アメリカの動向でビットコインの価格がさらに上昇?ETF認可など

 

 

こんにちは、阿部です。

 

株式市場や商品(コモディティ)市場で

世界を牽引するアメリカ。

 

ウォール街を抱え

世界一の金融先進国と名高い国ですが

ビットコイン市場においては

存在感の薄い状態が続いています。

 

しかし

逆にいえばアメリカが本格的に参入していないことで

ビットコイン価格に伸びしろがあるともいえます。

 

記事では

ビットコインとアメリカの関係から

今後投資家は、ビットコイン市場と

どのように関わればよいのかを考察します。

 

アメリカでビットコインETF認可への動き

ビットコインが今後さらに価格を上昇させるのかを考える上で、大きな要因の1つに「ETF(上場投資信託)」認可問題があります。

 

アメリカで検討されているビットコインETFですが

もし実現することとなれば

より一層の値上がりが期待されます。

 

ETFや投資信託とは?

ETF(上場投資信託)とは、そもそもどのようなものでしょうか?その名前にもあるように、ETF(上場投資信託)は「証券取引所に上場し、取引されている投資信託」のことです。

 

では

ビットコインが投資信託になることは

何を意味するのでしょうか?

 

投資信託は

「複数の投資家からお金を集め

投資のプロが投資家の代わりに運用することで利益を狙う」

のが目的です。

 

このため

ETFもターゲットに投資の初心者層を含んでいます。

 

初心者は

自分自身で株式やコモディティを

直接購入するのは少し怖い。

 

そのようなときに

投資信託に投資するという方が多いのです。

 

ビットコインETFが認可されると何が起きるか

現状、ビットコインを投資対象と考えているのは、ビットコインにある程度詳しい方や、ビットコインの魅力を知っている方など、ごく一部の投資家です。

 

大半の投資家は

上述の投資信託(ETF)など

メジャーな投資方法からはじめようとするからです。

 

しかし

ビットコインETFが誕生すると

「ETF(上場投資信託)にビットコインがあるんだ。

買ってみようかな」という方が多くなります。

 

これがビットコイン価格を

押し上げる要因になると考えられます。

 

ビットコイン価格がさらに上昇していくためには

初心者層や、これまでビットコインを知らなかった層を

取り込んでいくことが重要です。

 

ETF(上場投資信託)の購入を検討する投資家は

ビットコインへの直接投資を検討する投資家より

はるかに多いため

場合によってはビットコイン価格が

暴騰する可能性もあります。

 

2017年4月26日

アメリカのSEC(米証券取引委員会)が

ビットコインETF(上場投資信託)認可するか否かを

再検討することがわかりました。

今後の動向に注目ですね。

 

アメリカの大口投資家が本格参入するか

ビットコイン市場にアメリカが大きく関わる部分は、ビットコインETF認可による初心者層の取り込みだけではありません。

 

アメリカの大口投資家の間で

ビットコインに投資する動きが

強くなりつつあると考えられていることも重要です。

 

2017年4月28日

米ドル換算のビットコイン価格が

1BTC/1330ドルを超えて過去最高となったのを機に

5月5日現在、1BTC/1600ドル前後まで上昇。

 

短期的には

「ビットコインETFが認可されるのではないか」

との期待感から買いが集まったことがきっかけと考えられます。

 

これまでは中国がビットコイン相場を牽引してきた

2016年の1年間でビットコイン価格は3倍に値上がりし、さらに数年前からだと100倍以上の値上がりを見せました。

 

その原動力はやはり中国のビットコインの爆買い。

 

実際、2016年には

全世界のビットコイン取引高の95%を

中国のみが占める(!)状態になったこともあります。

 

ビットコインの規制が強まるのではないか?

と言われている中国ですが

それとは裏腹に世界一取引が盛んな国だったのです。

 

今後はアメリカの大口投資家に期待

しかし、2017年に入った直後、中国のビットコイン取引高が激減。それに伴い、全世界の合計取引高も大幅に減少しました。

 

一時期

ビットコイン価格は下降に向かうのではないか?

とも思われましたが

上述のようにビットコイン価格は

過去にないレベルの値上がりを見せています。

 

アメリカでは

自国の出来事とあって

ビットコインETF認可への期待が

ビットコイン価格に与える影響も大きいものと考えられます。

 

当然

アメリカの大口投資家も

注目していることでしょう。

 

今後、ビットコインETFが認可されれば

長期的にはETF経由で初心者層がビットコインへ投資し

それに伴い

ビットコインの値上がりが期待されます。

 

また

中期的にはビットコインETF認可の動向により

大口投資家が多額の資金を投入する可能性もあります。

 

いずれにせよ

今後のビットコインを予測する上で

欠かせないビットコインETFの動向。

 

そして

それに関係するアメリカの動向。

注意深く観察する必要があるでしょう。

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です