Bitcoinのハードフォークで誕生!匿名性と処理速度が持ち味「BitcoinDiamond(BCD)」

 

 

BitcoinDiamond(BCD)がHitBTC上場後も未だ好調をキープしていますね。

ただ、HitBTCは、日本人向けの取引を一時停止していることもあり中々利益に直結するような流れではありません。

Kucoinなどの他の取引所でも日本居住者が締め出されるなど、国内での投資は厳しい状況に立たされています。

 

Bitcoin3度目のハードフォークにより誕生!

  BitcoinDiamondは、Bitcoinの3度目のハードフォークによって生成されました。

1回目でBitcoinCash、8月1日

2回目でBitcoinGold、10月24日

3回目でBitcoinDiamond、11月24日に誕生。

BitcoinCashでは送金問題の解決。

BitcoinGoldではマイニングの中央集権化の解決を目的に誕生しました。

そしてこのBitcoinDiamondでは

  1. プライバシーの保護
  2. 取引の処理スピード向上
  3. 総発行枚数を増やし新規参入障壁を下げる

以上の3つを主な目的としています。

実際、BitcoinDiamondの発行上限は、他の二つと比べ1桁多くなっており2億1000万枚が発行されています。

それに伴い分裂時も他より1桁多い10BCDが付与されました。

この細分化により送金の処理速度が早くなり、さらに送金手数料を安く抑えることができました。

Bitcoinでは取引データがすべてオープンになっているため、「誰から誰に、いくら送金されたか」がわかるようになっています。

BitcoinDiamondはこのBitcoinの仕組みでは、プライバシーが守られないということで暗号化したのです。

送金データの大きさがわからなければ、誰が多く持っているかなどもわからないので個人がハッキングや盗難の標的になることを回避することができます。

さらに、BitcoinDiamondでは「Segwit」という記録するデータを圧縮する機能を導入しているので、より多くのデータを処理できるようになっています。

これにより中長期的にも、手数料が高騰する事態を避けることができ、また送金遅延などの不具合も防止することができます。

「Bitcoinよりも高性能で使いやすい」といえるのです。

 

将来性も不透明なのがネック・・・

 そうはなったものの知名度や流通が上手くいってないことや、開発チームがサボり気味のようで将来性という意味では微妙なところです。  

暗号通貨市場全体は成長傾向にあるので急な値崩れなどはないものの、プロジェクトチームが動いていないことは、致命的なものです。

過去の事例として、それでも価値のあるプロジェクトと認められ、全く関係なかった別なエンジニアがプロジェクトを引き継ぎ、プロモーションをかけて急に価値をつけることなどがあります。

そういった事例も考えられますので、長い目で見て他に同じようなプロジェクトがないどうかなど、可能性とポテンシャルの究明がプロジェクトを使った中長期投資で大きな利益を狙える方法かと思います。

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です