANK」が、スリランカの銀行「Cargills Bank」と新たに契約を締結したことが分かりました。

契約は、国境を越えた送金手段を強化するため、リップル社の技術「RippleNet」を使って、両銀行が国際送金を行えるようにするというものです。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

リップルの普及は留まることを知りませんね!

今回の提携によるRippleNetの送金量は、2つの銀行間に留まっているため限定的です。

しかし、この実例がうまくいくことで、リップルネットだけではなくxCurrentなどのリップル社の技術が、さらに世界中へと広がっていくことが期待されます。

明日のビットコイン相場

BTCは今レジスタンスラインに引っかかっている状態です。

ここを抜けてくれれば上値が軽くなるのですが、どちらかというと下落目線です。

ここ最近出来高が減少傾向にあり、日足で見ると、分厚い雲が真上に控えている状態です。

出来高が少ない状態では上に控えている雲とレジスタンスラインを抜けることは難しそうです。

もし一時的に抜けたとしても、ダマシとなってすぐに下落に転じてくるでしょう。

本日のまとめ

  • ①2018年内にビットコインでICOが可能に?サイドチェーン活用で
  • ②【注目コインご紹介】トロン(TRON/TRX)が買い時!?
  • ③取引所Bitfinexが世界的銀行「HSBC」と提携
  • ④アラブとスリランカの銀行がRipple Netを新たに採用!
  • ⑤明日はビットコイン下落!

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す