中国が声明を発表!ブロックチェーン開発をさらに加速させる方針

 

こんにちは、阿部です。

 

2018年5月24日、中国が

ある声明を発表しました。

 

国をあげてさらに

ブロックチェーン技術の普及や

実用化を加速させていく

といった内容でした。

 

中国でのブロックチェーンの普及は、

暗号通貨市場にとって

よい影響をもたらしてくれる

と期待してよいのでしょうか?

 

中国の声明の内容は?

 

中国の最高行政機関に

国務院」という機関があります。

 

1954年に設立された、

中国の行政の決定において

もっとも重要な機関となります。

 

そんな国務院が、

ブロックチェーン技術の

発展を加速させるよう、

地方金融当局と

政府資金研究センターに伝えました。

 

国をあげて

ブロックチェーンを加速させる

という明確な意思表示ですね。

 

国務院は2018年5月24日、

以下の声明を発表した

と伝えられています。

「私たちは法的コンプライアンスに従い、金融技術を広く開発し、ブロックチェーンとビックデータの活用についての研究を加速していく」

 

暗号通貨とブロックチェーンの違い

 

 

このような中国の声明を聞くと、

さらに暗号通貨が普及していく

という未来が感じられますよね。

 

しかし実は、それほど

単純な問題ではなかったりします。

 

なぜなら、

ブロックチェーン」と

暗号通貨」は別のものだからです。

 

ブロックチェーン

ブロックチェーンについて

深く知らないという方も

いらっしゃると思います。

軽くご説明しましょう。

 

ブロックチェーンは、

今後その普及がほとんど

約束されているといってもよい、

将来性有望な技術です。

 

暗号通貨で「土台」となる

システムを形作っており

ほぼ100%不正をすることが

できない仕組みが特徴です。

 

詳しく説明するとキリがありませんが、

オンラインのデータを

高いセキュリティで保持したり

取引したりできる仕組み」と

ざっくり説明することができます。

 

暗号通貨

暗号通貨は、ブロックチェーンを利用し

また土台として活用しながら

オンライン上で「通貨」を

やりとりする仕組みです。

 

ブロックチェーンそのものは

「お金」ではありませんが、

その土台の上に

「お金」の仕組みを作ると、

暗号通貨になるのですね!

 

中国は「暗号通貨」の普及は望んでいない?

 

少しがっかりしてしまう

かもしれませんが、

国家によっては、

ビットコインやイーサリアムなどの

暗号通貨が普及してほしくない、

と考えているケースもあります。

 

中国にもこれまでの暗号通貨への規制から、

その傾向が見て取れます。

 

中国としては、

だれのものでもない暗号通貨

よりも

中国が発行した通貨

を使ってほしいと考えています。

 

そのほうが、

中国としても管理しやすい

と判断している

のかもしれません。

 

暗号通貨は最終的に普及する?

 

上記の記事内容をまとめると、

  • 中国はブロックチェーンの可能性を高く評価している
  • そのためブロックチェーンを国家戦略として活用していきたい
  • しかも分散型ブロックチェーンよりも、中国の独自開発ブロックチェーンを普及させたい

ということになります。

それが今回の、

国務院の声明に繋がっている

といえるでしょう。

 

それでは、

分散型の暗号通貨の

ブロックチェーンは、

国家のブロックチェーンに

負けてしまうのでしょうか?

 

たしかに、中国が

イーサリアムなどの

暗号通貨のブロックチェーンを

すすめてくれるのが

もっともよいのですが、

それは考えにくいのが現状です。

 

しかしそれでも、

暗号通貨のブロックチェーンが

価値を持たなくなる

といったことはないでしょう。

 

両方のブロックチェーンが平行して使われるように

なぜなら、

国家によるブロックチェーンと、

イーサリアムなどの

分散型のブロックチェーンは、

それぞれ一長一短であり、

使い分けられていく未来に

なるはずだからです。

 

それぞれが補い合う関係

といったイメージですね。

 

国家の暗号通貨が普及すると、

これまでの暗号通貨は無価値になる

などの意見をまれに見かけますが、

それぞれの性質の違いを理解すると、

この疑問がわかりやすいのではないでしょうか?

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です