ビットコインの将来は安全?ビットコインが「安全資産」である根拠とは

 

  

こんにちは、阿部です。

 

ビットコインの将来がどうなるのか?

というのは疑問が多いポイント。

 

一時期ビットコインは危険だと評価されていましたが

現在の流れは打って変わって

安全資産としてのビットコイン」がクローズアップされています。

 

ここでは

ビットコインが安全資産だと言われている理由

を考えたいと思います。

 

ビットコインはリスキーと言われていたが……

以前にビットコインは値下がりを経験しました。

このことから、ビットコインは

危険だと考えている方も多いのではないでしょうか?

 

しかし近年

ビットコインを取り巻く環境は大きくかわりつつあります。

 

それは

安全資産としてビットコインを買い集める動きが出てきていることです。

 

そしてこれ、僕はかなり賢い選択だと思います。

賛否両論ありますが

資産の安全のためにビットコインを購入する選択肢は理にかなっています。

 

なぜなら

ギリシャ破綻や日本の借金問題など

国家の信用問題にかかわる危機が度々あるからです。

 

ビットコインは国家に依存しない仮想通貨ですから

万が一の際これらの危機から逃れることができます。

 

国家に依存しない通貨「ビットコイン」

国家に依存しないことがなぜ重要なのでしょうか?

 

僕たちは日常生活のなかで忘れがちですが

普段使っている「日本円」も国に守られているから

価値が担保されている事実を思い出してください。

 

日本国の1000兆円の借金が問題にされるのは

借金が膨らみすぎると

国家が破綻して日本円が紙切れ同然になってしまう危険があるからです。

 

ギリシャの通貨はユーロなので大暴落は逃れましたが

日本の場合は独自の通貨である「円」を採用しているので

暴落は逃れられないとされています。

 

つまり

万が一に備えてほかの通貨で資産を持つ必要に迫られていて

その選択肢としてビットコインが注目されているのです。

 

ビットコインは発行上限が決まっている

円安・円高という言葉を聞きますがビットコインにもこのような現象は起きるのでしょうか?実は、ビットコイン価格が下がる(上がる)ことが、日本円にたとえると円安・円高に当たります。

 

しかし、日本円と異なり

ビットコインには発行上限があらかじめ決められています。

 

具体的には2100万BTCと定まっていて

この総量を上回ることはありません。

 

これが「ビットコインは安全資産に向く」

と考えられている理由です。

 

通貨を多く発行しすぎるとインフレ

つまり通貨価値が大きく損なわれることがあります。

 

たとえば日本の場合だと

輸出量を増やす政策に巻き込まれて

日本円の価値が下がることがあります。

 

しかし、ビットコインは

国家の依存から開放された通貨なので

発行し過ぎによるインフレに巻き込まれることはありません。

大きなメリットといえるでしょう。

 

日本円や株でも暴落はある

一時期、ビットコインの価格下落がメディアなどで話題になりました。

 

これは当時

ビットコインが不安定だった背景もあります。

しかし、価格の値下がりはビットコインに限ったことではありません。

 

ビットコインに限らず

そもそも通貨というのは値下がりの可能性があります。

 

たとえば1997年アジア通貨危機では

タイを中心にアジア諸国の通貨が暴落しました。

2008年は韓国通貨危機。

リーマン・ショックをきっかけに韓国のウォンは大幅に下落しました。

 

ビットコインに限ったことではなく

すべての通貨に価格下落の危険性があることがわかります。

 

僕が持っていた「ビットコインは危険」というイメージは

研究するにつれて少なくなっていきました。

 

ビットコインは投資先としても有力

ここまで、安全資産としてのビットコインを見てきました。

 

安全資産としての購入は

資産の目減りを防ぐための購入です。

 

どちらかと言うと

消極的な対策だといえます。

上記では、資産を増やすことは中心としていません。

 

しかし一方で

ビットコインの購入は

資産を増やす投資としても有力です。

 

高い期待感から買いが集まっている

ビットコインなどの仮想通貨は、決済や送金などを便利にする可能性を秘めています。

 

それを見越した投資家たちが

どんどん買い集めていて

2016年の間にビットコイン価格は約3倍になりました。

1年間で約3倍なので、相当な上昇相場ですね。

 

そして、まだまだ値上がりする可能性は十分あります。

 

なぜなら

ビットコインの普及率は依然として低いからです。

 

ビットコインはまだまだ発展途上で

本領を発揮しているとはいえません。

 

これから順調に普及が進めば

さらに2倍や3倍といった上昇も考えられるでしょう。

 

ここでは割愛しますが

ビットコインは研究すればするほど

「こんな便利なのか!」

と可能性を感じる通貨です。

 

今はまだ

その価値にだれも気がついていないのが現状なのです。

 

投資案件でありながら支払いにも使用可能

従来の通貨が下落する状況では、どのような資産の購入が考えられるでしょうか?

 

有力な投資先は

ビットコインの他にいくつか考えられます。

たとえば「ゴールド(金)」です。

 

通貨危機が起きると

通貨を信用できなくなった投資家が

ゴールドを購入することで知られています。

 

このように

ゴールドを購入するという選択もありますが

ゴールドにはない大きな利点がビットコインにはあるのです。。

 

それは、ビットコインは

「決済(支払い)」にも使用可能だということです。

 

ゴールドを保有している状態から支払いを行なうには

ゴールドをいったん日本円に換金しなくてはなりません。

 

一方、ビットコインを保有している状態であれば

ビットコインに対応する店舗で直接支払いが可能です。

 

通常、投資目的と決済目的の2つの資産は分けて考えます。

しかし、ビットコインは

「投資目的」「決済(支払い)目的」

2つの面で利用価値があるまれな存在です。

 

2017年3月現在

ビットコインによる支払いに

直接対応する店舗はまだ多くはありません。

 

しかし

支払いに対応するカードをビ

ットコインで購入することにより

間接的にビットコインで決済できる店舗は増加しつつあります。

(amazonギフト券・楽天ポイント・nanacoギフト・DMMポイント・iTunesカードなどをビットコインで購入する)

安全資産としてビットコインを

  • ビットコインは正しく知ればリスキーではない
  • ビットコインは安全資産として認識されつつある
  • ビットコインは投資先としても優れていると考えられる

 

ここまで

ビットコインの安全性や将来性の考え方を解説しました。

ビットコインに対する見方は変化しましたか?

 

ビットコインは

安全資産として活用できる一方

投資案件の一つとしても有力です。

 

これをきっかけに

ビットコインへの扉を開いてみましょう!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す