従来の暗号通貨取引所に頼るのは危ない!?トークンの取引・交換を分散管理「Blocknet(BLOCK)」

こんにちは、阿部です。

Blocknet(BLOCK)が、Myriad(XMY)とのクロスチェーンを解禁すると報じています。

別々のトークンに連結部分ができるようなイメージで、これによりお互いの運用性が増し、盛んに取引できるようになります。

Blocknetは自分たちのビジョンを確実に実現し、拡大し続けていますから今後も様々なトークンとの統合が報じられていくでしょう。

取引所を介さずに直接取引・交換ができる!

Blocknetは、異なるブロックチェーン間をつなげる役割を担っています。 

通常、異なる規格の暗号通貨だと情報や資産の交換はできませんが、Blocknetを挟むことで様々な取引ができるようになります。

現在の暗号通貨取引所の役割を、ブロックチェーン上で実現できるプロダクトです。

これまで多くのブロックチェーンの橋渡しをしてきたのが暗号通貨取引所です。

Binanceやビットフライヤーなど多くのユーザーが当たり前のように利用している取引所ですが実は大きな懸念があります。

それは、盗難被害に遭いやすいことです。

以前コインチェックで、NEM不正送金の事件が起こったことはまだ記憶に新しいですが多くの取引所は、ハッカーたちの格好の的になっています。

厳重なセキュリティを施しているものの、取引所自体はブロックチェーン技術を利用しているものではないことが多いので技術的にもコストの面でも限界があります。

莫大な維持費がかかる上にそれでも盗難被害に遭い取引高が一気に落ち込めば、マウント・ゴックス事件の再来になりかねません。

こうした取引所の問題は、ユーザーだけではなく運営者側にも大きなリスクを被ることになります。

あと、従来の取引所の厄介なところは、上場決定や廃止によって価格が大きく左右される点です。

「大手取引所に上場するとすごい!」と期待されてしまうのでは、暗号通貨がなかった頃と何も変わらない構図になってしまいます。

この問題に対応するために編み出されたのが、最近話題になっている分散型取引所(DEX)です。

これまでの1企業が、中央集権的に取引所を運営していくのではなく取引自体もブロックチェーン上で分散管理しようとしているのです。

BlocknetもDEXの1つとして開発が進められているということです。

BLOCKトークンを持っていれば、取引所を介さずにブロックチェーン上で様々なトークンと取引・交換できるので安全ですし、手数料も安く済みます。

「上場」という概念もないので、上場の有無で売買価格の相場が左右されることもありません。

しかも、中央にトークンが集まらないのでハッカーの的になることもなくなり、試みようとしてもブロックチェーン上なので、そもそも困難ということになります。

安全で安く取引・交換ができるDEXのしくみは、今後も特に注目しておくといいですよ。

DEX化の流れは止まらない!

これだけ注目されているDEXですから、Blocknetだけではなく多くのプロジェクトが動いています。

中でも、大手取引所BinanceがDEX化に向けてすでに動いており、取引所全体の常識が大きく覆ろうとしています。

DEXというキーワードとそれに携わるプロジェクトの動向は、隈なくチェックしていくことをオススメします!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す