韓国最大級のBithumbが日本進出予定|通貨数は最大規模?

 

こんにちは、阿部です。

 

日本の取引所は最近、

金融庁の監視の厳しさに悩んでいます。

 

コインチェック事件などを受け、

警戒感が強くなっているのが原因です。

 

規制ばかりが目立ってきて

日本の暗号通貨市場は

縮小していくのか?

と思われる方もいるでしょう。

 

しかし、そうした心配を

はねのけてくれるニュースも

出てきています。

 

韓国最大級の取引所「Bithumb」は、

最新の動向で、来年2月に

日本に進出する予定である

ことがわかりました

 

加えてBithumbは、

日本だけではなく、

タイへの進出も予定しています。

 

Bithumbが日本で

取引所を開設した場合、

どのような取引所となるのでしょうか?

 

ニュースの詳細について、

詳しく見てみましょう。

 

Bithumb「日本で一番取り扱い通貨の多い取引所になる」

 

韓国最大級の取引所Bithumbは、

上述のとおり日本への

進出を目指しています。

 

時期は2019年2月になる予定で、

日本の前にタイ

(2018年10月設立予定)

に進出する予定です。

 

さらに日本人として

期待感を感じられずには

いられないのが、

Bithumbのある発言です

「日本で一番取り扱う通貨の数が多い取引所を設立する予定だ」

日本では、まだまだ買えない

暗号通貨が多くあり

マイナーコインを購入するためには

海外の取引所を

利用する必要があります。

 

日本で購入できるのは、

全世界1500以上存在する暗号通貨

ほんの一部に過ぎないのです。

 

これが日本人の投資環境の

実際のところなのです。

 

「日本の取引所の取り扱い通貨数を、

少しでも海外取引所に近いレベルに

引き上げてくれるのではないか?」

 

Bithumbには、こうした期待を

感じられずにはいられませんね!

 

海外取引所の日本人締め出しも相次ぐ

僕が個人的に、上記のBithumbの

日本で一番取り扱う通貨の

数が多い取引所を設立する予定だ

という発言に注目していますが、

それにはもう1つの理由があります

 

海外取引所における

日本人の締め出し

が強くなってきていることです。

 

取引所から見て、

日本人を対象に取引所を

運営するためには、

金融庁「仮想通貨交換業者」の

登録が必要となります。

 

しかし

「仮想通貨交換業者」

に登録するための難易度は

とても高いことから

ほぼ100%海外取引所は

金融庁の許可を得ず

日本人に対し取引所サービスを

提供してきました。

 

こうしたことから金融庁は

監視を強めていて、最近では

  • HitBTC
  • Houbi
  • KuCoin
  • Kraken

などの大手取引所が

日本人に対する取引所サービスの停止

に追い込まれています。

 

これにより、日本人の多くは、

取り扱い通貨が

非常に少ない日本の取引所

しか使うことが

できなくなってしまうのでは?」

と心配しています。

 

Bithumbが日本に進出し、

こうした問題をすべて解決

してくれるとは思えませんが、

ポテンシャルの高い海外取引所が、

日本進出を目指す最近の傾向は、

ポジティブに受け止めてよいものです

 

Bithumbは日本進出を果たせるか?

 

Bithumbに限らず、

いくつかの海外取引所は

日本で取引所を運営することに

魅力を感じているようです。

 

日本は世界トップクラスに

暗号通貨トレードが盛んな国だからです。

 

しかも、日本人の多くは、

取り扱い通貨数が少ない

(数種類程度)

の取引所に慣れきっていますよね。

 

海外取引所

(数百種類もの膨大なラインアップ)

から見れば、

海外で当たり前のことを、

日本に持ち込むだけで

一人勝ちできるのです。

 

しかしBithumbを含め、

海外取引所の日本進出は

決して簡単なことではありません

 

やはりネックは金融庁の規制

繰り返しとなりますが、

ネックになってくるのが、

金融庁「仮想通貨交換業者」への登録。

 

これをスルーしていては、

日本人を対象に堂々と

取引所を運営することは、

決してできない仕組みです。

 

Bithumbもこうした点について

把握はしているはずです。

それでも「日本進出」の

強い意志を曲げていません

 

ひょっとすると、

何らかの考えや「秘策」の

ようなものを用意している

のかもしれません。

 

でなければBithumbが、

日本最大の取り扱い通貨で、

日本進出を果たすことは

は厳しい道のりになるでしょう。

 

僕たち投資家としては、

日本で「使える」取引所が

1つでも増えてくれることは歓迎。

もちろん市場の拡大にも繋がります!

 

今後のBithumbの動向を、

引き続き見守ってまいりましょう。

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です