分散型取引所(DEX)の先駆け!2つのリスク回避が持ち味「BitShares(BTS)」

こんにちは、阿部です。

 

 

今日はBitShares(BTS)が堅調です。

 

昨日ライブ配信を行ったようで、

これが良い印象を与えています。

 

今や63兆を超える暗号通貨市場。

競争はますますヒートアップしていますが、

BTSはどのようなポジショニングを

しているのでしょう?

 

  

 

世界初の分散型取引所を運営

 

 

BitSharesが目指しているのは

「ビジネス向けの分散型金融プラットフォーム」

 

・・・これだけ聞くと、

Rippleに近い印象を受けるかもしれません。

 

しかし、

BitSharesには他の暗号通貨とも違う

大きな特徴が2つあります。

 

 

1つは何といっても

「OpenLedger」という

世界初の分散型取引所を運営していること。

 

DEXという言葉は

今年最注目のキーワードですが、

すべてはここから始まったのです。

 

現在はコインチェックや

ビットフライヤーなど

企業が運営する取引所を

利用している方がほとんどだと思います。

 

取引が楽ですし、

めぼしいものは揃っていますから、

非常に便利です。

 

しかし、盗難事件が相次ぐなど

多くのクラッカーの

格好の的になっており、

大きな問題になっています。

 

この取引所の管理を

企業や一部の人に任せるのではなく

ユーザー間で分散管理していこうと

発足したのが分散型取引所(DEX)です。

 

最近では、取引所最大手のバイナンスも

DEX開発に乗り出すと発表し話題になりました。

OpenLedgerは時代の流れに先駆けて

乗り出していたということです。

 

 

もう1つの特徴は、

「Smartcoin」という

価格固定型の通貨が用意されている点。

 

多くの暗号通貨は、

激しい価格変動が魅力でもあり

困った性質でもあります。

 

調子が良いときはいいですが、

暴落したときが大変です。

 

しかし、下降しそうなときに

Smartcoinに交換しておけば

資産を減少させずに済みます。

 

Smartcoinには

常に1ドルの価値を持つ「bitUSD」や

1円の価値を持つ「bitJPY」などがあり

価格が固定されているのです。

 

これにより暴落時のリスクを

うまく回避できるようになっています。

 

 

要するに、

OpenLedgerで盗難被害を回避でき、

Smartcoinでは資産損失を回避できるのです。

 

これなら安全で快適な資産運用ができますね。

   

 

2つの信用性を大きな武器にできるか?

 

 

DEXに関しては

リードしているとはいえ

後続組の勢いは見過ごせません。

 

他との差別化や、市場規模の拡大を

今後どう推し進めていくかが

重要になってきます。

 

とはいえ、2つの特徴で

大きな信用性を確保していますから

充分に期待していいでしょう。

 

DEX関連のニュースと合わせて

注目しておきたいです。

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です