今の仕事がなくなることは、”当たり前”だと受け入れるべきです。

こんにちは、阿部です。

 

 

「今の仕事の49%がなくなる!」

という話は聞いたことがあるでしょうか?

 

ブロックチェーン技術によって

仲介業が不要になる可能性が指摘されています。

株のブローカーや弁護士や税理士なども

今ほどは要らなくなるだろうと予想されています。

 

ブロックチェーンだけでなく

AIやIoTと組み合わさっていくことで

こういったことはかなり現実味を帯びている話だと思います。

 

 

 

アメリカの金融界のコンサルタントでも

ブロックチェーン技術を受け入れて推進する動きが

生まれ始めているそうです。

 

世界的なコンサルティング会社である

『ウイリス・タワーズワトソン』のエコノミストが

「ブロックチェーンによって

インターネット上の価値の移動や取引を

今までできなかった方法で可能することができるだろう。」

と講演の場で発言しています。

 

売り手と買い手の間に存在する人は

ブロックチェーン技術によって不要になる!

という話は前々から金融界を中心に話されていることです。

 

ビジネスコンサルタントの間では

「ブロックチェーンやAIなどの台頭は来るものだから

全面的に受け入れるべきだ。」

とも話されているくらいです。

 

(来るわけがない!来てほしくない!)

と嘆いていても

来てしまう可能性の方が圧倒的に高い状況です。

 

49%の仕事は本当になくなるものだと

受け入れた方が良いということです。

 

 

 

ただ・・・。

ブロックチェーンやAI・IoTに存在感があるので

大きく騒がれていることですが

 

これまでにも

多くの仕事が科学技術の発達で

廃れてきていることは、忘れ去られているようです。

 

例えば、

パソコンやインターネットが登場したことで

膨大なデータ処理や整理をする必要がなくなり

事務や経理の仕事が激減したと思います。

 

自動改札機やsuicaなどの登場で

切符を売る人や車内で切る人も

ほとんどいなくなりました。

 

古く言えば電話交換手や氷売りも

時代の流れで衰退していきました。

 

一方で、

ネイリストやインテリアコーディネーターや

WEBディレクターやyoutuberなど

時代によって新しい仕事も生まれています。

 

農業や製造業だって

歴史を遡れば先鋭的だった時代があったはずです。

 

 

 

人間に命があるように

仕事にも命があるんだと

捉えると良いかもしれません。

 

命の終わりに目を背けることはできません。

見ないようにしていても、死んでしまうものは死にます。

 

それを悲観的にとらえてしまうのではなく

「いつかはなくなってしまう。」

という気持ちを糧にして

様々なことに挑戦し

知識やスキルを身につけていく姿勢が大切です。

 

 

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です